スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

スピリチュアルから見る、子育ては?アドバイスを伝授

・ スピリチュアル / 子育て / アドバイス (主.キーワード) スピリチュアルから見る、子育ては?アドバイスを伝授   スピリチュアルと子育て は、いくつかのポイントが存在する。まず初めに、あくまでも傾向として、子供が生まれて家族の一員になる場合は、バランスとしてのある法則が存在する。 男と女が結ばれる中には、お互い足りないものを補うために結ばれる場合もあり、世の中の自然の多くは、バランスで成り立っているはずだ。そのため、家族の間のバランスを整えるために子供が生まれてくる場合もある。 例えば、暗い両親には、バランスを整えるために、明るい子供が授かる場合もある。頼りない両親には、しっかり者の子供が授かる場合もあるのだ。もちろん逆もあり、しっかり者の両親には、やんちゃな子供が授かる場合もよくある話である。 スピリチュアルと子育ては、プラス、マイナスが0に近づく様な内容でもある。私はあまり個人情報に内容でもあるのだ。私はあまり個人情報にあたる当たる名前をこのブログでは、扱いたくはないが、元小泉総理は、心が柔らかく柔軟性の強い人でもある。子供に当たる芸能人である兄は、これもまたどこか柔軟性が強く、どちらかと言えば硬い性格ではない。その弟は政治家であり、どこか固い印象もあるのではないだろうか。 全体的に、0になる様な法則であり、固い親には必ず、柔らかい子供だけが授かる訳でも無い。ちなみに、家庭が崩壊する場合の多くは、このバランスが崩れる話しもよくある話しである。例えば、医者同士の結婚は、離婚率も高いと言われており、似た者同士は、離婚する確率が潜在的に高い。 スピリチュアルと子育ては、様々な経験と学びを目的に人が生まれて来ると考えられている場合もある。似た様な存在よりも、親も子供も性格が違う方が、新たな発見や学びも現れやすくなるであろう。 話は少し脱線するが、元プロ野球選手の松井秀喜氏、父親が好であるため実際に血の繋がりは無いが、祖母は、新興宗教の教祖であり、霊能力者でもあるのだ。 輪廻転生についてよく理解されているため、松井秀喜氏のことを、さん付けで呼んでいる話を聞いたことがある。精神上では、子供の方が年上の場合もあり、しっかり者の子供も存在する。この様な子供は、親を支えるために生まれてきた可能性も

未来は、存在する!?存在しない? 未来人はいる?いない?

・ 未来 / 存在 (主.キーワード) 未来は、存在する!?存在しない? 未来人はいる?いない? 未来が存在する、存在しない は、仮に存在しなければ、占い師や霊能者の言う内容は、でたらめな話をしている事にもなる。 仮に未来が未知の存在であるとするならば、当たる確率の高い人がいた場合、世の中を分析する能力に長けているだけの存在でもあるはずだ。仮に存在しなければ、未来は白紙の状態であり、ほとんどの多くは、当てる事ができないであろう。 仮に当たったとしても、それはただの偶然にしか過ぎず、確率で言っても、ほぼ当てる事は不可能であるため、占い師や霊能者としての存在は誰しもが認めないはずでもある。 未来が存在する、存在しないは、ただし、古代から、占い師や霊能者は、仕事として成り立ってきたものであり、ただの偶然では、考えられないほどの当てる確率の高い人物がいたと考えれば、未来が存在すると考えた方が無難でもある。 昔の人は、地球は、平坦であり、地球の果は、海が滝の様に流れている内容だと考えていた。地球は、丸いと言えば、宗教裁判にかけられる場合もあった時代もあった。現在は、時間軸の最先端であり、未来が存在するはずは無いと考えている人は、昔の人と同じ様な思いに立っているであろう。 未来の存在について、考える場合、この様な考え方もあるのではないだろうか。例えば、目の前に花が存在した場合、その花は誰が考えて作り出したかとの考え方だ。 仮に、宇宙人や、過去に存在した神がいたとして、その者が私達を創造したとすれば、その者は誰が、創造したかの考えも必要になる。そしてその誰がは、無限に誰が創造したのかと続くはずだ。 未来が存在する、存在しないは、少し難しい哲学的な話しになるが、偶然からは、必然は生まれない。必然からも偶然は、生まれない。偶然からは偶然しか生まれず、必然からは必然しか生まれない。考え方がある。自然の仕組みや、体の仕組みなどは、必然によって成り立っているため、地球が生まれた始まりも必然によって成り立っているものであり、今後の未来も必然的に存在しているであろう。 未来が存在する、存在しないは、つまり、私達の存在自体、ビリヤードの玉を適当に当てた中で生まれたのでは無く、必然的に誰かの意思によって、意図的に作られ

自然治癒を高めるは?自然が持つ自然治癒とは?

