サイトアクセス数

2018年11月4日日曜日

いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?

いのしし年 性格 いのしし年の性格 いのしし年に起きる内容(主.キーワード)

 いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は? 


いのしし年の性格は、干支の基本的な内容について押さえておかなければならない。干支の干は、干=一と十で出来ている言葉であり、少ないを表す陰と、多いを表す陽の意味がある。干支のいのししは、陰陽と関係の深い動物であるのだ。


いのしし年 性格

干支=陰陽については、こちらのページで紹介しているため、恥ずかしくない様に基本的な内容を押さえておきたい方は、こちらの、干支の漢字のける由来 について拝見していただければと思う。

干支の動物は、基本的な内容として、生まれたものには始まりがあり、大人へと成長を遂げ、やがて衰退へと歩む姿を現した動物である。ただし、内容によっては、必ず衰退するものでは無く、人の精神の成長のあり方を現している場合もある。

昔の人は、無学な人も多く、陰陽について分かりやすく伝えるために、選ばれたのが干支の動物であり、適当に選ばれたのでは無く、陰陽に従って選ばれた動物である。動物の方が分かりやすいため、そこだけが広がり、今日においては、多くの人の中で陰陽については忘れられ、動物だけが独り歩きしている状態でもある。

始まりを表すのは、小さな姿として選ばれたねずみであり、正午と言う言葉に扱われている様に、午(うま)が最も成長を成し遂げた姿から、 やがて太陽は、沈み始める事になるであろう。

最も高い成長は、二つの考えがあり、うま年を最も成長の高いものだとする考えもあれば、午の字は、欠け始める偏り” / ”(斜線)が付いているため、欠け始め出す事を考え、最高の毒を持つへび年を最高の存在と考えられている場合もある。

最後のいのしし年は、最後に選ばれた陰陽(干支)の動物だ。

 いのしし年の性格は、総合的判断が出来る性格 


分析できる性格

いのしし年は、干支の中で、最後に選ばれた干支の動物だ。いのしし年は、人の精神成長の全てを成し遂げた姿でもある。


いのしし年の性格は、他人と自分との境界線が薄く、他人の気持ちも自分の様により良く理解が出来る中、 社会について理解しやすい性格になりやすい。

ただし、次の干支は、ねずみ年であり、小さな存在にもなる要因を抱えている。

余談であるが、陰陽に沿った教育であれば、本来、12歳で人の精神の成長は大人になれる。文明の発達によって、様々な知識を吸収しなければならなくなった原因もあるが、陰陽についての無知が、人の精神の成長を遅くさせているとも考えられる。

少し話しは脱線するが、精神的な成長を干支で表すと

0~1歳 ねずみ=小さな赤ちゃん

1~2歳 うし=前へ進むよちよち赤ちゃん

2~3歳 とら=二本足で立ったたり、一人で着替えがきる、周りから注目をされ褒められてる幼児

3~4歳 うさぎ=母親の見える範囲で、少し離れて行動が取れる幼児、不安と冒険の葛藤の中にいる。

4~5歳 たつ=近くならば、一人で買い物や友達と遊べる子供

5~6歳 へび=へびには手が無い様に、親の手助けが無くても行動が取れたり、自分の考えで行動をする子供

6~7歳 うま=世の中の様々な内容に興味を持ち、あれもこれもチャレンジしたい子供

7~8歳 ひつじ=世の中には、汚い物があり身につけてはならない事に気づく子供

8~9歳 さる=目的を達成するには、人に行動を指図したり、グループ意識や仲間意識が高まりやすい子供

9~10歳 とり=周りや全体を見渡し、正しい内容と正しく無い内容が判断できる子供

11~12歳 いぬ=自身のためでは無く、社会に貢献したり支えたり、ボランティア意識を持てる子供

12~13歳 いのしし=相手の喜びや相手の苦しみが、自分自身の様に感じれる年齢であり、社会についてより理解できる子供である。

いのしし年は、自身と他者との境界線が薄く、薄いため、相手の事が良く分かる意味もある。分かりやすく言えば、部屋と部屋との境界線が薄く、隣の部屋の声が気持ちとしても伝わってくるイメージだ。

