スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

人の心は、体のどこにある?愛はどこ存在する!?

・ 人 / 心 / 体 (主.キーワード) 人の心は、体のどこにある?愛はどこ存在する!? 人の心は、体のどこにある?愛はどこ存在する!?  人の心は、心について考えようと思ったのは、昨日、瞑想のコツについて投稿をさせていただいた後に、心の場所について考えた中で疑問に思ったためでもある。そのため、昨日の続きの様な形として、自分自身の備忘録の様に言葉を残したいと思う。 様々な考えが頭に浮かんでくるため、どこから手をつければ良いのか少しわ分かりづらいが、まずは、 自分自身に向けてではなく、他の方が、この文章を読まれているのではないかと思われる中で、話をさせていただきたい。 心という言葉は、一言で表すことができるが、よくよく考えれば、様々な内容に分けれるかもしれない。例えば、自分自身を表す心、感情を生みだす心、考える心、 美味しいと思う心などもあるのではないであろうか。 人の心は、体のどこにあるでの、ここで扱う心は、瞑想に良い影響を与える心 であり、 愛を感じる心について取り扱いたいと思う。 一般的に、人の心は頭にある脳みそが作り出していると思われている場合もあるはずだ。 ただし、頭の脳みそで愛情を感じたり、感動したりはせず、どちらかと言えば、心臓がある胸の辺りで感じる場合がほとんどではないであろうか。 理系的な考えで言えば、心臓をコントロールしてるのも脳であり、脳の中の心臓を司る部分辺りが、脳の中で感動を作り出していると考える人もいるであろう。 ただし、この様な話が実際によくあるらしい。その話と言うのは、臓器移植、特に心臓を移植した人は、 提供をした人の性格が本人に現れやすくなる話もあるのだ。例えば、全く嫌いだった食べ物が、提供した人が好きだった好みに変わる話しである。 理系的な目線で研究している科学者の中には、臓器は人の性格を記憶すると考えている人もいる。近年は、人の心は脳だけでは説明ができず、体全体が、心だと解釈されている場合もあるのだ。  人の心は、体のどこにある、本当の心を持つ本体は、別の次元に存在している  人の心は、体のどこにあるについて、スピリチュアルや、オカルト的な話になれば、違った考え方も存在する。本当の自分は、別の次元にいる中で、違う次元にいる本体から切り

瞑想におけるコツ!効果を考えながら長続きを目標にして

・ 瞑想 / コツ (主.キーワード)  瞑想におけるコツ!効果を考えながら長続きを目標にして  瞑想のコツ は、自分自身の備忘録を目的としてこのページに残そうと思う。 その内容は、直感を頼りに、効果を考えながら長続きが出来る内容にしたい思いもある。あまり知識を持ち合わせていない、第三者の方がこのページに訪れる可能性もあり、その事を考慮しながら文章を残そう。 まずは先に、このページに訪れている人に伝えたい内容から伝えておきたい。瞑想と言う言葉は、一言で現されるが、そのバリエーションにも数が多く効果にも様々な違いがある。 例えば、心を無にする瞑想は、 自らを無防備状態に置き、敢えて危険な状態に身を置く事で、神経をより過敏に働かせる 効果 が ある。この瞑想終わった後の効果は、神経が過敏に働いているため、目に見えるものが新鮮に見えたり、 食べる味がより美味しく感じる場合もある。 この状態に付け加えて、自分自身の気を意識しながら、周りに広げる様なイメージする瞑想は、誰かが自分自身のテリトリーに入ってくれば、背後からでも直ぐにその存在を感じ取れる様になる場合もある。 人の心の奥底は全て繋がっていると言われている。 瞑想には、その心の奥そこにある繋がっている世界との繋がりが強くなる傾向も高まる。 自分の気を広げる瞑想は、背後からの殺気などにすぐに気づくことが可能であり、身を守るための効果が期待できる。 現在においては、背後から殺されるために襲われる事は無いが、戦国時代などは、いつ背後から刺客に襲われるか分からなかった。宮本武蔵は、いつでも刀を抜ける様に、剣豪になってからは、生涯一度もお風呂に入らなかったとも言われている。 そして、この様な瞑想を行なっていたとも予想されている。  瞑想のコツは、発想力を豊かにする瞑想もある  瞑想のコツは、普段体験できない様な瞑想も可能であり、新たな発想力としての直感力が高まるかもしれない。 発想力の弱い人の傾向は、常識と呼ばれる様な知識に縛られてる場合も高く、 その頑固さが新たな刺激を受け付けていない可能性もあるためだ。 瞑想のコツは、空を飛んでいる瞑想、宇宙空間を漂っている様なイメージにおいて、 普段体験できない刺激をイメージ上で体験できる場合もあるであろう。その感覚は、

