スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

そもそも霊感とは何?霊感についての勘違いとは!

・ 霊感とは何 霊感 勘違い / 霊感って何 (主.キーワード)  そもそも霊感とは何?霊感についての勘違いとは!  そもそも 「霊感とは何」 ?についての「霊感」は、多くの人が、特別な能力の才能など、一般の人には身につけられていない、特別な能力と思われてる人がほとんどではないだろうか。 江原啓之氏もおっしゃるように、「誰にでも霊感はあり」、江原啓之氏は、その強さをパーセンテージの違いだと紹介されている。 とは言っても、霊感が無いと思われてる人は、自分自身に無いと自覚している意識も強く、「霊感についてのイメージを持てない」場合もあるであろう。 「霊感について何」は、そもそも霊感とは何?と思われてしまいやすい背景として、霊感とは、特別な能力として切り離すため、分りづらい内容でもあり、霊とは、幽霊の様な特別な存在ではなく、幽霊も、心があるため、「心を感じる力」だと考えれば、分りやすい内容ではないであろうか。 誰にでも、心を感じる力はあるものであり、霊感が無いと思われてる人も、多少なりとも自分自身には、霊感があるのではと思われる人も増えると思われる。 大人と比べると子供の方が、「霊感が強い」という話もあり、幼少の頃を思い出せば、今現在よりも、母親や父親、大人の温もりを強く感じられていた場合もあるであろう。 霊感があるという人は、大人になっても、その状態を維持し続け、それを「強く感じられる人」であり、感覚としてのメッセージを受け取る中で、霊的な力が表に現れやすくなる。  霊感について何は、天然と呼ばれる人が、霊感が高い人も割と多い  そもそも「霊感とは何?」と思われる人にへの、参考になるのが、「天然と呼ばれる人」である。天然と呼ばれる人は、常識外れで、自分達とは違った存在、馬鹿だとレッテルを貼る人もいる。天然の人は、霊感が高く、様々な心を感じやすく、それが直接言葉として表に現れる場合もある。 心とは、様々な心があり、一般の人は、仮面を被って社会に適応しようとする場合もあるが、必ず本音と、社会に向けての建前が一致してるとも限らない。 天然の人はその本音も感じやすく、社会に適応するための仮面ではなく、人々の感じた本音が表に現れやすいため、残念な事におかしな存在だと思われてしまう場合もある。

霊的な意味でのパワースポットが存在する理由は

・ パワースポット / 存在理由 (主.キーワード)  霊的な意味でのパワースポットが存在する理由は  「パワースポットが存在する意義」 は、実際の話、私自身科学的に調べた内容ではないため、私自身の勝手な独断偏見の意見として話をさせていただきたい。 この内容は、私自身が生きてきた中で、得た知識や、実際の経験から予測する話でもある。そのため、絶対的な内容としてではなく、そういう考え方もあるのではないかと思われる中で考えていただければ幸いである。  パワースポットの存在は、臨死体験者からの話から見えてくる内容  パワースポットの存在は、臨死体験者の話の中に、自分自身が病棟で寝ている姿を横から見ていたり、自分自身を手術している様子を見ている話などもある。 臨死体験者がいる世界とは、物理的な世界から確認が出来ない内容であり、物理的な世界では無く、違った世界にいる可能性などもあるであろう。 実際私自身、金縛りにあったこともあり、金縛りにあい見える世界は、現実と変わらない世界でもあったのだ。 金縛りにも色々あるかもしれないが、起きてる状況で体が動かなくなるのではなく、まるで、夢から覚めるかの様に、現実の世界に戻る状態でもあった。 再現ドラマで、先祖が夢にあらわれた場合、寝ている部屋に現れ、その状況から、目が覚める状況と同じである。 つまり目で見てるのでは無く、違った内容で見ていると言う事でもあろう。オカルト的な話になれば、その世界は、幽体で見ている話なども存在する。 臨死体験ではないが、幽体離脱をして見える世界も、現実と変わらない世界を見ている状況でもある話しも存在する。 外国の美術の先生だった方が、臨死体験をされ、神々にあった話が動画で紹介されていた。その方は、自分の人生を映像で見せられ、考えている内容も見抜かれ、人を騙して生きてきた自分が恥ずかしくなり、臨死体験後は、心を入れ替え人々のために働く決意をされたそうだ。 そしてこの方は、神々にある質問をされた。なぜ、神々は人を創造したのか? 神々は、神々の庭を作るために人を創造したと説明されていたのだ。 神々がいる世界は、この地球上では無く、別の次元であり、理解しがたい話でもあるであろう。 元、臨死体験者(動画

霊感タロットとタロット占いの違いは?何が違う?

