スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

霊感が強いと左肩が痛い症状が起きやすい

・ 左肩が痛い 霊感 / 左肩が痛い / 霊感 (主.キーワード関連記事) 霊感が強いと左肩が痛い症状が起きやすい 霊感が強いと左肩が痛い症状が起きやすい 話は、非科学的な内容であり、多くの方から批判的な言葉を受けてしまうかもしれない。しかしながら、スピリチュアル的に考えると、その可能性が存在し、スピリチュアルの話として話をさせていただきたいと思う。 霊感が強いと左肩が痛い症状が起きやすい話は、左脳と右脳の話が深く関わってくる話である。左脳は、言葉の組み立てや、計算、論理的な認識など、どちらかと言えば、現実社会を認識するのに長けた働きを起こす。 右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば、心に携わる働きが強い。そして、人の心の奥底は、全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている話だ。 霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり心を感じる力である。つまり霊感が強いとは、心を感じる力が強い話でもある。 人の脳は、体半分、右側は、左脳が司り、左側半分は、右脳が司どり、つまり、霊感が強いと、左側に何かしらの反応を引き起こしやすくなるのだ。 左肩の上辺りは、霊的な世界の入り口と言っても過言ではなく、霊感が強いと何かしらの違和感を感じやすくなる。 霊感が強いと左肩が痛い、自らの違和感が痛い症状を生み出しているかも 霊感が強いと、左肩に違和感が現れやすい話をさせていただいた。霊的な内容が直接、痛みを与えるほどの症状を起こすのは、それほど多くは無いとも思われる。 当初の違和感は、意識しやすくなる中で、筋肉に緊張を与え、血行を悪くさせることで、痛みを与える状況まで悪化させている可能性も考えられるであろう。 特に、スピリチュアルに対して知識がなく、霊的な内容にも知識がない状況であれば、何かしら自分自身に病気的な、マイナスのイメージも持ち合わせやすく、それが肩の緊張を強め、左肩が痛い症状を自ら作り出している可能性も考えられる。 私は医者ではないため、強くこの話は、推し進めるのに抵抗があるが、普通に考えれば、右利きの人は、右側に意識が高まりやすく、右肩に痛みが生じやすくなるであろう。 肉体労働など携わっておらず、姿勢もそれほど悪くはなく、右利きの場合は、霊的な作用が働いている可

占い師になるには、大切な素質について

・ 占い師になるには 素質 / 占い師になるには / 素質 (主.キーワード関連記事) 占い師になるには、大切な素質について 占い師になるには、大切な素質 について、占い師、独特の素質が存在する。大きく分ければ、理系的な考えよりも、文系的な考え方をする方の方が、占い師として素質を持ち合わせているものであり、考え方に柔軟性のない人は、素質としては向いていない。 占い師になるには、この文系的な素質について、それほど多くの方が、持ち合わせているとは言い切れない。なぜならば、日本の教育は、理系よりに力を入れる傾向も強く、現在においては、塾に通う子供も増えており、文系的な内容に価値を置いている人も減っているであろう。 占い師ではないが、霊能力者の江原啓之氏は、高校時代、彫刻科のある学校に通われており、江原啓之氏が持つ霊感は、高校時代に磨きが高まった話だとも思われる。 ちなみに、霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力でもある。 占い師になりたいと思われている方は、心に対して価値が高いと思われるが、少なからず、心に対して意識が薄い占い師に憧れる方もいる中で、この点について注意をしなければならないであろう。 当たり前の話として、占い師になるには、相談者が訪れてくるものであり、相談者の心を感じる気持ちも大切な要素となり、他者の心を感じる力が弱い人は、占い師の素質としてそれほど高くは無い。 占い師の中には若干、自分自身の主張が正しいと強く言い張る中で、自分の心にしか意識が高い占い師の方も見受けられると思われる。 占い師になるには、大切な素質、能動的な気持ち 占い師になるには、大切な素質として、自ら行動に移る能動的な気持ちも大切な要素になる。占い師に憧れている中で、占いを勉強されている方の多くが、この点について意識が弱い。 占いを勉強して知識を身に付ければ、自然と相談者が受け身的に、相談に訪れると思われている方がほとんど出ないであろうか。 占い師は、個人経営者であり、これは占いに限らず、ビジネスにも通じる話として、自分自身を売り込んでいく取り組みも必要になる。 そもそもの話として、占い師になるには、相談者に、エネルギーを与えなければならない。受け身的は、相談者からエネルギーを受け取る気持ちでもあり、どちらが上なのか、この点について力が