男性は空想的!女性は現実的に物事を考える!仕事を辞める理由にも影響が

・ 男性 / 空想的 / 女性 / 現実的 (主.キーワード)  男性は空想的!女性は現実的に物事を考える!仕事を辞める理由にも影響が  男性は空想的、女性は現実的 に物事を考えると言われている場合もある。 この内容は、現在若者に見られる直ぐに仕事を辞める理由にも関わる内容でもあり、その両方の点について、紹介させていただこう。 もちろん、これはあくまでも傾向であり、絶対的な話では無い話については予め伝えておく。 子供がいる人にとっては、参考に出来るかもしれない。 子供の特徴として、本能的に子供は何かを真似る中で、自らを大人へと成長させようとする思いが本能的に高い。 社会的に流行っている動作などは、子供はすぐに真似る傾向も高く、 社会にとって価値ある内容を自分自身に取り込もうとする思いも高いためでもある。 親御さんの中には、その様な動作を真似て欲しくないと思われる思いなどもあるであろう。 男女平等の社会と言われているが、男性の成人は、一般的にサラリーマンとして外で働く傾向も高い。女性は、専業主婦として働く傾向も高いであろう。 実際に、女性が外で働いていたとしても、子供にとっての友達の親などが専業主婦として働いている場合もあるはずだ。  大人へと成長するための参考資料に違いがある  男性は空想的、女性は現実的になりやすい背景は、子供時代である。 子供にとっては、 日頃の生活の中において、男性の大人よりも、女性の大人と接する機会が多い。 男の子は、自分の成長において参考にできる大人が身近にいない場合も多く、 テレビなどから伝わる内容を参考に、自分自身の空想に頼る傾向が高まるのだ。 女の子は、実際に参考になる女性の大人と接する機会も多く、 現実に目で見て確認できる存在として、現実に物事を考えやすい傾向が高まる。 4才、5才ぐらいの子供が遊ぶ内容において、男の子は、ヒーロ物などの遊びを行う傾向が高まり、女の子は、ままごとなど、実際に現実的に存在する様な遊びを行う傾向も高い。 小学校のなりたい職業ランキングにおいても、この内容によって起きていると予測される影響が現れている。 男の子の1位は、サッカー選手、2位は、野球選手、 3位は、医師、ランキング10以内に、両親から不定的

瞑想にも効果的!愛の力が霊能力を高める可能性を秘めている!

