スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2021の投稿を表示しています

スピリチュアルの真実!スピリチュアルの本当の目的

「スピリチュアル」の「真実」!「スピリチュアル」の本当の「目的」 「スピリチュアル」の「真実」、「スピリチュアル」の本当の「目的」 は、興味がない人にとって、不思議に思われているかもしれない。 「スピリチュアル」は、自然の法則に基づいた内容でもあり、身近な方で、「スピリチュアル」の「真実」に気づき、「スピリチュアル」に関心が高まっている人もいるであろう。 ただ、ここでの話は、過去のオカルトと言う言葉が、「スピリチュアル」と言う言葉に置き換えられている姿もあり、必ず、「スピリチュアル」として扱われている内容が全て当てはまる話ではない。 日本に、「スピリチュアル」と言う言葉を流行りさせたのは、霊能力者の「江原啓之」氏であり、魂の成長の大切さを主に伝えているにも関わらず、「スピリチュアル」を先導的に話されている方の中で、その意識が薄く、見失っている人がいるのも事実として挙げられる。 ただ、本当に、「スピリチュアル」の価値に気づきが現れている人の中には、その判断もしっかりと身に付いている方もいる中で、その判断ができるのも、「スピリチュアル」的な考えから現れる内容もあり、その話についても触れさせていただこう。 「スピリチュアル」の真実、「スピリチュアル」の本当の「目的」は、ここでの話において、「江原啓之」氏と同じ価値観を持っての話であり、人によって価値観が違い、必ず、本当の真実や目的とも言い切れないことを予め、ご了承いただきたいと思う。 人によっては、潜在意識に価値を置き、そこには生まれてくる目的などが含まれている場合もあり、潜在意識にアクセスをすることが、「スピリチュアル」の「真実」、「スピリチュアル」の本当の「目的」だと思い込んでいる方もいるためだ。 「スピリチュアル」の「真実」、「目的」、「魂の成長」 「スピリチュアル」の「真実」、「目的」、それは「魂の成長」である。 ただし、ほとんどの多くの方が、「魂の成長」について、どの様に成長しているのか、具体的に把握されていない方も多くいるであろう。 この話は、このブログでは何度も話をさせていただいているが、「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきである。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づき

守護霊の力を引き出すには?

「守護霊」の力を引き出すには? 「守護霊」の力を引き出す には、「守護霊」の力を引き出す方法が存在する。ただし、自分の欲を満たすだけの目的として、「守護霊」の力を引き出すと思われる方もいるであろう。 「守護霊」は、親の存在との考え方もあるが、どちらかと言えば、兄や姉の様な存在に近く、自分の心に影響与える、身近な存在との考え方の方が近くある。 逆の立場に立って、考えてみれば分かる話であるが、仮に自分が、兄や姉の立場として、弟や姉に対し、あれこれと、ねだる様に様々なことを求めてくれば、わがままな、弟や妹だと思われることもあるであろう。 それと同じく、「守護霊」の力を引き出す話は、自分の欲を満たすためだけの話ではなく、パートナーとしての力を引き出す話になる。 「守護霊」は、肉体を持ち合わせておらず、魂の存在であり、違った言葉で言い換えれば、心の存在である。 このブログでは、割と多く話をさせていただいているが、「霊感」についてどう思われるであろう。 「霊感」とは、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である、霊的な世界とも繋がっているのだ。 例えば、人と握手をした際、握手をした人の、個人的な独特な雰囲気が、伝わってくると思われるが、それが、心を感じる小さな「霊感」の働きである。 そのため、「守護霊」の力を引き出すには、その、心を感じる「霊感」に意識を向ける必要性があり、そこに意識を高めることによって、「守護霊」の力を引き出しやすくなるのだ。 現代人、特に日本人は、心を感じる気持ちに意識が弱くなる傾向があり、よって、多くの方々が、「守護霊」の影響を受けにくくなっているかもしれない。 「守護霊」の力を引き出すには、「守護霊」の役割とは 「守護霊」の力を引き出すには、「守護霊」の役割は、仲良しクラブの仲良し友達では無い。 「守護霊」にも、「守護霊」としての役割があり、その役割について知れば、より、「守護霊」の力を引き出す力も現れやすくなるであろう。 「守護霊」の役割は、守護している人の、魂の成長を導く役割である。 魂の成長、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく、心からの一つ一つの気づきである。 「霊格」が高まれば、精神

霊感が強いと占いなどが当たる理由は?

