スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2022の投稿を表示しています

男性陣に危機的な状況について

男性陣に危機的な状況について 男性陣に危機的な状況について 、スピリチュアルから見るとその状況が今後現れやすくなってくるかもしれない。 つい最近、芸能人の方が2人、自殺された話があったが、この方々は、古い価値観の男性的価値観に縛られている人たちであった。 スピリチュアルから見ると、何も特別な話ではなく、日本の男性人には未だに男性的価値観に縛られている人々も多くいる。 スピリチュアルでは、地球の全体的なエネルギーの質が男性的優位のエネルギーから、徐々に女性的優位のエネルギーに変化が始まっている話があるのだ。 これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になる。 女性的優位のエネルギーは、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような相反するエネルギーも現れやすく、これが社会に対し二極化や矛盾、朝令暮改、波のような形として顕在化されやすくなるのだ。 男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを外に開放してコントロールする傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴がある。 物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、女性的優位のエネルギーによって変化の激しい時代の始まりである。 男性的優位のエネルギーは、目に見える物質に価値を求める傾向が現れやすく、女性的優位のエネルギーは目に見えない心に価値を求める傾向が現れやすくなるのだ。 今後、男性的優位のエネルギーが弱まってくる中で、男性的優位のエネルギーの価値観が弱まる、否定される出来事が現れやすくなる。 女性的優位のエネルギーは、心に対して価値が高まりやすく、そこに意識が薄い男性は自分自身を否定される姿も現れやすくなるであろう。 Yahoo!ニュースで、全国的にミスコンが廃止されている話が取り上げられていた。そのコメントの中には、価値観の多様性の時代において、ミスコンも価値観の1つではないかとのコメントが見受けられた。 ミスコンは、男性的優位のエネルギーによる価値観であり、全国的にミスコンが廃止されるのも女性的優位のエネルギーから見ると必然的である。 これは、分かりやすい内容であるが、日本の男性は、心に対して意識が弱く、

誹謗中傷!男性と女性の違い

誹謗中傷!男性と女性の違い 誹謗中傷!男性と女性の違い について、スピリチュアルから見ると、多少、その違いが存在する。 心理的な話で言えば、誹謗中傷は女性に現れやすくある。これは、男尊女卑的な話ではない。 まずは、異性を問わず、誹謗中傷が現れる原因から押さえておかなければならない。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなるのだ。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなる。 つまり、誹謗中傷が現れるのは、自分自身の存在感を求めて快感を求めて誹謗中傷が現れやすくなる。 自分自身に、趣味などの興味があれば、そちらに向けて自分自身の存在感を求めるものであり、誹謗中傷する人の傾向として、割と孤独なのかもしれない。 男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性よりも現れやすく、意識される自分自身の心に対しても意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性のプライド傾向もあり理解と納得がしていただけるものでは無いであろうか。 割と女性は、生涯にわたって、自分自身の価値について意識をする中で人生を全うする傾向があり、相手の価値を落として相対的に自分自身の価値を高めたい気持ちも現れやすく、これが、女性の誹謗中傷として現れやすくなるのだ。 女性の誹謗中傷は、割と、恋愛的な感情から来ている傾向も高い。 男性は、目に見

