サイトアクセス数

2018年10月26日金曜日

干支の漢字における由来は!干支の占いは!起源や理由について

干支/漢字/由来(主.キーワード)

 干支の漢字における由来は!干支の占いは!起源や理由について 

干支の漢字における由来は、の前に、干支と聞くとどの様なイメージを持たれるであろうか。ほとんどの人の多くは、干支で表現される動物をイメージされるであろう。


まずは、動物の事は頭の片隅に置いてもらいたい。干支に対して、基本的な内容を押さえていれば、動物の話も理解しやすい場合もある。

干支と言う字は、一と十の漢字で成り立っている字だ。本来の意味は、干潟でも扱われている様に、固くもなければ、弱くもなく、曖昧な意味がある。そして、一は、少ないを現し、十は多いを表せる場合もあるであろう。違った漢字で書き直せば、少ないを陰、多いを陽と表せる場合もある。

つまり、干支とは、陰陽を現した漢字なのだ。支は、支店と言う漢字でも扱われている様に、分ける、区別する意味もある。干支とは、陰と陽に分けた陰陽を現した字なのである。


 干支の漢字における由来は、干支は陰陽であり、太極図に示されている 

干支の漢字における由来は、陰陽と聞けば、難しそうに思われるかもしれない。至って簡単だ。陰陽と呼ばれる物や姿があるのでは無く、男と女、晴れや雨、生死など、相反する内容をまとめた物を仮の言葉として置き換えたのが陰陽である。


陰陽の世界では、全ての出来事、全ての内容は、たった陰と陽の気だけで成り立っていると考えられている。

この様な話をすると、世の中には様々な物があるではないかと思われる人もいるであろう。物質の構成は、原子で成り立っている物であり、様々な物質も、陽子や電子、その中間に位置する中性子の組み合わせにしか過ぎない。

陰陰陰陰陽陰みたいな組合せであり、陰が強い内容は、固い印象も強く、鉱物の様なイメージもあるはずだ。

易(えき)と呼ばれる漢字も同じく、 日(陽)と月(陰)を現している漢字であり、陰陽を現している字である。そのため、陰陽=干支=易と理解されるのもお勧めである。

陰陽とは、難しい様にも思われるが、陰陽は、至って易しいのである。易しいと言う字を見れば分かるであろう。

なぜ?陰陽と書くのかと思われてる人もいるかもしれない。初めに陰が付くと、暗いイメージもするであろう。昔は縦書きが一般的であった。


陰の気は、重たい気であり、下降する。陽の気は、陽気と言う言葉でも扱われている様に、上昇する気である。陰の気と陽の気が交わる事で、 あらゆる事を創造している姿を現すためだ。この字が逆転してしまうと、お互いの気は離ればなれになってしまうであろう。

陰と陽の気は、お互い循環していると考えられている。血液が循環しているように。自然界にも循環している姿はあるであろう。

干支の干の一と十は、 始まりは小さく、そして徐々に大きくなっていく姿も現している。それを現したのが図でも紹介している太極図であり、陰陽を現している図でもある。

少し変わった形であるが、下の白は小な物が徐々に大きくなっていく姿を現し、成長を遂げたものは、徐々に力の衰えが現れる姿でもあるのだ。

目の様な丸は、陰の中にも小さな陽は存在する。陽の中でも小さな陰は存在する姿を現している。男性の中にも、小さな女性らしい心もあれば、逆もあるはずだ。

太陽にでさえ、黒点と呼ばれる、周りよりも低い温度の点が存在しているであろう。

この陰陽の法則が事実であれば、輪廻転生の話しも事実である可能性が高い。よくある話しとしては、前世で声を失った人が、現世で歌手として活躍する話しも存在する。世の中は、無限に循環している可能性も高く、私達は、既に起きた遠い過去を現世で経験しているのかもしれない。

起きた過去であるため、霊視によって未来が分かる話しも説明できるのではないであろうか。仏教の中には、その様な考え方が存在する話しもある。神々の様な大きな立場に立たないと、確認は出来ないであろう。

干支の漢字における由来は、ここまで話せば、なぜ、干支の動物が選ばれた理由について、理解された人もいるのではないであろうか。


 干支の漢字における由来は、干支の動物が、陰陽に合った動物で選ばれた! 

