スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2022の投稿を表示しています

結婚相手を間違えた!後悔が多い?スピリチュアル

結婚相手を間違えた!後悔が多い?スピリチュアル    目次 「結婚相手を間違えた」!「後悔」が多い?「スピリチュアル」 「結婚相手を間違えた」、「後悔」について、「男性心理」と「女性心理」、「スピリチュアル」 「結婚相手」を「間違えた」、「後悔」について、「スピリチュアル」から見る潜在的な力 「結婚相手を間違えた」!「後悔」が多い?「スピリチュアル」 「結婚相手を間違えた」!「後悔」が多い?「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、あくまでも、従来と比べて、「 結婚相手を間違えた 」と思われる人々が増えているかもしれない。 よくある話としては、結婚前のデートなど、夫の態度と、結婚後の夫の態度に違いがあり、この状況から「 結婚相手を間違えた 」と思われているものでもあるであろう。 逆のパターンもあるかもしれないが、よくある話としては、夫の態度に変化が現れている話である。 ある相撲取りの息子の話として、結婚された後、母親が何度も自宅で訪れ干渉する姿があり、この息子はどちらかと言えばマザコンの近く、自分のパーティーなどに母親を連れてくる息子である。 嫁の立場がほとんど見受けられず、離婚すると思われた中で、実際に離婚された話がある。 現在、「男女平等」に対する意識が強い社会背景があり、男性から見ると女性も男性と同じ価値観、女性も男性と同じ価値観で世の中を見ていると思われやすくあるであろう。 男性と女性は、肉体的にも精神的にも異なった異性であり、この価値観を強く持っていると、結婚された後に連れが現れやすく、「 結婚相手を間違えた 」、後悔として現れやすくなる。 「結婚相手を間違えた」、「後悔」について、「男性心理」と「女性心理」、「スピリチュアル」 「結婚相手を間違えた」、「後悔」について、「男性心理」と「女性心理」の違い「スピリチュアル」から見るとこの話が大きな話として挙げられる。 この話については、現在、「男女平等」に対する意識が強い社会において、「男女差別」だと言われるかもしれない。 「男性心理」と「女性心理」の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなる。 男性は、

いい子症候群!大人の治し方!スピリチュアル

いい子症候群!大人の治し方!スピリチュアル    目次 「いい子症候群」!「大人の治し方」!「スピリチュアル」 「いい子症候群」、「大人の治し方」、その原因について、「スピリチュアル」 「いい子症候群」、「大人の治し方」、その方法とは、「スピリチュアル」 「いい子症候群」!「大人の治し方」!「スピリチュアル」 「いい子症候群」!「大人の治し方」!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「 いい子症候群 」、「 大人の治し方 」、厳しい試練として受け入れる必要性があるかもしれない。 まずは、「 いい子症候群 」、「 大人の治し方 」の以前に、なぜ、「 いい子症候群 」が現れやすくなっているのかについて押さえておく必要性がある。 その前に、「スピリチュアル」から見た基本的な話を押さえておかなければならない。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされることを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ精神的な意味で物事を見る視野が狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」だ。 絶対的と言い切れないが、大人になるまでに心の一つ一つの「気づき」が弱く、精神的な意味で成長しておらず、「霊格が低い」原因によって「 いい子症候群 」が現れやすくなる。 日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、心の成長である「霊格の成長」心からの一つ一つの「気づき」に力が弱く、「霊格が低い」人々も現れやすくなる。 「いい子症候群」、「大人の治し方」、その原因について、「スピリチュアル」 「いい子症候群」、「大人の治し方」、その原因について、「スピリチュアル」から見る、その原因について知ると「大人の治し方」についても見えてくるかもしれない。 「魂の成長」である心の

スピリチュアルが難しい理由は?