・ 霊感タロット / タロット占い / 違い (主.キーワード) 霊感タロットとタロット占いの違いは?何が違う? 「霊感タロット」と、「タロット占い」の「違い」 は、「タロットカード」を扱う意味で、霊感タロットもタロット占いも、全く同じ内容である。従来においては、霊感タロットという言葉が存在せず、近年、使い始められた言葉でもあろう。 何に違いがあるかと言えば、霊感を使っての「霊感タロット占い」という意味であり、従来からも、霊感を使ってのタロット占いは、存在した。 では、なぜ、近年になって、タロット占いから「霊感タロット」と言う言葉が扱われるようになったか。 インターネットの普及に伴い、現在は、様々な人が容易に、様々な情報を知れる時代でもある。「タロット占い」そのものは、知識さえ身に付ければ、占いそのものは可能であるため、中には、未来を言い当てる力が無くても、占いとアドバイスに長けた話術で、相談をされてる人もいる。 私からすれば、アドバイスに長けた人も多少霊感が高く、相談者に必要なアドバイスを直感的に得て、相談に応じられてる人もいるであろう。 ただし、霊感が強い人中には、霊的な力にプライドを持ち合わせてる先生もいる中で、話術に長けているだけの占いでは無い事を示す目的として、「霊感タロット」という名前を扱っているとも思える。 何よりも、時代の変化が、霊感タロットと名前を名乗りやすくなった背景が大きな所でもあるであろう。 従来のテレビ番組は、現在でも多少見られる傾向はあるが、霊的な内容と言えば、怖く暗い演出がよくなされていた。 霊感がありタロット占いで相談に応じる女性としては、悩みを解決する目的として、人々に華やかなイメージを持ち合わせてもらいたかった思いなどのあるであろう。 従来は、極力、霊感という言葉は、避ける傾向にあったが、現在は、従来よりも「霊感について肯定的に受け入れる人々が増えてる」中で、「霊感」という言葉を使い始めた姿などもある。 現在でも見られる傾向であるが、霊能力を持ち合わせておきながら霊能力者と言われる言葉に抵抗感がある人の中には、占い師として相談に応じられてる人も割と多く存在する。 霊的な力について、受け入れる人々が少ない時代においては、霊視などの力について、

霊視が存在する意味と意義は、奥が深い話かも

・ 霊視 / 存在 (主.キーワード)  霊視が存在する意味と意義は、奥が深い話かも  霊視の存在意味や存在意義 は、不思議に思われてる人もいるのではないであろうか。なぜならば、未来は必ず訪れるものであり、それを知った所で、人類に対してそれほど価値は無く、なぜ存在してるのか、その意義について疑問に思われる人もいるはずである。 人間の体の細かな仕組みには、それなりの意味や意義がある。人間以外にも、自然界の働きにも意味や意義がある。 ちなみに意味とは、役割であり、意義とは、価値のある内容を表した言葉である。意味があるものの中には、それほど大きな価値が無いのもあり、意義とは、多くの人にとって利益になる内容を表した言葉でもあるであろう。 霊視とは、この宇宙空間の中、地球上の中に存在する力であり、力の役割として、ただ未来を言い当てるパフォーマンスだけでは無く、それなりの意味と意義のある力だと考える。  霊視の意味や意義を考えるきっかけとなった、金縛りから見える世界とは  霊視の存在意味や存在意義は、このページの内容を記載しようとしたきっかけについて、過去に起きた自身の金縛りの体験からである。 私自身過去に、何度か、金縛りにあった経験があるのだ。ちなみに、私が体験した金縛りは、体が全く動かない内容では無い。 金縛りの話で有名なのは、体が全く、動かない話として有名でもあろう。私の体験した金縛りは、首から下の感覚が全く無いのだ。 感覚が全く無いと言うよりも、まるで首が切られてしまい、顔だけの存在になってしまった様な状態である。 体に力を入れても力が入らないのでは無く、意識しようとするからそのものが無い状態でもあった。 声を出すこともできず、頑張って声を出すと、自分の声ではない異様な声が口から出てしまうのだ。 年齢がばれてしまうかもしれないが、その声は、昔流行ったラジカセの、テープが伸びた、ぐしゃぐしゃになった時の声に近い。まるで幽霊の、う〜、あ〜 などの様な声である。 力一杯出した声が、その様な声が、自分の声として聞こえてくるのだ。 幽霊を見て怖いと思う人もいるが、私の中ではその声が、もっとも自分自身の中で怖いと感じた体験でもあった。 初めての時の経験は、この

人間関係の難しいは、考えさせられる話しについて

・ 人間関係 / 難しい 主.キーワード) 人間関係の難しいは、考えさせられる話しについて 人間関係が難しい は、私自身ある動画を見て、そう感じられるに至った次第である。つい最近このブログにおいて、人間関係で苦手は、仕事や恋人づくりに効果的なアドバイスをタイトルとして、書かせていただいたが、もしかすればこのブログのタイトルは、その内容とは相反する内容になるかもしれない。 そのため、人間関係とは難しいと、考えさせられるのである。  人間関係が難しいは、ある隣人同士の人間関係による事件  人間関係が難しいは、私自身、感じさせらた動画がある。私自身ある動画を見た内容は、アンビリバボーと呼ばれる動画の、隣人同士のトラブルの話であった。結論から言うと、トラブルと言う程度の話では無く、殺人まで行った話である。 この動画は現在拝見できるが、いつ削除されるかわからないため、その話を簡単にさせていただこう。 2つの家庭は、同じ時期に新築住宅を購入し、旦那の勤務先が同じ職場だと言う、全く偶然の家庭同士だった。子供も同じぐらいの年齢の子供もいいるため、当初は中の良い家庭でもあったのだ。 2つの家庭の家には壁が無く、奥さん同士家を行き来する間柄でもあった。 その中の良さは近所でも評判であり、誰もが羨ましがる、家庭のあり方でもあったのだ。 ただし片方の奥さんは、足を運んだ隣の家に対して頻繁に家に居座る時間帯も長く、昼食も食べて帰る場合もよくあった。 別の近くの近所の奥さんが、よく足を運ばれさせられていた奥さんに対して、あなた近いうちに親戚の集まりがあるのでしょうと、誰も知らない情報を知って驚いた。 その情報は、よく足を運んでいた奥さんからの情報であり、その奥さんは、勝手に郵便受けの手紙を拝見し、親戚が集まる情報を把握されていたのだ。 その事に怒った足を運ばれた方の奥さんは、もう二度と家に来ないこととして、強く注意を促された。 郵便内容を確認し、足を運んだ奥さんの方は、一応謝ったが、2人の争いはそれから始まった。 片方が庭を整えると、もう片方も整え、マイカーを購入すれば、もう片方も、マイカーを購入する争いでもある。 話し声が聞こえるため、それが気になり、注意などをするが、