スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

霊感って嘘では?そもそも霊感の存在は?

・ 霊感 / 嘘 (主.キーワード)  霊感って嘘では?そもそも霊感の存在は?   霊感の嘘 は、霊感はただの思い込みや、存在そのものを否定してる人もいる。科学的に解明されていない内容であるため、多くの人が共通して確認できず、霊感って嘘では、や、思い込みだと思われてしまうのも致し方がない話かもしれない。 霊感という言葉は、魔法のような言葉として見られてしまう場合もあり、私自身、このブログで、霊感について扱っているため、霊感についての話をさせていただきたいと思う。 霊感の嘘は、少し勘違いされてる人もいるかもしれない。霊感とは、特殊的な能力だと思われがちであるが、人の精神に特別な能力が加わった内容では無い。 過去の霊能力者であった、ルドルフシュタイナーは、誰にでも霊感は持ち合わせているものであり、教育次第で、その能力を高めると言葉を残されている。その内容が、シュタイナー教育であり、特定の学校の中には、シュタイナー教育として、教育に取り入れている学校もある。 霊感の嘘は、幽霊をイメージしがちであるが、霊とは、心であり、心を感じる力でもあるのだ。 霊感ついて嘘だと思われてる人の多くは、霊感を物として考えてる傾向も高く、心を感じる力だと言えば、ある程度は理解しやすいのではないであろうか。  霊感の嘘は、人が、ロボットでは無く、世界に心は存在する  霊感の嘘は、極端な考え方の中に、心などは存在しない、人間は機械的なロボットであり、いずれ人は亡くなれば、存在そのものが消えてなくなると考えてる人もいるであろう。仮にそれが事実であり、消えて無くなるのであれば、生まれて来る意味も無く、世界を発展させるには効率的ではない。 実際にロボットを作り、そのロボットに様々な経験をさせ、半永久的に動かした方が効率的でもあろう。 効率的では無いとは、常にわざわざ赤ちゃんから、初歩的な知識を学ばさせるのは、効率的ではないという意味である。 霊感の嘘は、自然の産物に目を向ければ、誰かしらが考えた形の産物もあり、心のあるものが、世の中を創造させたのは、多くの人が認める内容ではないだろうか。つまり、世の中には、心があり、心を感じるための霊感があってもおかしくはないであろう。 世の中を作った心は、目で見

女性心理から見た、男性心理への会話の内容

・ 女性心理 / 男性心理 / 会話の内容 (主.キーワード)  女性心理から見た、男性心理への会話の内容  男性心理での会話の内容 は、基本的な女性心理と男性心理の違いについて押えておいた方が良い。私自身、過去には霊感占い師として、人の相談に応じていた過去もあり、相談者の多くは女性であったため、女性の方がプラスになる様な視点に立って紹介させていただく。 この話は何度も、このブログ内で説明させていただいているが、男性の心理は、意識されたい気持ちよりも意識したい気持ちが強く、逆に、女性の心理は、意識したい気持ちよりも意識されたい気持ちの方が高い傾向にある。 この相反する内容は、磁石の様に働きやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのだ。この心身は、商用目的とて利用されている。コンビニに置いてる本などは、女性向けには、意識されるための自身を着飾るファッション雑誌が置いており、男性向けには意識して楽しめる電化製品やコレクションなどの本が置かれているであろう。意識して楽しめる内容の中にはマンガなどもあり、男性心理を押さえた内容でもある。  男性心理への会話の内容は、他人をけなす会話内容には要注意  男性心理への会話の内容は、ファッションに関わる内容に興味を持たれる場合もあるかもしれない。女性の中には、価値を高める目的として自身に意識を向けさせために、他人を批判するような言葉を発する人もいるであろう。 女性が女性への会話であれば、お互い価値を高める満足感の中で、楽しめるかもしれない。男性心理は、批判的な会話は、それほど興味も高くなく、快感も強くなければ、意外にも苦手な人も多いであろう。 男性心理への会話の内容は、男性自身、社会の組織で働くのが一般的であり、組織を健全化させたい気持ちが割と強い傾向にある。他人の愚痴などは男性でも吐く人はいるが、男性からして女々しく見られてしまう場合もある。 コンビニで例えれば、意識したい電化製品の本やコレクションの本が汚れていれば、手に触りたくないものであり、他人への愚痴は、意識したくない内容でもあるはずだ。 組織を組み立てたり組織を健全化させるためには、理性としての論理的な思考も必要とするであろう。男女差別と言われるかもしれないが、男性は、女性よりも本

霊感の感じ方は?霊感の体験談からの話し

・ 霊感 / 感じ方 / 体験談 (主.キーワード)  霊感の感じ方は?霊感の体験談からの話し  霊感の感じ方 は、一概には言い切れないかもしれない。占い師になりたく、霊感ついて調べてる人もいるであろう。あくまでも私の体験談として、参考にしていただければ幸いである。 霊感の感じ方は、昔に比べると、霊感は落ちてるかもしれないが、私の場合は、霊感が高まってる場合は、温泉に浸かってる様な感覚を感じる場合もある。そして、感覚的に言えば、温泉の成分を読み取る様なイメージであり、その成分に、必要なメッセージが含まれてる場合もある。 初めの頃は、それを伝えると、相手の方が驚かれる場合もあるのだ。相手を驚かせる為に伝えたのではない。相手が驚かれる姿を見て、私自身も驚くのだ。 後に私自身が考えた中で、この様な内容かもしれない。温泉に浸かる様な、体全体的に感じる内容は、右脳が働きやすくなる可能性も考えられる。スピリチャルで言えば、右脳はあの世と繋がってるとも言われ、霊感が高まってる時は右脳が働きやすい話も存在する。 霊感の感じ方は、ただし、私自身が霊感が高まってる時に、違った内容も存在する。それはまるで頭に矢が刺さったかの様に、情報が直接頭の中に入ってくる時もあるのだ。頭の表面ではなく、感覚的に言えば、外から直接頭の中央に情報が送られてくる様な感覚である。 客観的に働いてる内容であるため、自分自身で考えている思考ではないと自覚できる場合もある。例えば夢を見てる場合、他者の存在を自覚できるのと、同じ様な内容だ。ただし、情報だけが流れてくるため、他者の存在の確認はできない。 霊感の感じ方は、目隠しにあって、誰かが耳元で話しかけている姿に近いかもしれない。 私自身、親が彫刻家でもあり、芸術的な内容に興味がある。過去には、デッサン教室に通っていた時代もあった。  霊感の感じ方は、磁石に引き付けられる様な感じ方  霊感の感じ方は、デッサンしている時であるが、まるで、磁石に引っ張られるように、手が勝手に動く場合もあった。手が自動的に動く内容ではなく、鉛筆の先が磁石に反応してるような感覚であり、それに引き付けられて従って描いていく様なイメージだ。 霊感の感じ方は、 時に、背後に誰かがいる様に感じられる場