スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2022の投稿を表示しています

結婚しない!独身の是非!スピリチュアル

・ 「 結婚しない スピリチュアル 」・「 ガイアの法則 淡路島 」・「 スピリチュアル 本当の意味 」・「 夫婦喧嘩 スピリチュアル 」・「 金縛り体験談 」 (お勧め外部記事) 「結婚しない」!独身の是非!「スピリチュアル」 「結婚しない」!独身の是非!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、現在、「価値観の多様性」が受け入れられている時代でもあり、「 結婚しない 」のも選択肢の1つとして挙げることができるであろう。 「 結婚しない 」、独身をつき通すのも1つの選択肢であるが、「 スピリチュアル 」から見るとその是非について考えさせられる話がある。 霊能力者の「江原啓之」氏の番組に、ある、相談者からの話がある中で、先祖からの言葉としてしっかりと管理されていないお墓があり、しっかりと管理してほしいと依頼者に話していた姿があった。 「 結婚しない 」、独身を突き通す人の中には、人が死ねば消えてなくなるものであり、自分の人生を自由に生きたいと思われている方もいるはずだ。 亡くなった後に、先祖との出会いがあった場合、しっかりと受け止めることができるであろうか。 また、他にも亡くなった人がいる中で、現世を見渡した場合、しっかりとお盆など先祖を意識してくれる人がいる姿もあれば、自分自身が意識してくれる人がいないその姿についてどう思われるであろうか。 宿命を背負って結婚しない人もいることであるが、ただただ、自分自身の欲を満たすだけに意識が高い姿であれば、自分自身の生き方に対して後悔が現れる可能性もあるであろう。 「結婚しない」、独身の是非、「魂の成長」、「スピリチュアル」 「結婚しない」、独身の是非、「魂の成長」、「スピリチュアル」から見るとこの話が大きな話として挙げられる。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先

道路族に対するストレス!スピリチュアル

・ 「 ガイアの法則 淡路島 」・「 令和 スピリチュアル 」・「 左肩が痛い スピリチュアル 」・「 出会いと別れ スピリチュアル 」・「 江原啓之 亀裂 」 (お勧め記事) 「道路族」に対する「ストレス」!「スピリチュアル」 「道路族」に対する「ストレス」!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 道路族 」と言う言葉をご存知であろうか。 「 道路族 」とは、道路で遊びまわる子供の姿を現した言葉であり、時と場合においては、外にある花瓶を割ったとしても気にしないで遊びまわる子供の姿の言葉である。 また、時と場合においては、夜中の遅くまで声を出してまで遊びまわる子供もいる話もあり、ご近所の人々が「 ストレス 」を抱えている状況もある。 ただ、昭和の時代は、ここまでとは言わなくても、子供は外で遊びまわるのが当たり前であり、逆に、外で遊び回らない子供の方が心配されていたものでもある。 昭和と現在においては、大きく違う姿が現れやすくなっている。子供の犯罪のニュースが広がることによって、子供外で遊ばせる親が減っている傾向にあるはずだ。 また、ゲームの普及によって、外で遊びまわるのではなく自宅でゲームをする子供達も増えていたことであるであろう。 「 道路族 」に対する話については、特にお年寄りの子供時代の年代は、インターネットが普及する以前の子供であり、外で遊びまわるのが当たり前である中で、注意するのが矛盾として考えることもできるであろう。 ただ、「 スピリチュアル 」から見ると、この「 道路族 」に対する「 ストレス 」が現れるのも分からない話でもない。 「道路族」に対する「ストレス」、「ストレス」とは、「スピリチュアル」 「道路族」に対する「ストレス」、「ストレス」とは、「スピリチュアル」から見る見方がある。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言でもなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり

声が出ない!その考察!スピリチュアル

・ 「 声が出ない スピリチュアル 」・「 ガイアの法則 淡路島 」・「 スピリチュアル 本当の意味 」・「 毒親 スピリチュアル 」・「 子育て スピリチュアル 」 (お勧め外部記事) 声が出ない!その考察!スピリチュアル 「声が出ない」!その原因!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、私は、医者ではないため、ここでの話はあくまでも「 スピリチュアル 」から見た話である。 インターネット上には、「 声が出ない 」原因について、好きな人の本心が「 声が出ない 」話をして見受けられる。 確かに、その傾向があるかもしれない。 ただ、「 スピリチュアル 」から見ると「 声が出ない 」原因は、違った姿としても見受けられる。 当たり前の話として、声を出すには、それなりの神経が必要であり神経が持ち合わせていなければならない。 現在は、インターネットの普及と社会のコミュニティーが弱まっている状況において直接、人を通して会話をする姿が減っており、神経が劣ることによって「 声が出ない 」人々が増えているかもしれない。 また、現在コロナの影響によって、マスクが推奨されているものであり、直接、会話をする姿も従来よりも減っていることであるであろう。 職業によっては、例えば工場の流れ作業などではあまり人と声を交わす姿がない職場、一人暮らしの人の中には、ほとんどは誰とも声を交わさずに人生を歩んでいる人もいるはずだ。 AIの普及は、直接人間が会話をする状況を奪う可能性も考えられる話であり、これが原因によって、神経が衰え「 声が出ない 」人々も現れやすくなってくるかもしれない。 「声が出ない」、その原因、「ストレス」について、「スピリチュアル」 「声が出ない」、その原因、「ストレス」について、「スピリチュアル」から見るとこの話がよくある話として挙げられる。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく人の肉体と精神はお互い影響与え