・ 自然治癒 (主.キーワード) 自然治癒を高めるは?自然が持つ自然治癒とは? 自然治療を高める は、世の中の自然の法則について押さえておかなければならない。世の中は常に止まっているのでは無く、自然が持つ力によって変化が起きている。 自然治療を高めるは、自然が持つ力について、二つの力によって支えられているであろう。一つの力は、気を高める力であり、もう一つの力は、気を鎮める力である。一見、気を高めるだけの方を必要とする思いが高まりやすくなるが、心臓の鼓動が速すぎても良く無く、血圧は高すぎても良くないはずでもある。 血圧は、低い方が望ましい考え方もあるが、血流を押す力が弱まりすぎるのも良く無い話しでもあろう。つまり、自然治療を高めるは、バランスを整えるのが大切な内容の一つでもある。 病は気からと言う言葉があるが、気とは心でもあり、心と体はお互い影響を与えているため、自然治療を高めるは、心のバランスについて意識を高めなければならない。  自然治療を高めるは、創造性の高い存在力を高める力でもある  自然治療を高めるは、自然について、二つの考え方がある。一つは、力として働く、自然の力である。もう一つは、森林などの自然の産物としての自然である。自然の産物は、自然の力によって生み出され、存在として成り立っている物でもある。 つまり、自然が持つ自然治療とは、創造物としての自然を維持するための働きであり、自然治療を高めるためには、 自身の存在感 を強く感じるのもポイントである。 誰しもが、自身の存在感を強く感じれば、嬉しくなる場合もあり、心が元気になる事によって、体にも良い影響を与えるであろう。 では、人は、どの様な行動を起こせば、存在感を強く感じられるかだ。人々から意識されれば、客観的に自分自身の存在価値を認識する中で、自分の存在価値を強く感じられる場合もあるであろう。 また目的が達成できれば、目標について出来る存在感として、強く感じられる場合もあるはずだ。 人の人生設計とは、大切な内容の一つであるが、あまりにも、離れすぎて目標ばかりでは、達成するまでに時間を要する場合もあり、それまでの間、自分自身の存在感を見失ってしまう可能性もある。 存在感を感じられない中で、体を壊して

霊視と占いの違いは、お勧めは?どちらが良い!?

・ 霊視 / 占い / 違い (主.キーワード) 霊視と占いの違いは、お勧めは?どちらが良い!? 霊視と占の違い は、一般的に霊視の方が力がある様に思われている。私自身、このブログでは、霊視を推奨させていただいている場合もあり、見える方がより確実性が高いでもあろう。 霊視と占いの違いは、何事にもプラスもあれば、マイナスもあり、占いによっては霊視よりも力を発揮する場合もある。そのため、相談者自身が、霊視と占いの違いによる知識を得ておく事で、相談内容に合った内容を選ぶのもお勧めである。 霊視と占いの違いは、霊視や占いについて、山から眺めるイメージを持つと分かりやすい  霊視と占いの違いは、違うページでも紹介させていただいているが、この様に考えてもらえれば、霊視と占いの違いについて分かりやすくイメージできるであろう。 山の頂上から、町中の風景を見下ろしている様なイメージだ。建物の高さの様子が、人の人生における出来事だと考えれば分かりやすい。もちろん、高いそびえ立つ建物は、直ぐに目に付きやすく、その内容をより把握しやすい場合もある。実際の話しは、心のエネルギーだとも考えられている。 霊視と占いの違いは、霊視や占いの結果が、具体的な日時では無く、季節など曖昧になりやすいのは、この様な理由からでもあるためだ。 霊視は、双眼鏡で見ている様なイメージであり、時間軸における点の情報を把握するのに長けている。タロットカードなどの占いは、時間軸における線の情報を把握するのに長けている内容であり、来年辺りに、良い人と出会える可能性があるなどの情報を得れる場合もある。 霊視でも、感覚的に時間軸における線の情報を把握できる場合もあるが、実際の話しにおいて、そこまでの距離を物差しで測った方が具体的に把握できる場合もあるであろう。その役割がタロットカードの力でもある。  霊視と占いの違いは、霊視と占いの違いの参考!横浜との関わりの深い、易占いによって、富を築き上げた人もいる  霊視と占いの違いは、易占いなど、方向性を求める場合に力を発揮する占いであり、山の頂上から人を見る中で、右に行くよりは左に行った方が良いなどの力を発揮する占いである。 余談であるが、大正時代に自ら易占いを行い、関東大震災が起

いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?

・ いのしし年 性格 いのしし年の性格 いのしし年に起きる内容 / いのしし年 / 性格 (主.キーワード)  いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?  「いのしし年の性格」 は、干支の基本的な内容について押さえておかなければならない。干支の干は、干=一と十で出来ている言葉であり、少ないを表す陰と、多いを表す陽の意味がある。干支のいのししは、陰陽と関係の深い動物であるのだ。 干支=陰陽については、こちらのページで紹介しているため、恥ずかしくない様に基本的な内容を押さえておきたい方は、こちらの、 干支の漢字のける由来  について拝見していただければと思う。 干支の動物は、基本的な内容として、生まれたものには始まりがあり、大人へと成長を遂げ、やがて衰退へと歩む姿を現した動物である。ただし、内容によっては、必ず衰退するものでは無く、人の精神の成長のあり方を現している場合もある。 昔の人は、無学な人も多く、陰陽について分かりやすく伝えるために、選ばれたのが干支の動物であり、適当に選ばれたのでは無く、陰陽に従って選ばれた動物である。動物の方が分かりやすいため、そこだけが広がり、今日においては、多くの人の中で陰陽については忘れられ、動物だけが独り歩きしている状態でもある。 始まりを表すのは、小さな姿として選ばれたねずみであり、正午と言う言葉に扱われている様に、午(うま)が最も成長を成し遂げた姿から、 やがて太陽は、沈み始める事になるであろう。 最も高い成長は、二つの考えがあり、うま年を最も成長の高いものだとする考えもあれば、午の字は、欠け始める偏り” / ”(斜線)が付いているため、欠け始め出す事を考え、最高の毒を持つへび年を最高の存在と考えられている場合もある。 「最後のいのしし年は、最後に選ばれた陰陽(干支)の動物だ。」  いのしし年の性格は、総合的判断が出来る性格  いのしし年は、干支の中で、最後に選ばれた干支の動物だ。いのしし年は、人の精神成長の全てを成し遂げた姿でもある。 「いのしし年の性格は、他人と自分との境界線が薄く」 、他人の気持ちも自分の様により良く理解が出来る中、 社会について理解しやすい性格になりやすい。 ただし、次の干支は、ねずみ年であり、小さな存在にも