スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2021の投稿を表示しています

夫婦喧嘩が増えている!社会の闇!スピリチュアル

・ 「 夫婦喧嘩 」/「 スピリチュアルとは 」 (主.キーワード関連記事) 「夫婦喧嘩」が増えている!社会の闇!「スピリチュアル」 「夫婦喧嘩」が増えている!社会の闇!「スピリチュアル」 から見る話は、「コロナの影響」も含め、社会に増えている可能性がある。実際に、「離婚」も増えているそうで、その中には、「 夫婦喧嘩 」による内容も数多くあるであろう。 「 夫婦喧嘩 」は、実際に置かれている環境もそれぞれ違い、一概には言い切れないが、このブログでは、「 スピリチュアル 」から見た目線、共通して、起こりやすい話をさせていただく。 まずは、「男性心理」と「女性心理」の違いの話、このブログで何度も話をさせていただいているが、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石の様に引き合うやすくなり、異なった異性が、結ばれやすくなる。 男性は、基本的に、自分の趣味や仕事と女性も意識したい両方の気持ちが現れやすくなるのだ。 女性は、意識されるために、自分自身の「価値」を高めたい気持ちも現れやすく、男性以上に、自分自身の「価値」について意識も高まりやすい。また、女性は、意識される自分の「心」に対しても意識が高まりやすく、「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり、理解できる話ではないであろうか。 つまり、「 夫婦喧嘩 」が起きる可能性、男性が、意識したい内容を奪われた場合、女性は、自らの価値が損ねる内容において不満が現れやすく、「 夫婦喧嘩 」が起きる可能性もあるであろう。 また、現在、「コロナの影響」によって、その姿が現れやすくなっており、「コロナ」が原因で、「 夫婦喧嘩 」も増えていると思われる。 「夫婦喧嘩」が増えている、男性心理と女性心理の違い、「スピリチュアル」 「夫婦喧嘩」が増えている、男性心理と女性心理の違い、先程の話も、この心理による違いであるが、別の角度から見える話が「スピリチュアル」に存在する。 男性は、「心的エネルギーを抑えてコントロール」する傾向があり、女性は、「心的エネルギーを外に開放してコントロール」する傾向がある。 「 夫婦喧嘩 」の中には、割と多い話として、女性の不満の心的エネルギーが、外に解放されて、男性が、それを受け止め、抑えきれなくな

占い師になりたい!女性に多い!スピリチュアル

・ 「 占い師になりたい 」「 スピリチュアルとは 」 (主.キーワード関連記事) 「占い師になりたい」!女性に多い!「スピリチュアル」 「占い師になりたい」!女性に多い!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 占い師 」と言えば、圧倒的に、女性の方が多いと思われるのでもないであろうか。 これには、いくつかの女性特有による心理的な原因があり、男性の方が理解示しにくい内容がある。 まずは、「 占い師になりたい 」、女性に多い理由、「男性心理」と「女性心理」の基本的な違いの話から見えてくる。 男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石の様に引き合うやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に、自分の趣味や仕事と女性も意識したい両方の気持ちが現れやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性よりも現れやすく、男性以上に、自分自身の「価値」に意識が高まりやすい。また、男性と比べれば、意識される自分の「心」に対しても意識が高まりやすくなるのだ。 「 占い師 」と言うのは、人の「心」に対してアドバイスをするアドバイザーでもあり、「心」に意識が高い女性にとって、「 占い師になりたい 」気持ちも現れやすくなる。 女性は、「価値」を高めたい気持ちが高いと話をさせていただいた。「 占い師 」から、「価値」ある言葉を伺う状況、それは、「 占い師 」の方が「価値」が高い存在であり、これもまた、「 占い師になりたい 」女性も現れやすくなりやすい原因の1つである。 「占い師になりたい」、未来志向が強い女性、「スピリチュアル」 「占い師になりたい」理由の中には、女性の方が男性よりも、未来志向が強まりやすくなる原因も、「スピリチュアル」から見えてくる話である。 「男性は過去に生きる、女性は未来に生きる」話があるが、これはただの、思いつきではない。 男性は、理性に傾きやすい、女性は感情に傾きやすい話もあるであろう。これは、「男尊女卑」と言われることもあるが、決して、「男尊女卑」ではない。 男性特有の、この「理性」の働き、過去の情報を取り出し、現在の状況と照り合わせ、最も良い答えを導こうとする働きがある。 一見、良さそうな働きであるが、

