スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2022の投稿を表示しています

自己肯定感を求める人々!スピリチュアル

自己肯定感を求める人々!スピリチュアル 「自己肯定感」を求める人々、「スピリチュアル」 から見る話として、「アメーバニュース」でこの話が過去に取り上げられていた。 番組内では、「 自己肯定感 」を意識するそのものが「 自己肯定感 」がないものであり、「 自己肯定感 」を持つ人はそもそもそのような意識を持たない話をされていたのだ。 ただ、「 スピリチュアル 」から見ると、「 自己肯定感 」を意識する人々が現れやすくなるのも当然だと思われる。 九州のある先生、学級崩壊を立て直した先生の話がある。その先生は、派遣された当初、子供たちに、一人一人自己紹介をする取り組みを行わさせた。 ところが、周りの目線を気になり、誰1人、自己紹介をすることができなかったのである。そこで、この先生は発想を変え、子供を毎日1人、教壇に立たせ、その子供の良い点を一人一人言葉にする取り組みを行った。 また、授業内容によっては、好きに子供たちを移動させることを行い、分からない子供は分かる子供から教わる取り組みを行ったのだ。 この教室は、学級崩壊が立て直されたのみならず、絆が高まり、学業の成績も高まった話でもあったのである。 この内容は、この先生にとっての特別な内容であるが、ほとんどの多くが周りの姿が気になる姿として大人へと歩んでいる可能性もあるであろう。 自分自身を肯定してくれる人が、現れにくく、中には、勉強の点数だけが自分の「 自己肯定感 」を感じられる内容の方もいるであろう。ただし、成人すれば、テストの点数など周りと競争する姿も現れにくくなり、自分自身の存在感が見失いやすい「 自己肯定感 」に対して意識が高まりやすくなるのも当然だ。 「自己肯定感」を求める気持ち、「霊格」について、「スピリチュアル」 「自己肯定感」を求める気持ち、「霊格」について、「スピリチュアル」から見る見える話がある。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精

中絶について、スピリチュアル的な意味は?

「中絶」について、「スピリチュアル」的な意味は? 「中絶」について、「スピリチュアル」 的な意味は、この話について、「 スピリチュアル 」を語っている人々の中でも、全ての出来事をした中で子供が生まれてくるものであり、「 中絶 」を覚悟の上で子供が生まれようとしている話をされている内容がある。 これを全面的に受け入れるとすると、「 中絶 」することに対し抵抗感が現れない人々も現れやすくなるであろう。 私が持つ、「 スピリチュアル 」の価値観からすると、子供は生まれてきたい気持ちでいっぱいであり、自分自身が「 中絶 」されることについて知らないものでもある。 霊能力者の「江原啓之」氏も、「 中絶 」について、あまり望ましくない話をされている。 ただ、子供が「 中絶 」されることに対し、それを知っている存在がいる。それが、「高次元の存在」である。 この話をさせていただく前に、この話も知っていたほうが良いかもしれない。 「霊感」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり「心を感じる力」である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きである。 つまり、霊的な世界とは心の世界であり、心の働きについて価値を置いている世界でもある。 「中絶」について、「魂の成長」、「スピリチュアル」 「中絶」について、「魂の成長」、「スピリチュアル」から見る考え方がある。 「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格」が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の「心」が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 心の成長である「霊格の成長

霊感タロットって何?スピリチュアル

「霊感タロット」って何?「スピリチュアル」 「霊感タロット」って何?「スピリチュアル 」から見る話をさせていただくが、「 霊感タロット 」と言う言葉、従来はなかった言葉である。 言葉の意味としては、「 霊感 」を使った「 タロット占い 」であるが、従来なかったものが、現在、現れているにはそれなりの理由があるためだ。 「 タロット占い 」そのものは、素人でも学ぶことができるものであり、「 タロット占い 」そのものの知識を持ち合わせている方々は割と多く存在する。 従来は、占いと言えば、「東洋占い」の易占いや四柱推命を扱った占いがメインであったが、「江原啓之」氏の現れにより西洋占いの「 タロット占い 」が世の中に需要として高まっていた姿がある。 「江原啓之」氏は、従来まで怖く扱われていた霊的な内容に対する意識を払拭するために、番組内で華やかな演出を心がける姿を行った。 タロットカードは、どちらかと言えば華やかな絵柄で描かれているものであり、霊的な内容が明るく受け入れられてくる中で「 タロット占い 」に対する需要も高まっていったのだ。 当時の占いは、先にも言ったが「東洋占い」が主流であり、西洋占いは、マイナーな占い、少し幼稚的な1部の人にしか受け入れていなかった占いでもあった。 インターネットの普及もあり、絵柄は分かりやすく、人々のイメージの認識にもマッチしやすく、素人でも絵柄の意味だけを知る知識を得ることも容易であり、占いの真似事ができる人々も現れやすくなったのだ。 もちろん、「 霊感 」を持つ方々が「 タロット占い 」を行っていたものでもあり、ただし、素人の占いもある中で相談者からすると区別がつかず、区別を持つ意味として「 霊感タロット 」と言う肩書きが現れ始めたのである。 「霊感タロット」の「霊感」について、「スピリチュアル」 「霊感タロット」の「霊感」について、「スピリチュアル」から見るとその見え方が存在する。 「霊感」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり「心を感じる力」である。 心の奥底が全て繋がっているものであり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「 霊感 」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな「 霊感 」の働きだ。 つまり