「霊感が強い」と「占い」などが「当たる」理由は? 「霊感が強い」と「占い」などが「当たる」理由 は、「霊感が強い」から、「占い」が「当たる」と言われる場合もある。しかしながら、それは、魔法の様な言葉であり、具体性が弱く、多くの方が理解されていない中で受け入れている話ではないであろうか。 「霊感が強い」話については、ほとんどの多くの方が有る無いと白黒のように判断している傾向もあるであろう。 実際の話は、誰にでも「霊感」があり、幽霊にも心があって、高次元の存在にも心があり、もちろん、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気、それとは違う他者と握手をした際に違った感覚が感じられると思われるが、それが、心を感じる小さな「霊感」の働きでもあるのだ。 多くの方が、その感覚に対して、価値を置かず、意識も弱い中で、自分自身に心を感じる「霊感」が無いと思われているに過ぎない。 「霊感が強い」人は、そこに、意識を持ち、自分にとって価値があると考え、その結果心を感じる霊感が強く、「霊感が強い」状況が現れやすくなっているのだ。 人の8割以上が、目から入ってくる情報に頼る傾向も高くあり、心を感じる気持ちに意識が弱く、「霊感」の働きが弱まってしまうのも致し方がない話かもしれない。 「霊感」とは、心を感じる力と聞けば、多少なりとも自分自身にも、「霊感」はあると考えを改めていただける方も多く現れるのではないであろうか。 「霊感が強い」と、「占い」などが「当たる」理由、霊的な働き 「霊感が強い」と、「占い」が「当たる」話について、それは霊的な働きによる内容である。心を感じる力が強ければ、なぜ?「占い」などが当たるのか、そこが、論理的に理解できない内容でもあるであろう。 「霊感が強い」と、「占い」などが当たる理由には、3つの考え方が私なりに考えられる。 霊能力者の「江原啓之」氏の話によれば、人にはオーラがあり、オーラには、今までの個人的な情報が含まれている話をされている。 オーラとは、心のエネルギーであり、そのオーラを感じられる人の中には、人の個人情報について感じられる人もいるであろう。 「霊感が強い」と、「高次元の存在」の波長を

スピリチュアルを胡散臭いと思う心理

「スピリチュアル」を「胡散臭い」と思う心理 「スピリチュアル」を「胡散臭い」 と思う心理は、いくつかの要因が考えられる。もしかすると、この話に当てはまるとするならば、割と多くの方々が、「スピリチュアル」について「胡散臭い」と思われているかもしれない。 人の脳には、スキーマと呼ばれる、枠や図の記憶があり、それと現実世界にある内容が一致することで、物事を認識している働きがある。 例えば、目の前にコップがあった場合、頭の中のコップに対するスキーマの情報と、現実世界にある、現実世界に映っている内容が一致することで、それをコップだと認識しているのだ。 これは、現実世界にある物質のみならず、物事の考えや価値観などにも働く内容であり、これが一致しない内容に対しては、それが正しくない内容だとの判断も現れやすくなる。 つまり、「スピリチュアル」に対して胡散臭いと思う心理は、「スピリチュアル」に対して、それが正しいものだとのスキーマを持ち合わせておらず、正しく理解できない内容として、スピリチュアルを胡散臭いと思う心理も働きやすくなる。 このスキーマは、似たような内容を、強制的に枠に収める働きを引き起こす場合もあるのだ。 例えば、日本人から見て欧米人、全員が、全く1種の欧米人だと思われやすくあるであろう。ただし、欧米人からすれば、ドイツ人、イギリス人、スペイン人など、顔の表情で、区別できる場合もある。 これは、欧米人からすれば、中国人も日本人と変わらないと思われてしまう内容と似たような話である。 つまり、「スピリチュアル」を「胡散臭い」と思う心理の中には、何かしら、似た様な違う胡散臭い内容と近く、「スピリチュアル」に対して、知識を深く持ち合わせていなければ、なおさら、情報量が少なくあるため、違った情報に頼る反応が現れることで、「胡散臭い」と思われる心情も現れやすくなる。 昭和の時代は、霊感商法で騙される人の話も割と多くあったが、近年は、あまり聞き慣れなくなっている内容でもあり、特に、昭和生まれの年配の人が、「スピリチュアル」に対して「胡散臭い」と思われる心情も現れやすくなっているであろう。 スピリチュアルが胡散臭い、左脳と右脳 「スピリチュアル」が「胡散臭い」、左脳と右脳、これが、「スピリチュアル」が胡散臭いと思われてしまう主な原因かもしれない。 左脳は、言葉の組み立て、計算や論理