霊感が強い人って頑固?スピリチュアル

・ 「 霊感が強い人とは 」/ スピリチュアルとは 」 (主.キーワード関連記事) 「霊感が強い人」って頑固?「スピリチュアル」 「霊感が強い人」って頑固?「スピリチュアル」 から見る話は、一概には言い切れないが、あることが原因によって、割と頑固な人も多くいるかもしれない。 もちろん、世の中には、「 霊感 」が弱い中で、頑固な人もいる。この話についても、少し、触れさせていただこう。 ちなみに、「 霊感 」について、どう思われるであろうか。多くの人が、特殊な人に与えられた、特殊な能力だと思われているであろう。 「 霊感 」とは、誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、「心を感じる力」である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「 霊感 」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が、伝わってくると思われるが、それが心を感じる小さな「 霊感 」の働きである。 この様な話をすると、「 霊感が強い人 」とは、他者の心を感じる力が強い中で、思いやりがあり、頑固ではなく、柔軟な性格になりやすいと思われるかもしれない。 確かに、「 霊感が強い人 」の中には、思いやりがある人もいるであろう。 環境によって、話が変わってくるかもしれないが、「 霊感が強い人 」は、ある働きによって、頑固になりやすい可能性がある。 この環境とは、例えば、優しさの心を持つ人が、悪い人々の間に入れば、優しさの心を持つ人が頑固に見える話であり、逆に、悪い心を持つ人が、優しさの心を持つ人々の中に入れば、それが頑固に見られる話もあるためである。 「霊感が強い人」って頑固、その理由は、「スピリチュアル」 「霊感が強い人」って頑固、その理由は、「スピリチュアル」から見ると、この原因によって頑固になりやすい。 人々の心の奥底が全て繋がっている、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっていると話をさせていただいた。 ある霊の心と繋がると、その霊の心の影響を受け、その心に、自分自身の心が染まってしまう場合もあるのだ。 人の心も様々であり、もちろん、霊的な存在の心も様々である。 例えば、道の岐路に出会った場合、右に行きたがっている魂と繋がると、右に意識が強く高まり、左側に行く人々と反対の考

女性心理!理解力が足りない!男性心理?スピリチュアル

・ 「 女性心理 」/「 男性心理 」/「 スピリチュアル 」 (主.キーワード関連記事) 「女性心理」!理解力が足りない!「男性心理」?「スピリチュアル」 「女性心理」!理解力が足りない!「男性心理」?「スピリチュアル」 から見ると、基本的に、「 男性心理 」は、「 女性心理 」について理解力が足りないものである。 「 女性心理 」、理解力が足りない、「 男性心理 」は、「 スピリチュアル 」から見ると、一概には言い切れず、様々な原因がある。これが、積み重なった男性は、全くと言って、「 女性心理 」について、理解する力が足りない男性かもしれない。 まずは、このブログで何度も話をさせていただいている、「 男性心理 」と「 女性心理 」の基本的な違いから話をさせていただこう。 男性は、意識されたいよりも意識したい気持ちが強く、女性は、意識したいよりも意識されたい気持ちが強く、この相反する心情が、磁石の様に引き合うやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に、自分の趣味や仕事と女性も意識したい両方の気持ちが現れやすくなる。 女性は、意識されるために、自分自身の「価値」を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、男性以上に自分自身の「価値」について意識も高まりやすくなる。また、女性は、意識される、自分の「心」についても意識が高まりやすくある。 「心」に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり、この点について、理解していただけるものでもないであろうか。 男性にとって、意識したい対象、特に目に映る内容、世の中には意識ができる対象も数多くあり、そこに意識が奪われ、「 女性心理 」について見えなく、理解力が足りない「 男性心理 」も現れやすくなる。 女性は、「心」に携わる恋愛向けの話にも興味が現れやすく、「恋愛」とは、男性との関係でもあり、女性の方が、「 男性心理 」について理解しやすい姿も現れやすくなるであろう。 「女性心理」、理解が足りない「男性心理」、「霊格」の問題、「スピリチュアル」 「女性心理」、理解が足りない、「男性心理」、「霊格」の問題、先程の話と似たような話になるが、「スピリチュアル」から見ると、「霊格」の問題も背景にある。 「魂の成長」、このブログで何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であ