霊格が低い人がさらけ出す時代!スピリチュアル

「霊格が低い」人がさらけ出す時代!「スピリチュアル」 「霊格が低い」人がさらけ出す時代!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、昨日、沖縄において警察官と少年が接触事故を起こし、少年の右目が失明した出来事があった。 警察署にクレームを入れる若者が、400人ほど集まり暴力的な行為を行った出来事でもある。 コロナの影響もあるが、割と、従来と比べれば他人の行動が気になる状況が現れやすくなっていると思われないであろうか。 鉄道内での事件もあり、今まで気にならなかった他人の行動に対し警戒心が現れている方もいるであろう。 「 スピリチュアル 」から見れば、大きな力として必然的な力が働いているものであり、今後、さらに霊格が低い人々が社会的な内容として取り上げられる傾向も増えてくると考えられる。 現在においては、個別的な事件として扱われている傾向があるが、なぜ、そのような人々が現れるのかに意識が高まるまで、社会に弊害を与える人々が現れやすくなる可能性もある。 「 スピリチュアル 」では、大きな変動期に来ている話があり、従来の価値観が正しい、この価値観に立っている方はそれが崩れ去り、精神的な意味で「ストレス」も現れてくる場合もあるであろう。 「 スピリチュアル 」の価値観は、欧米で受け入れている傾向があるが、日本においては、どちらかと言うとマイノリティーの陰謀論者のような扱いでもあり、自らが霊格が低い自覚がない中で、欧米から取り残されてしまう可能性もあるかもしれない。 「霊格が低い」人がさらけ出される時代、「霊格」とは、「スピリチュアル」 「霊格が低い」人がさらけ出される時代、「霊格」とは、「スピリチュアル」 から見ると当たり前の話であり、されど、この当たり前の話について気づかない方々が多くいる。 「魂の成長」、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「 霊格が低い 」とは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」

ガイヤの法則と淡路島!スピリチュアル

「ガイヤの法則」と「淡路島」!「スピリチュアル」 「ガイヤの法則」と「淡路島」!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 スピリチュアル 」やオカルト業界、都市伝説の中では、「 ガイヤの法則 」から「 淡路島が世界の中心 」になる話がある。 この話は、東洋思想の「陰陽」の法則にも通じる話であり、全く迷信とも言い切れず、私からするとその可能性が高いと考えている次第でもある。 「 ガイヤの法則 」については、細かい話まではしないが、YouTubeで都市伝説で有名な、「なおきまん」さんの動画に説明されているため、興味がある方はそちらを拝見されると良いであろう。 「 ガイヤの法則 」は、「千賀一生」さんと呼ばれる方が体験した話の中での法則である。この方は、文明の始まりだとされているシュメール遺跡に足を運んだ際、トランス状態に合い、ある幻覚を体験された。 その体験とは、シュメール神殿の中、神官と出会い、世の中の法則について伺った話である。 文明は、始まった当初から既に滅びる姿も決まっている。文明の歴史は、1611年を一単位とし、約半分の800年を昼間の時代、残り800年を夜の時代としての考え方があるそうだ。 シュメール遺跡を拠点に、西に発展する、東に発展するが交互に現れ、徐々に離れた場所に文明が現れるとの話である。 そして、西に発展する内容に「目に見える物質」的文明が発達しやすく、東に発展する内容が「目に見えない精神」的な内容が発展していく法則であるのだ。 そして、次の場所が、「 淡路島 」であり、「 淡路島が世界の中心 」になる可能性が「 スピリチュアル 」的に存在する。 「ガイヤの法則」と「淡路島が世界の中心」になる理由、「スピリチュアル」 「ガイヤの法則」と「淡路島が世界の中心」になる理由、「スピリチュアル」から見る見方がある。 一般的に考えれば、ただの島であり、交通の便もそれほど良いとも言い切れず、世界の中心になるとは誰も考えてないものでもあるであろう。 日本神話の中には、男性の神である「イザナギ」と女性の神である「イザナミ」が共同で初めて作ったのが「 淡路島 」との話があるのだ。 日本神話には、自然に心が宿る考え方があり、精神的な内容として「 ガイヤの法則 」の東側に精神的な文明が発達しやすい話にも通じる話である。 「魂の成長」、このブログでは何度