ねずみ

干支の漢字における由来は、始まりの小さを現したのが、動物のねずみである。本来の動物の漢字は鼠であるが、なぜか、子を現している。子は、子供や原子、種子など、小さを現した漢字だからだ。


そして最も、エネルギー高まっているのは、馬であり午年である。 力強さで言えば、虎や龍の方が力強いと思われるかもしれないが、昔の人にとっては馬は貴重な財産であり、実際に身近な存在としてその力を発揮されていたためである。

午の字が当てられた理由は、諸説あり、確かな答えは分からないが、私が信じている説は、十は、陽を現し、最高まで上り詰めたものは、やがて、一に傾き始める事を現した説である。一の隣に、傾きを現す、/、斜線が付いているであろう。

この様に、干支の動物は、陰陽のエネルギーを分かりやすく表現するために選ばれた動物達である。それぞれ、陰陽の特有が現れている中で選ばれた動物だ。よって、昔の人が好き勝手に、適当に選んだ動物では無い。

昔の人は学問を修めている人も少なく、無学な庶民に教えるためには、動物を扱った方が分かりやすかったからであろう。又、動物の性格判断などを知っていれば、陰陽について学びやすかったとも考えられる。

干支の動物で対峙している動物達は、ねずみと、うまの様に相反するエネルギーを持ち合わせているのだ。ねずみと、うまは、最も分かりやすい内容かもしれない。

干支の漢字における由来は、ここで全ての性格を伝えると、それだけで話が一杯になるため、その話は別の機会にさせていただこう。 インターネット上に干支の性格判断もあり、それを参考にされるのもお勧めである。

干支の性格判断においては、人の精神は陰陽のエネルギーを受けながら、本能的、基本的な精神が形成されるとも考えられている。なぜならば、世の中の仕組みは全て、陰陽の気のみで成り立っているためだ。

一つだけ挙げさせてもらうと、ねずみ年の次の干支は、、うし年である。物事が始まった後は、少しでも前進する思いも現れやすくなる。生まれた赤ちゃんが、よちよち歩きで前進する様なイメージだ。 確実性を求める傾向も高く、うし年の性格は、頑固になりやすく、確実性を求める中で説明好きにもなりやすい。仕組みなども好む傾向が高く、数学に強い傾向も高いと言われている。

その反対の干支は、ひつじ年である。うま年の最高のエネルギーの次であり、力が徐々に弱って行くイメージである。弱まった場所を排除したい思いも強まりやすく、汚いものを避けたい気持ちも高まりやすい。ひつじ年の人は、干支の中でも潔癖症になりやすいとも言われている。

うし年は、前進、ひつじ年は、避けるの、相反するエネルギーを現しているであろう。

うし年は、丑年と書き、丑は、種が土の中で目を出し、地上に上がろうとしている様子だと伝わっている。紐(ひも)の字にも扱われている様に、確実を求める意味もあるかもしれない。

未は、草の背丈が伸び、暗闇を現している姿らしい。末と似たよう字でもあり、末から腐って行く姿を切り落とし、未の綺麗さを保ちたい考えなどもあるかもしれない。

干支と陰陽の関係については、少しは理解されたのではないであろうか。

ちなみに干支は、12では無く、それぞれ、火、水、木、金、土の五行の属性が付き、この五行も陰陽だけの気でなりたている。12×5=60で、60種類に分けられているのだ。還暦の60は、ここから来ているとされている。

陰陽について、あまり知らない人でも曜日ぐらいは知っているであろう。ただの偶然かどうかは分からないが、新暦と旧暦には違いがあるが、一週間の曜日がほぼ一緒なのは、ただの偶然かどうかは分からない。


 干支の漢字における由来は、干支(陰陽)の起源が、キリストが生まれる以前の遥か遠くの昔 

干支の起源

干支の漢字における由来は、陰陽の起源について、確かな話は存在しない。中国の最も古代文化である殷の時代には、既に陰陽の考え方は存在していたそうだ。昔の人は、知的に劣っていると思われがちだが、現在でも通用するような哲学者もいたのであろう。


霊的な話で言えば、あの世からのメッセージを受け取る中で、陰陽の知識を手に入れたとも考えられる。

干支の占いは、二つの考え方が存在する。一つは、干支の性格判断から、性格を読み取り、それをアドバイスとして占い的な相談を行う方法だ。

もう一つは、陰陽の法則にのとって、 この世の事象に問い合わせ(陰)、返ってくる答え(陽)を導く方法である。霊感占い、易占いなどは、これに当たるであろう。問い合わせる思いが強ければ、バランスを取るために返ってくる答えも確かな答えが現れやすくなるとも考えられている。

多くの人は、易占いやタロット占いなど適当な内容だと思われてる人もいるかもしれない。陰陽の法則が正しければ、問い合わせれば、返って来る考え方もあっておかしくはないはずだ。