・ 瞑想 / 愛 / 霊能力 (主.キーワード)  瞑想にも効果的!愛の力が霊能力を高める可能性を秘めている!  霊能力を高める には、インターネット上で様々な情報が紹介されている。特に有名なのが、瞑想であるが、 多くの方が実際に行う中で、霊能力が高まる自覚は無いのではないであろうか。 瞑想自体は、仏教などの禅宗などでもよく取り入れられている内容であるが、その宗派に霊能力者が沢山現れる話しなども聞いた事は無い。 一般の人よりも多く、瞑想に時間を費やしているお坊さんでさえ、霊能力者として開花されていない場合もある。瞑想を行えば、誰でも霊能力者として力が発揮する内容でも無いはずだ。 予め知っておくべき内容として、霊能力=霊感では無い話は伝えておこう。スポーツで例えるならば、霊感は筋肉であり、霊能力は、スポーツの内容である。筋肉が強いからと言って、必ず野球選手やサッカー選手になれる訳では無い。ただし、野球選手やサッカー選手には力強い筋肉が必要とする。 霊能力にも様々であり、ここで語る内容は、顕在化させる霊能力を高める可能性としての愛における話しだ。  瞑想の効果、愛の力、霊能力を発揮している人の脳波とは  瞑想の効果、愛の力と関わる話として、人の脳には、脳波と呼ばれる周波がある。有名であるためご存知の方も多いと思うが、改めてここで脳波を紹介すると、 δ(デルタ)波 熟睡時 θ( シータ)波 リラックス、軽い眠り α( アルファ)波 起床時に目を閉じて落ち着いている状況 β( ベータ)波、軽いストレス時、仕事を行っている時の脳波 γ(ガンマ)波 強い不安、興奮状態 である。 霊能力者の脳波とは、θ( シータ)波と言われる場合もあるが、実は、γ(ガンマ)波が現れているとも言われている場合もあるのだ。 脳波と聞くと、難しく思われてしまうかもしれないが、パソコンやスマートフォンなどの、処理能力と同じ様な内容だと考えてみれば分かりやすいかもしれない。 端末の頭脳であるCPUは、周波数のHZで現されているものであり、数値が高いほど、一秒間に処理できる力が高いのと同じである。 起床時は、様々な刺激を脳が受けながら処理をしなければならないため、一般的には、β(

女性の口紅の色は、景気に大きな影響を与える!

・ 女性 / 口紅 / 景気 (主.キーワード)  女性の口紅の色は、景気に大きな影響を与える!  女性の口紅の色は、景気に大きな影響を 与える話がある事をご存知であろうか。景気とどの様な因果関係があるのかと思われるかもしれない。 この考え方が現在に当てはまるかどうかは分からないが、その内容について説明させていただこう。 女性が口紅をつける目的は、ただ、美しくなりたいだけではなく、男性の視線を集めるための本能的な目的があるためだ。好きな男性が現れると分かれば、ついつい、口紅の色が濃くなってしまう人もいるのではないであろうか。 世の中には様々な色があるにも関わらず、赤い口紅をつけるのが一般的である。目立たせるのであれば、他の女性が使っていない色を扱えば目立つことができるにも関わらず、その多くは赤い口紅である。 赤は、血と同じ色でもあり、人は赤い姿を見ると、本能的に興奮状態が高まり、意識が高まりやすくなるためでもある。本能的に言えば、自分自身の周りに危険な存在があるのではと働く中で、注意を促すために軽い興奮状態を引き起こす場合もあるのだ。 信号機の赤色が選ばれている理由もこの内容と一緒であり、興奮状態を引き起こさせ止まる注意を促すためでもある。  女性の口紅と景気は、赤色は男性に興奮させる力がある  女性の口紅と景気は、濃い赤ほど興奮状態 を引き起こしやすく、男性の興奮状態が男性自身の財布の紐を弱らせる働きも隠されているのだ。男性が沢山お金を使えば、経済が活性化しやすくなり、景気が良くなる考え方が存在する。 現に、バブル時代の女性の口紅は、現在よりも濃い姿として特徴があるであろう。 個人情報にもなるため、特定の人の写真を見つけて掲載する事は出来ないが、画像検索における、検索結果のページ先を紹介させていただいておこう。 バブル時代の女性における口紅 化粧の姿-画像検索結果 男性が興奮する理由の中には、古代において、戦や獣から見を守らなければならず、その本能が現在にでも引き継がれているものだと考えられる。 女性も同じ反応を引き起こす場合もあるが、実際に戦に出向いた男性の方が反応が高まる可能性もあるであろう。 このブログでは何度も説明しているが、男性は意識されたい