人類の霊格は、霊格が高いとは言い切れない

・ 霊格が高い (主.キーワード関連記事) 人類の霊格は、霊格が高いとは言い切れない 人類の霊格は、霊格が高いとは決して言い切れない。また、人類は、地球上で最も霊格が高いとならない理由も存在する。このページにおいては、霊格が高いとは決して言い切れない話と、霊格が高くなくてはならない旨について話をさせていただきたいと思う。 霊格については、違うページでも話をさせていただいているが、霊格が高くなると、存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、物事を見る視野も広がりやすくなる特徴もある。この話は、難しい話ではなく、本当の意味で精神的に大人、親になる話であり、多くの方が理解できる話でもあるであろう。 霊格の特徴として、霊格の低い姿から、霊格の高い姿の価値観には気づきにくく、霊格の高い姿からは、霊格の低い存在については把握しやすい特徴もある。この話も、親と子供の関係と言えば、理解できる話でもあるはずだ。この話について、理解できないとするならば、霊格が低い証でもあり、そもそも、霊格の低い存在が、このページに訪れる事は無いと思われる。 つまり霊格が低い存在とは、子供と変わらない精神的なレベルの話であり、他者よりも自分自身を優先的に考える存在でもある。 人類の霊格が低ければ、実際の人に限らず、様々な内容において、外に対する意識も薄まりやすく、他者を省みない活動的な姿は、自然を崩壊させ、自然のバランスをも崩しかねない。 今日、大型の台風が、九州に接近をしており、地球温暖化によって、台風の強さも年々強まっている傾向にある。人は、経済は経済、自然は自然と切り離して考えている傾向も強く、よくよく考えれば経済と自然は連動しているものであり、霊格が低い中での視野が狭い話でもあるであろう。 人類の霊格が高くなくてはならない、地球を管理する管理者の使命 人類の霊格が高くなくてはならない理由の中には、人類は、地球を管理する管理者の使命として存在している話でもある。 自然を愛し、自然を守るのは、人類にしか不可能な話であり、霊格に意識を向けれるのも人類しか存在せず、人類は、地球上で最も霊格が高く、親のような存在にならなければならない。 魂の成長のレベルの話の中に、人が死後、地上と最も近いと言われている霊界の中の幽界に旅立つと考えられている。そしてその上の次元は、霊格が高く、低い存在としての