霊感が強い人が孤独な原因とは

霊感が強い人が孤独な原因とは 霊感が強い人が孤独な原因とは、 スピリチュアルから見るとその傾向が高くある。大前提として、霊感について科学的に解明されているものではなく、世の中には否定する人がいるものであり、霊感が強い人が孤独な原因として現れやすくあるであろう。 霊感が強い人が孤独な原因は、まず、多くの方が霊感について誤った考えを持ち合わせている原因として挙げられる。 ウィキペディアでも、霊感について、特別な能力だと説明されている傾向もあり、多くの方が、特別な能力だと思い込んでいる傾向も高くあるはずだ。 霊感とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 霊感とは、例えば他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな霊感の働きである。 霊能力者の、江原啓之氏は、誰にでも霊感があり、感度の違いにしか過ぎないとおっしゃっている。 ちなみに、霊能力と霊感には、違いがあるものであり、霊感を使って霊能力が発揮されるものであるが、霊感が強いからと言って必ず霊能力が開花されるとも限らない。 このような考え方もあるであろうか。 霊感の霊とは、幽霊を想起する姿も現れやすく、人は、生きる本能を持ち合わせているものであり、死を遠ざける姿から霊感が強い人が孤独な原因として現れやすくなる考え方もあるであろう。 左脳と右脳、左脳は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば目に見える現実世界を認識する力に長けており理系的な働きをする傾向がある。 右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば目に見えない心を感じる力に長けており文系的な働きをする傾向があるのだ。 本来、バランスが整っている方が望ましく人は価値を求める生き物であり、偏りも現れやすく、物事の考えや価値感に違いが現れやすくなる。 多くの方が、目に見える現実世界に価値を求める傾向も現れやすく.目に見えない心に対して価値を求める意識が弱く、心を感じる霊感が強い人にとって、孤独として現れやすくなるのだ。 ただ、現在は、インターネットの普及に伴い、霊感について、霊感がある人が情報発信し

男性のストーカー被害!女性との違い

男性のストーカー被害!女性との違い 男性のストーカー被害!女性との違い について、同じストーカー被害でも男性と女性とでは違いがある。 心理的な意味で言えば、どちらが現れやすいとは言い切れないが、女性のストーカーについても現れやすい原因がある。 まずは、男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなる。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなるのだ。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり、理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 男性のストーカーは、女性は意識したい気持ちとして現れやすくなる。 女性のストーカーは、好意を抱く男性から意識されるためにストーカーとして現れやすくなるのだ 。 心理的に言えば、女性は、意識されるための人を必要とするものであり、その結果、潜在的に女性の方がストーカーとして現れやすくなる。 ただし、女性は、価値ある姿として意識されたい気持ちも持ち合わせているものであり、女性のストーカー行為は、自分自身の価値を落とすものとして、そこに抑制力が現れやすくなるのだ。 男性のストーカー被害、男性は、世の中に意識ができる対象が数多くあり、自分自身の趣味などを意識して、気持ちの上でその状態から逃れる時間帯を作り出すことのできる。 それはそれ、これはこれと言う気持ちも現れやすく、男性のストーカー被害は、自分自身で解決する気持ちも現れやすく警察ことになることがほとんどない。 女性のストーカー被害は、常に女性自身が価値を失う姿として現れやすく、その状況から解放されるために警察に対して被害届が現れやすくなる。 そのため、公においては、女性のストーカー被害が大きく扱われやすく、男性のストーカー被害については、あまり存在しないものだと思われやすい。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一

デマを拡散する人の心理とは

デマを拡散する人の心理とは |デマを拡散する人|の|心理|とは 、について|スピリチュアル|から見ると見えてくる心理がある。ここでの話は、それが|デマ|かどうかは分から話としての話である。 なぜならば、それが本当に|デマ|かどうかは分からないものであるためだ。 過去に、動物園の虎が脱走した|デマ|があり、それが、拡散した出来事があった。これは、実際にあり得る可能性がある話であり、信じる人がいてもおかしくはない話でもあるであろう。 特に、|デマ|が広がりやすいのは、自分自身の命に関わる可能性がある話について|デマ|が広がりやすい。 ワクチン接種に対する|デマ|も、命に関わる話としての話であった。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 このストレスのエネルギーを解放する目的として、デマを拡散する人の心理が現れやすくなる。 この様な考え方もあるかもしれない。 1人で情報共有するよりも、仲間がいる方がストレスの危機に対して逃れる状況も現れやすく、人を求める心理的な力が|デマ|が広がりやすい状況を作っている考え方もあるかもしれない。 また、自分にとって大切な情報として、人に伝える役割のような気持ちも現れやすく、これが、自分自身の役割としての存在感を感じられる快感として現れやすくなっている考え方もあるであろう。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりや