スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

スピリチュアル!大地震や災害の意味は

「スピリチュアル」!「大地震」や「災害」の意味は 「スピリチュアル」!「大地震」や「災害」の意味 は、普通に考えれば、予想もつかない出来事の中で、ドミノ倒しの様に偶然に起きると考えられているのが一般的であろう。 「スピリチュアル」から見ると、違った視点で、「大地震」や「災害」が起きる関係性がある場合もあり、その点について、迷信的な内容だと思われるかもしれないが、話をさせていただく。 これは、いくつかの考え方があり、人々の心と地球の心が連動している考え方が「スピリチュアル」の中に存在する。 人々が苦しみは、地球規模での心も苦しみが現れるものであり、地球規模が苦しめば、人々が苦しむ状況が現れやすくなる話だ。 「大地震」や「災害」ではないが、現在「コロナの影響」によって、多くの方が苦しんでいる姿が現れやすくなっている。 地球においては、「地球破壊」や「温暖化」で地球が苦しんでいる状況もあり、それが、人々の心に対して反映している考え方である。 一般的に考えれば、この話について、迷信と思われてしまう場合もあるであろう。 地球には、「ホメオスタシス」と呼ばれる、ある一定のバランスを働く仕組みがあり、これはまるで、意識があるかの様な働きとして働きやすくなる。 そして、人々の肉体にも、バランスを整える、「ホメオスタシス」の力が働くものであり、全くと言って関係がない話とも言い切れない。 「スピリチュアル」、「大地震」や「災害」が起きる兆候、人々の「霊格」 「スピリチュアル」から見る「大地震」や「災害」が起きる兆候の中には、先程の話と似たような話になるかもしれないが、人々の「霊格」が背景に隠されている場合もある。 このブログでは、何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「霊格」の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。 この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも自分の心を満たすことに優先がちになりやすく、心の気づきが少ないため、考え方が幼い姿も現れやすくなる。この話も難しい話ではなく、精神的な意味

霊感を鍛えるメリットは?あなたもヒーロー?

「霊感を鍛える」「メリット」は?あなたもヒーロー? 「霊感を鍛える」「メリット」 は、あなたもヒーローの話について、ここでの話、ヒーローになるための話では無い。 「霊感を鍛える」のは、あまり望ましくない話もある中で、特別な存在になりたく、「霊感を鍛える」と、悪霊に憑依されやすくなり、人生を破滅させてしまう可能性があるためだ。 ただ、私からすると、その点にだけ注意を向けていれば、「霊感を鍛える」話について、どちらかと言えば推奨する方でもあり、その意味についても、理解していただけるかと思われる。 ちなみに、「霊感を鍛える」と聞けば、どの様なイメージをもたれるであろうか。ほとんどの方が、密教で行っている様な荒修行を思い浮かべる方もいるであろう。 確かに、神経が過敏に働きやすくなったり、肉体を弱め精神の優位性を高めることで、多少なりとも「霊感が高まる」傾向もあるかもしれない。 ただ、「霊感が強い」と言われる人々、必ず、荒修行などで身に付けた話ではなく、また、生まれつきの天性とも言い切れない。 「霊感」とは、誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考え方があり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっているのだ。 つまり、「霊感を鍛える」「メリット」とは、心を感じる力を鍛えることによってのメリットであり、「霊感」とは受け身的に現れる場合もあるが、そもそもとして、感じる意識を能動的に持ち合わせておかなければならない。 例えば、人と握手をした際に、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思われるが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きである。普通の人は、ただ握手をしただけで終わってしまうであろう。そこに意識を向け、より感じる気持ちを持ち合わせれば、それだけで心を感じる「霊感」が高まりやすくなる。 「霊感を鍛える」「メリット」、その効果の内容とは 「霊感を鍛える」「メリット」、その効果の内容とは、このブログで何度か話をさせていただいている左脳と右脳の違いから話も見えてきやすくなるであろう。 左脳は、言葉の組み立てや論理的な認識、計算など、どちらかと言えば理系的であり、現実世界を認識するのに長けた働きがある。 右脳は、音楽のリズム、直感やイメージによる認識、全体的な雰囲気など、どちらか

人間関係がうまくいかない!仲が悪い原因

「人間関係がうまくいかない」!「仲が悪い」原因 「人間関係がうまくいかない」、「仲が悪い」原因 は、一概には言い切れないが、いくつかの要因が考えられる。 この話をさせていただくために、このブログで何度も話をさせていただいている、快感原則について知っていただく必要性がある。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても、睡眠をとるにしても、用を足すにしても、少なからずそこには快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物として、「快感原則」と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば、強い存在感と強い快感も同時に感じられる話であろう。 存在感が感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の精神と肉体はお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなる。 「ストレス反応」として、「ストレス」を与えている対象に対し、攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり、心身にエネルギーも現れやすくなるのだ。 「人間関係がうまくいかない」、「仲が悪い」話の中には、どちらかが存在感を感じられず、「ストレス」を抱え、攻撃的な態度や言葉などが現れやすくなっている場合もあるはずだ。 よくよく考えてみてほしい。攻撃的な態度や言葉は、相手から存在感を奪うものであり、お互い、奪い合う中で、自らの関係が、「ストレス」をさらに増やしてしまい、「人間関係がうまくいかない」、「仲が悪い」状況が悪化する状況も現れやすくなってくるであろう。 人間関係がうまくいかない、仲が悪い原因、存在感を失うパターンとは 「人間関係がうまくいかない」、「仲が悪い」原因、存在感を失うパターンは、いくつかの要因が存在する。 先に話した、相手を罵り合う話以外にも、逆に、相手を無視することで、存在感を奪う内容などもあるはずだ。 「干支の性格判断」で言えば、意見の対立が、相反する内容として現れやすくなる場合もある。基本的に、干支の性格は、反対の干支が、反対のエネルギーとして現れやすくなる。 例えば、子年と午年、子年は、生命が小さいと感じやすく、生命を守るためのお金を大切にする傾向があり、どちらかと言えば倹約家になりやすい。 逆に、午年は、生命力が強く感じやすく、お金を使ってでも、様々な経験をしたい気持ちが現れやすく

霊感占い!その感じ方は?誰にでも出来る?

「霊感占い」!その感じ方は?誰にでも出来る? 「霊感占い」、その感じ方 は、一般の人からすると、どの様な感じ方なのか気になる方もいらっしゃるかもしれない。 「霊感占い」、実際の話として、他の人が、どの様な感じ方で占っているのか、私自身よく分からないが、多分、私自身と同じ様な方々も割と多くいらっしゃるかと思われる。 一見、「霊感占い」について、特別な人に与えられた特別な能力だと思われがちであるが、ある程度感覚を掴めれば、誰にでも、「霊感占い」を行うことができると思うわれる。 ただ、特別な人に与えられた特別な能力の話も、ある程度、必要になってくる場合もあり、これは、生まれつきの話ではなく、誰にでも、意識さえ持ち合わせれば、不可能ではない話でもある。 基礎的な話として、「霊感」について、多くの方々が、白黒の様に有る無いと思われている傾向があるが、誰にでも、「霊感」を持ち合わせている。 幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の底が全て繋がっている考え方があり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「霊感占い」について、心感占いと言っても、おかしくはない話であるが、多少なりとも誰しもが心を感じる力を持ち合わせているものであり、特別な能力として見られるためには、この名前が最適なのかもしれない。 「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、独特な雰囲気が伝わってくると思われるが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きである。 「霊感占い」、その感じ方、温泉に入っているような感覚に近いかも 「霊感占い」、その感じ方は、温泉に入っているような感覚に近いかもしれない。 温泉に入れば、温泉の空気が自分の中に漂い、温泉に浸かっている気分が漂うであろう。 温泉との違いは、それが、高次元の心や、相談者の心であり、その2つが混じり合った中で、その力に誘われ、タロットカード切るものであり、タロットカードが切り終わった後は、強いブレーキがかかるのである。 そこに相談者に伝えるべきメッセージが含まれている、感覚の伝わる中で、そこに、カードに対する信頼感も現れやすくなるのだ。 温泉の様な感じ、人々が集まり、気まずい雰囲気の中で、誰も一言も話さない状況にある場合、何かしら重たい空気を感じる場合もあるのでは無いであろうか。 それ