霊感の高い人であれば、より確かなメッセージを受け取りやすいであろう。

これは、特別な人間でなければ出来ない内容でもない。 この世が、陰と陽の気のみに成り立っているのであれば、当然誰にでも答えを求めれる場合もある。

よくある話としては、何かしらの問題を抱えている場合、ふと本屋に足を運べば、 本の中にその答えが書いている話しもあるであろう。意識するかしないかの違いであり、スピリチュアルの世界では、意識すればするほど、求める答えに出会える可能性も高まる話しも存在する。

干支の漢字における由来は、干支の起源が古く、迷信的な内容だと思われている人もいるであろう。現在の東京は、江戸時代に陰陽の法則に従って街並みが作られた。目白や目黒などもその一つである。

暑くなれば、汗をかき、寒くなれば、体を温める生理反応もあるはずだ。これも、陰陽の法則が働いているものであり、東洋医学の中には、陰陽の働きを大切にされる場合もある。

ちなみに、日本人が東洋思想に馴染みが薄いのは、戦後、GHQの政策によって、徹底的に排除されたためだ。日本に薬を売り込むために、従来の漢方薬が邪魔だったからとも言われている。ただし、近年は、西洋医学でも東洋医学の価値に気づき始め、日本に限らず海外でも再評価され初めている。

干支の性格を認めない人もいるであろう。私個人としては、信じる(陽)も信じない(陰)も陰陽のは働きであり、全てが陰陽の気のみになりなっているのであれば、信じない人も必然的な姿だろうと思っている次第でもある。

干支の漢字における由来は、興味のある人だけが、知っていれば良いであろう。ただし、人間関係の崩壊や社会の崩壊なども、陰陽が関わっている可能性も高く、価値有る内容として、多くの人が知るべき内容ではないかとも思う次第でもある。

Wikipedia(辞書): 干支 漢字


*お知らせでも伝えさせていただいているが、気づかない方もいるかもしれないため、現在、こちらbloggerブログの更新を停止中、メインをアメブロに変えているため、最新記事は、アメブロで確認をしていただきたい。(アメブロは、です。ます調)

現在、私が運営するアメブロにおいて、おしかけスピリチュアルのテレビ番組で出演されていた、霊能力者のchieちゃんから、記事に、いいね!を押していただいた様である。私自身、有名な霊能力者の女性からの内容に驚いている。

霊視相談を受けられる方は、chieちゃんから、いいね!を押していただいた、アメブロ記事の以下の記事もご参考にしていただくのも良いであろう。



<記事>霊視 悩み相談は、そのポイント (霊感霊視占い スピリチュアル系ブログ)から


記事下のいいね!をクリックすると、chieちゃんのブログへもアクセス出来るため、興味がある方は、一度、ご覧になられて見るのもお勧めである。


霊視相談・霊視鑑定をご利用されたい方の中で


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、全国で悩みがある方への相談として、対面と併用ができる、夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向が高いためである。

所属するために、力の有無について、しっかりと能力について確認されているため、その点については心配する必要性は無いであろう。自称も世の中には存在し、その点について安心の中で相談ができる。

私自身は、一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、お勧めとして紹介させていただいている。

電話占いサイトには、霊視能力の持つ先生が、割と多く集まりやすいため、対面よりも探しやすいメリットもあるであろう。霊視能力を持つ先生方の多くは、電話占いサイトに所属されている傾向も高い。


◎特にお勧め、人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、そのため、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージである。既に、ご存知の方も多いであろう。

(お勧めする、霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つ業界でも有名なオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど



→ 人の絆を大切にする 霊感霊視占いの絆は、こちらから



◎当たると口コミで評判のディスティー

ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(お勧めする霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど


→ 当たると口コミで評判のディスティーは、こちらから


どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------


先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談


私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール



黄金の蝶


--------------------
関連姉妹サイト

霊感霊視占い スピリチュアルブログから

◯ 霊感 強い

◯ 復縁に強い占い

◯ スピリチュアル 経営

◯ 新宿 当たる 占い

◯ 霊視 悩み相談

◯ 意識したい男性、意識されたい女性

恋愛心理学 恋愛力プラスから

◯ 浮気 本能

◯ 婚活 高望み

◯ 浮気 相手

◯ 嫁姑 うつ

◯ 婚活 結婚できない



新アメブロ ピックアップ記事

子育て 教育 やってはいけない

霊視 妊娠

パワースポット 山王日枝神社

注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違...