ただし、始まりを表す、ねずみ年の隣であり、抑える陰(壁)の要素が弱いため、もしかすれば、自分自身を抑えれる人が少なくなってしまう可能性も考えられる。

いのしし年特有の境界線が薄いは、なよなよした姿になりやすく、個性を失いやすく、他人との壁が薄いため、人間関係において崩壊しやすくもなるのだ。アパートでの隣人同士のトラブルの様なイメージでもあろう。

逆に人の気持が良くわかり、人間関係を上手く築き上げれる可能性もある。干支の動物は、陰陽の現れでもあり、社会が一つにまとまりやすくなるのか、(陽)社会が崩壊への道へ歩むのか(陰)、極端にどちらかに傾きやすい傾向にあるであろう。

追記、2019/1/17、江原啓之氏が毎年、五時で夢中で一年の予言をされている。今年の予言は、平安に足すくわれるであり、温かいお湯と、冷たい水、が偏った様な年、地震が多発する時代と言葉を発言されている。

陰陽にも通じる内容であり、陰か陽かの極端に傾きやすいのでは無く、両極端に傾きやすい年かもしれない。今年は、いのしし年の中でも、陰と陽が半分づつの土の弟亥年(つちのとい)、己亥(きがい)であるためだ。明るいニュースと、暗いニュースが極端に現れやすい年の可能性も高い。*追記の文章は、最後まで読んでいただければ、理解できる内容だと思う。一番最後では無く、ここに追記したのは、上記の文章の追記の文章であるためである。

陽の働きが強ければ、中学生に上がる様に、人の精神は、次の段階へと始まりを歩み始める可能性が高い。陰の働きが強ければ、社会は崩壊へと歩み出しやすく、再び同じ歴史を繰り返すことになるであろう。

社会的に見れば、人々の精神の成長が高まっているとも思えない。 他者の事よりも、自身に対して意識が高い人も多く、いのしし年のエネルギーが高まれば、崩壊しやすい可能性も考えられる。


 いのしし年の性格は、5つ、若しくは10のタイプに分かれる 

火の性格

ちなみに、本来の干支は、12では無く、火、水、木、金、土の属性の五行が付いた、60が本当の姿である。


いのしし年の中でも、火に傾きやすい性格、 水に傾きやすい性格などの表現である。

この五行も、陰と陽のみで成り立っているが、陽の方が強い、陰の方が強いなどの特徴がある。五行については、ウィキペディアでも紹介されている。


いのしし年の性格の中でも、陽(行動的、興奮)に傾きやすい性格、陰(慎重、抑制)に傾きやすい性格などの違いがあるのだ。

更に細かい話しになれば、五行にも、陰陽の二つに分かれ、火(兄(陽))火(弟、陰)と分けられる場合もあり、五行×2(陰陽)で十干と呼ばれる場合もある。えとの呼び名は、兄(え)弟(と)のえとから来ていると言われている。

この分かりにくさが、陰陽を難しいと思われてしまう理由かもしれない。ちなみに、易=日(陽)月(陰)を現した漢字でもあり、易は、陰陽の別名でもある。そして、易の字は、易(やさ)しい字にも扱われている様に、陰陽とは、至って簡単であり、小学生でも理解できる易しい内容でもある。

この様に考えてみれば、分かりやすいかもしれない。子供が遊ぶ玩具である、陰(黒い)ブロックと、陽(白い)ブロックを組立てている様なイメージだ。

ブロックそのもも、小さなブロックで成り立ち、同じブロックでも細かな違いを現しているに過ぎない。時計の様に、陰陽のエネルギーは常に小さくも変化をしている。その変化は、まるで、一秒以下の中でも小さく変化している。例え話になるかどうか分からないが、1分前の出来たてのパンと、10分前の出来たてのパンの違いの様であり、細かな内容は、切り捨てても問題は無いと思う。

ちなみに、インターネットも含め、すべてのソフトウェアは、0と1の組み合わせだけで表現や処理を行っている。マシン語と呼ばれるプログラム言語であるが、0と1の組み合わせだけで様々な内容が表現されているのは、驚くべき内容ではないであろうか。

話しは脱線するが、プログラム言語も同じ様な考え方であり、0と1だけでは、人間には理解しにくいため、予め、0111010100は、red redは、赤を表示をさせる組合せの様にルール付けがされている。ちなみに、0111010100は、適当に書いた文字であるため、イメージだけつかんでいただければと思う。

この陰陽の組立方は、火の要素の強い、いのししと同じ、陰陰陽陰=いのしし 陽陽陰陽=水の要素の強いうま年の組立て方と言う様なイメージである。

来年の干支は、いのしし年は、有名であるが、 本来の来年の干支は己亥である。

己亥(きがい)とは、つちのとい、とも言われ、土の影響を受ける中での弟よりのエネルギーがいのしし年の属性として付いている年や性格である。

土は、陰と陽とが半分づつの力を持つ五行である。土は、大地へ植物などを繁栄をさせる陽の力があり、土は、堤防など固める(陰)要素もあるため、陰と陽とが半分づつなのだ。その中で、多少、弟(陰)の影響があり、少し固めの土のイメージであろう。

どの干支の動物においても、土の属性を持つ性格は、バランス感覚に優れ、平和的な性格の持ち主になりやすく、悪く言えば、普通の性格になりやすい。土は、干支の動物の性格において、基本的なエネルギーが表に現れやすくなる可能性もある。


 反対の干支は、反対の性格になりやすい!? 


反対の干支は、反対の性格


基本的に、反対の干支は、反対のエネルギーが現れやすい。これも陰陽である。ねずみ年と、うま年は、最も分かりやすい内容である。正午と言う字は、よく使われているが、 深夜の0時は、正子とも呼ばれている。


いのしし年の反対の干支は、へび年である。へびには、手が無い様に、相手の思いを感じる思いに欠けている場合もあるのだ。エネルギーが強いため、他人の手を借りなくても、自分の考えを大切したい思いも強い。

へび年は、嫌われそな存在であるが、自分の内から湧いてくる心のエネルギーを感じる思いも強いため、最高の表現として、ユーモアーのある人も割合として多い。ただし、個性が強すぎるため、他人と協調できず、孤独になりやすい場合もある。

また、へび年は、霊感が高まりやすく、霊感が高まった中では、相手の気持ちも把握ししやすくなるであろう。へび年の中では、陰陽の働きによって、極端に相手の気持ちが分からない性格(陰)、相手の気持ちがより分かる性格(陽)大きな二つの傾向に分かれる可能性も考えられる。

へび年は、他人と自分の境界線が強く(まるで大きな壁で遮られているかの様に)個性が強くなりやすく、いのしし年は、逆に、境界線が薄く、他人と同調する気持ちも高まりやすいと言っても過言では無いであろう。

ちなみに、反対の干支は、反対のエネルギーだから相性が悪い考えは、一概には言い切れない。これも、又、陰陽かもしれないが、男と女がお互い足りない要素を埋め合う様に結ばれるがごとく、お互い足りない要素を補う意味では、良い相性と考えられる場合もある。

相手の思いを思いやる霊格の違いによって、相性が悪い、相性は良いと、考え方は、陰陽の様に変わって来るのかもしれない。

干支の動物の中で、いのししが選ばれた理由は、確かな答えは分からないが、猪突猛進と言う言葉がある様に、抑えるための境界線が薄く、自分と他人との境界線がはっきりしない考え方もあるであろう。