霊視の悪い結果は、当たる可能性が高い

・ 霊視 悪い結果 / 霊視 / 悪い結果 (主.キーワード関連記事) 霊視の悪い結果は、当たる可能性が高い 霊視の悪い結果 は、当たる可能性が高い、と思われる。これは私個人の体験談の話であるが、私自身霊能力者の方から、霊視の力によって、悪い結果を言い当てられ、それが実際に現実となった。その話とは、私自身が、霊的な世界を拒否し、決断した当日に、自宅を火災に合わせてしまった話である。 霊視の悪い結果は、あくまでも、本当に霊視の力がある先生からの言葉であり、中には、実際に見えておらず、悪い結果を伝え、恐怖を煽る中で、力があると思わさせる先生も少なからずいるであろう。 ちなみに、霊視の内容は、未来における心の強いエネルギーから現れて見える話であり、現実世界にある映像を見ているのと、少し話が変わってくる。 この悪い結果とは、心に大きく現れるエネルギーとしての悪い結果である可能性も高く、その点について意識をしておく必要性もあるであろう。 全ての霊視の先生が、必ずそうとは言い切れないが、何かしらの指摘をしてくれる場合があった場合、それが、霊視の悪い結果として顕在化してしまう可能性も考えられる。 霊能力者の江原啓之氏は、ある女性芸能人に対して、性格上の問題を指摘していたにも関わらず、そこに反省が見れない中で、この芸能人の方は、離婚問題に対して、YouTubeで強く自分の正当性を訴え、社会的に批判を受けた話があった。 当たる可能性が高い理由として、既に未来では、そのエネルギーが顕在化されている話であり、それを感じる中で話を伝えている場合もあり、これが事実であれば、限りなく、当たる可能性が高い話でもあるはずだ。 霊視の悪い結果、ほとんどの多くの方が、心配する必要性がない 霊視の悪い結果は、ほとんどの多くの方が、心配する必要性がないと思われる。なぜならば、霊視の力によって、悪い結果が伝えられる人の傾向は、ある特徴があり、それは頑固な性格で、他者の言葉を受け入れる気持ちが弱い傾向もあるためだ。 そもそもの話として、本当に霊視の力のある先生を前提に、相談は、自分自身の守護霊が導いている場合がほとんどであり、そこには、受け入れるべきメッセージがある場合もある。 それを受け入れることによって、自分自身の魂の成長につながる話であり、ほとんどの場合は、何かしらが解決されて、魂を成長へと良い

占いと霊視の違い、どちらがお勧め!?

・ 占い / 霊視 / 違い (主.キーワード関連記事) 占いと霊視の違い、どちらがお勧め!? 占いと霊視の違い 、どちらがお勧めかは、一概には言い切れない。あくまでも、本当に霊感があり、霊感の作用によって、働く話としての前提としての話である。ちなみに、霊感とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。人々の心の奥底はすべてつながっている考え方があり、その先は、高次元の存在が存在している霊的な世界とも繋がっている話でもある。 占いと霊視の違いは、高次元の存在が霊媒師や占い師に干渉する内容に若干違いもあり、これは様々な内容が存在する。 例えば、占いであれば、感覚的に占い師を操り、タロットカード等を切らすことによって、当てる力を顕在化させているのだ。メッセージを伝えるための言葉、これは、占い師や霊媒師が持つ知識などを使って、メッセージを伝える場合もあるが、霊的な内容の中には、霊媒師や占い師などの物情報のない情報を与え、それを相談者に伝える場合もある。そのため、この場合は、霊媒師や占い師なども言葉の意味が理解できず、相談者だけが理解できる話もあるのだ。 占いと霊視の共通する内容は、両方とも、高次元の存在が関わっているものであり、相談者にとって価値ある話としては共通的にあるであろう。 占いは、どちらかと言えば、時間軸における運気の波を把握するのに力をたけており、波とは、上下に変化するものである。そのためタロットカード等は、良い内容悪い内容として、答えが現れやすく、その中から、占い師が直感的に、物事を判断する傾向も高くある。 霊視は、どちらかと言えば、時間軸における、点の情報を把握するのに力をたけており、例えば、本などで、適当に開き、文章を読めば、そこの内容の出来事が、ある程度、詳細に把握できる話と似たような話だ。しかしながら、それがいつの話か、ある程度の感覚は、時期がつかめるか、具体的な時期について把握するのに弱くある。 ちなみに、占いと霊視も、人の心のエネルギーが深く関わっており、毎日の様子から確認しているのではなく、大きく現れる心のエネルギーと深く関わっている話でもあるのだ。 占いと霊視の違い、恋愛などの軽い相談であれば占いの方が望ましい 占いと霊視の違いか ら、恋愛などの、軽い相談であれば、占いの方が望ましい話である場