・スピリチュアルが難しい理由は?  目次 スピリチュアルが難しい理由は? スピリチュアルが難しい理由、ペーパーテスト第一主義の日本 スピリチュアルが難しい理由、霊格について 「スピリチュアル」が難しい理由は? 「スピリチュアル」が難しい理由 は、多くの方が難しいと思われているかもしれない。 なぜならば、「 スピリチュアル 」と言う言葉を発言されている方がさまざまにいる中で、昔のオカルトが「 スピリチュアル 」と言う言葉に置き換えわれている傾向もある。 そもそも、「 スピリチュアル 」と言う言葉を日本に広げたのが、霊能力者の「江原啓之」氏であり、宇宙意識や潜在意識に目覚めるなどの言葉は全くと言って発言されていない。 ただ、「 スピリチュアル 」が難しいと思われてしまうのも、日本の今までの歴史からして致し方がない話である。 「 スピリチュアル 」と言う事は、精神的なと言う意味があり、心と深く関わっているものでもある。 日本は、戦後まで、心のあり方や心の生き方など、価値を置いてきた時代があり、「 スピリチュアル 」に対しての価値観と似たような価値観を持ち合わせていた。 戦後は、戦争に足を向かせたのが教育にあるとの考え方が現れ、子供に対して心に対し意識を向けさせる教育が弱くなった出来事があった。 また、学生運動時代は、共産主義の過激派が人を殺める出来事を起こしたものであり、心に訴える学生運動もなくなった。 そして、オーム真理教が起こした事件によって、心に意識を向けることさえ良くない風潮が現れやすくなった。 この様な日本の歴史を歩んでいた日本人にとって、「 スピリチュアル 」が難しいと思われるのも当然かもしれない。 「スピリチュアル」が難しい理由、ペーパーテスト第一主義の日本 「スピリチュアル」が難しい理由、ペーパーテスト第一主義の日本が、その傾向にあるかもしれない。 現在は、従来よりも少なくなったが、昭和の時代は、クイズ番組が流行っていた時代でもある。 日本においては、ペーパーテストの点数が高ければ、人として価値が高いと勘違いされている傾向もあり、現在においても、その価値観が日本の社会に浸透している。 このペーパーテストは、点数で評価ができるものであり、点数で評価できるものに対して価値を求めるものでもあるはずだ。 「 スピリチュアル

毒親は毒親だと気づかない!スピリチュアル

「毒親」は「毒親」だと気づかない!「スピリチュアル」 「毒親」は「毒親」だと気づかない!「スピリチュアル」から見る話をさせていただくが、「毒親」は「毒親」と気づかない理由が「スピリチュアル」的な目線から存在する。 「 毒親 」の話ではないが、多くの方々が自分自身の罪について気づいていない場合もあり、例えば、食料品を大量に破棄する話について、多くの方が関心を持っていないものでもあるはずだ。 それと同じく、「 毒親 」は「 毒親 」だと気づかないものでもあり、現在、割と多くいるかもしれない。 「 毒親 」のタイプも様々であるが、最も多く現れやすいのが教育虐待による「 毒親 」である。 日本の教育は、知識の一つ一つの「気づき」のみに価値を置く傾向が高く、ペーパーテストの点数が高ければ人として価値が高い考え方を持ち合わせているであろう。 社会人になれば、テストの点数で評価する姿が消え去るものであり、自分自身の価値ある評価を満たす気持ちの中で、子供に対し点数を求める姿も現れやすくなる。 欧米では、ボランティアに対する取り組みなど、人格者として評価する傾向が高く、また、テストの点数で他人と比較をする傾向も弱い。 自分は自分、他人は他人との価値観が高くあり、他人と、数を比較する意識が弱くある。 日本は、農耕民族であり、農業には共同で行ってきた歴史がある中で、日本人の中に他人に対して意識を向ける特有の価値観があるのかもしれない。 「毒親」は「毒親」だと気づかない、「霊格が低い」その姿、「スピリチュアル」 「毒親」は「毒親」だと気づかない、「霊格が低い」その姿が、「スピリチュアル」から見えてくる。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい

世の中が大きく変化する!スピリチュアル

世の中が大きく変化する!「スピリチュアル」 世の中が大きく変化する!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、既に、世の中が大きく変化している。 「 スピリチュアル 」から見ると、必然的な話でもあり、正直の話、過去の価値観の世界に戻ることができない。 インバウンドについて、中国は、0コロナ政策を行っているものであり、当分の間、中国からの観光客を当てにすることができないものでもあるであろう。 現在、ロシアの「プーチン大統領」が「ウクライナ」に侵攻している状態であり、その結果、原油価格が高まるとの話も見受けられる。 その影響は、現在に起きる話ではなく、備蓄がある中で、数カ月先に現れてくるものでもある。 Yahoo!ニュースのコメントを見ると、医療よりも、風邪に近いコロナについて5類に戻し通常の生活に戻ることが望ましい話が多く見受けられる。 この様な方々に対して、残念な話であるが、従来の生活に戻ることができない。 世の中が大きく変化する話について、この覚悟があるのかないのか、によって、人々の心の負担に対しても大きな影響を与えてくることである。 世の中が大きく変化する、その力、「スピリチュアル」 世の中が大きく変化する、その力、「スピリチュアル」から見る潜在的な力が存在する。 「 スピリチュアル 」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話がある。 これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になるのだ。 「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような相反するエネルギーも現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」、波のような形として顕在化されやすくなる。 男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する傾向があり心身ともに柔らかくなりやすくなる特徴がある。 物事の変化は、硬いよりも柔らかい方が変化しやすく、時代は、「女性的優位のエネルギー」によって「変化の激しい時代」の始まりだ。 多くの方々が求める生活の姿は、「男