干支の物語によれば、いのししは、陰の抑える力が弱いため、干支の競争でゴールを越し、戻って最下位になった話しもある。

又、動物の猪は、昔で言えばごちそうであり、最後の干支して、人々の喜ぶ気持ちを見て確認する、相手のための行動が自身の満足や達成などを現した内容とも考えられる。

いのしし年の前は、いぬ年であり、いぬ年は、人に尽くす行動の気持ちが高い。干支は、食物の成長や過程で表される場合もあり、肉をあげるのは、いぬ年であり、実際に食べた感謝の気持ち、相手の喜びなどを表すために、そのエネルギーの表現として選ばれたのが、動物のいのししなのかもしれない。

いのしし年は、次の年は、始まりを表す、ねずみ年であるため、良くも悪くも物事が起きる兆し、前兆が起きやすい時代とも言われている。抑える力が弱いため、自然災害も引き起こしやすくなるとも言われている。

干支の由来

霊視相談をご利用されたい方の中で、


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、対面と併用ができる夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向があるためである。力の有無について、しっかりと審査されているため、その点についてはプロの先生方として、心配する必要性は無いであろう。

一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、私個人としてはお勧めとして推奨させていただいている。

電話占いサイトには、霊視能力の持つ先生が、割と多く集まりやすいため、対面よりも探しやすいメリットもあるであろう。霊視能力を持つ先生方の多くは、電話占いサイトに所属されている傾向も高い。


◎人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、業界の中では、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージだ。既に、ご存知の方も多いかもしれない。

(霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど



→ 人の絆を大切にする 霊感霊視占いの絆は、こちらから



◎当たると口コミで評判のディスティー

ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど


→ 当たると口コミで評判のディスティーは、こちらから


どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------

私の姉妹サイト(アメブロ)内で、テレビでも活躍されていた、霊能力者のchieちゃんから、その記事いいね!を押していただいた様である。霊視相談を求められている際は、その記事をもご参考にしていただければと思う。

記事以下の、いいねをした人からは、chieちゃんのオフィシャルブログにアクセスが出来る。スピリチュアルに関わる記事を書かれているため、興味のある方は、アクセスしてご確認をしていただきたい。


姉妹ブログ 霊感霊視 スピリチュアル系ブログ (霊視で悩み相談 女性と男性の先生の違いの傾向)記事


chieちゃんって誰?と思われる方、

Wikipedia chie(タレント)

Youtube  おしかけスピリチュアル




このブログは、元霊感占い師 名は、月代(Tukishiro) 男 現在、Webデザイナー兼、ライター (フリーランサー)が、運営管理を行わさせていただいている。




(出身 沖縄)

月代には、月に代わって暗闇に光を照らす意味がある。私自身沖縄出身であり、沖縄にある月代宮と家系が深く関わっており、そこから名を借りている名前である。


(月代宮)

霊感の高い人であれば、月代宮から高い霊的な空気を感じられる方も多いであろう。私自身、ここからの霊的な感性を受けながら、自らの霊的な感性を高めさせていただいている。沖縄に訪れた際、ぜひ、一度、足を運んで頂くのもお勧めである。

先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール

黄金の蝶

*私は、元プロの霊感占い師、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

Wikipedia(辞書): いのしし年 つちのとい 己亥 性格

<キーワード情報 参考URL>
・亥年(いどし) いのしし年
無料性格診断テスト 性格



新アメブロ ピックアップ記事

霊視 相談料

人間関係 断捨離

スピリチュアル 経営

いのしし年 性格 いのしし年の性格 いのしし年に起きる内容(主.キーワード)

注目記事

いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?

・ いのしし年 性格 いのしし年の性格 いのしし年に起きる内容 (主.キーワード)  いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?  いのしし年の性格 は、干支の基本的な内容について押さえておかなければならない。干支の干は、干=一と十で出来ている言葉であり...