夫婦喧嘩が疲れた中身!スピリチュアル

・ 「 夫婦喧嘩 スピリチュアル 」・「 ガイアの法則 淡路島 」・「 スピリチュアル本当の意味 」・「 プーチン大統領 スピリチュアル 」・「 左肩が痛い スピリチュアル 」 (お勧め外部記事) 「夫婦喧嘩」が疲れた中身!「スピリチュアル」 「夫婦喧嘩」が疲れた中身、「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 夫婦喧嘩 」のみならず、喧嘩にはエネルギーを使うものであり疲れた状況が現れるものでもあるであろう。 ここでは、少し細く、「 夫婦喧嘩 」が疲れた中身について話をさせていただく。 どちらの方が、「 夫婦喧嘩 」が疲れた状況が現れやすくなるかは、一概には言い切れないが、「 スピリチュアル 」から見るとその見方が存在する。 まずは、「 夫婦喧嘩 」が疲れた基本的な話からさせていただく。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに快感が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言でもなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのだ。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなる。 もちろん、家庭内では逃げることができないため、お互い、「攻撃」的な「 夫婦喧嘩 」として現れやすく、お互いの存在感を削り合うことによって「ストレス」が現れ、そのエネルギーが心身を疲れさせる姿として現れやすくなる。 「夫婦喧嘩」が疲れた中身、「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」 「夫婦喧嘩」が「疲れた」中身、「男性心理」と「女性心理」の違いによって「スピリチュアル」から見ると多少の違いが見受けられる。 男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなる

毒親が最も多い時代?スピリチュアル

・ 「 毒親 スピリチュアル 」・「 ガイアの法則 淡路島 」・「 プーチン大統領 スピリチュアル 」・「 スピリチュアル 本当の意味 」 ・「 ADHD スピリチュアル 」 (←お勧めPR記事) 「毒親」が最も多い時代?「スピリチュアル」 「毒親」が最も多い時代?「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、もしかすると、現在が最も「 毒親 」が多い時代かもしれない。 特に、日本においてはその傾向が高くある可能性も考えられる。 従来の子供達は、外で走り回って遊ぶ姿があり、親も他の子供もいる中で自分の子供の立ち位置について把握できる環境があった。 現在においては、その傾向が減っている状況において、疑心暗鬼な気持ちの中教育虐待のような毒親が増えている可能性が考えられる話である。 ウィキペディアによれば、子供の人生を支配し、子供に悪影響を及ぼす親と説明されている。 もしかすれば、「 毒親 」とは、大人になりきれていない子供の様なものであり、「アダルトチルドレン」と呼ばれるような病気的な考え方もあるかもしれない。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなる。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、「 毒親 」とは、自分自身の存在感を求める親のエゴ、ただ「快感」を求めたいだけの話として「 毒親 」として現れやすくなる。 「毒親」が最も多い時代、「魂の成長」、「スピリチュアル」 「毒親」が最も多い時代、「魂の成長」、「スピリチュアル」から見るとこの話が大きな話として挙げられる。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つ

淡路島にある力とは?スピリチュアル

・ 「 ガイアの法則 淡路島 」 (主.キーワード関連記事) 「淡路島」にある力とは?「スピリチュアル」 「淡路島」にある力とは?「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 スピリチュアル 」の世界では「 淡路島 」に注目が集まっている話がある。 また、人材派遣会社の「パソナ」が、本部の1部分を「 淡路島 」に移し、「パソナ」を中心に「 淡路島 」で開発がされている話があるのだ。 「 淡路島 」と言う場所は、経済的な土地柄で言えば、決して良い場所にあるものではない。 大阪に出るにあたっても、兵庫県を経由しながら足を運ぶ必要性があり、また、台風などの影響によって本土と遮断される可能性もある。 何よりも、人材派遣会社は、人を派遣する会社でもあり、人が多く集まっている場所に本社や支店などを構えるのが常識的な考え方でもあるはずだ。 観光地として「 淡路島 」を開発するとしても、大阪などの都会から足を運ぶのに不便な地域でもある。 「パソナ」の社長さんの話によれば、会社がリモートワークを推奨している状況において、田舎でも可能である話をされている。 また、東京だと密になりやすいものであり、現在コロナの影響によるソーシャルディスタンスがとられている中、淡路島であれば、容易に間隔をあけることができる話をされている。 ただ、この話について、何も「 淡路島 」でなくても良い話であり、関東にアクセスが近い長野県などの場所でも良い話でもあるであろう。 「淡路島」にある力とは、「ガイアの法則」、「スピリチュアル」 「淡路島」にある力とは、「ガイアの法則」、「スピリチュアル」から見るとこの法則について考えさせられる話だ 。 「ガイアの法則」とは、「千賀」氏と呼ばれる方が、文明の始まりとされている「シュメール遺跡」に足を運んだ際、トランス状態に合いそこで現れた「シュメール」神官から話を伺った文明の法則である。 「シュメール」を起点に、西に対して物質の文明が現れやすくなり、その文明が終わると、次に、東に対して精神的な文明が現れる法則だ。 「シュメール」から徐々に離れた場所に交互に現れるものであり、今までの時代は、イギリスとアメリカを中心としたアングロサクソン人の文明であるとの考え方がある。 そして、次の精神的な文明の中心が、「 淡路島 」を中心とした日本で現れる話が「 ガイアの