スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目記事

最近の投稿

スピリチュアルから見る!結婚って必要?

スピリチュアルから見る!結婚って必要? スピリチュアルから見る!結婚て必要? の話について、結論から言うと、どちらとも言い切れない。 結婚して、自分自身の子孫を残す意味としての話ではなく、スピリチュアルから見る話としての話である。 スピリチュアルでは、魂の成長を大切にしている考え方があり、それに当てはまるかどうかの違いによって、結婚の必要性についても違いとして現れる。 従来の価値観による結婚の話は、結婚して子供が授かりはじめて一人前の大人になる社会的な風潮があった。 現在は、生き方の自由が尊重される時代でもあり、古い価値観の話だと言われる場合もあるであろう。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 結婚して、子育てするに当たって、そこから、心からの一つ一つの気づきによって霊格が高まる姿が現れやすくなる場合もあるであろう。 これが、スピリチュアルから見る、結婚する必要性の話である。 ただし、何も、子育てからしか心からの一つ一つの気づきに気づかされるものでもなく、社会から気づかされる出来事もあるであろう。 最も良くないのが、心からの一つ一つの気づきが全くなく、同じ時を何度も繰り返している生き方だ。 例えば、仕事から帰ると、記憶に残らないバラエティー番組で楽しみ、土日は、記憶に残らないギャンブルなどに時間を費やす生き方である。 そして、人生そのものに何も記憶が残らない、何のために生きてきたのか、全く魂の成長が成し遂げない生き方が最も良くない。 スピリチュアルでは、地球の全体的なエネルギーの質が男性的優位のエネルギーから、徐々に女性的優位のエネルギーに変化が始まっている話がある。 これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、

嫁姑!板挟み離婚の危機の解決策は?

嫁姑!板挟み離婚の危機の解決策は? 嫁姑!板挟み離婚の危機の解決策は? について、スピリチュアルから見ると絶対的な話ではないが、その解決策が存在する。 私自身、男性であり、男性として普通に生きていれば、嫁姑問題がなぜ起きるのか分からない人々がほとんどでもあるであろう。 嫁姑、板挟み離婚の危機について、スピリチュアルから見ると全員に共通する姿についても見えてくる。 まずは、男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 嫁姑の問題の話のほとんどが、女性としての価値に対する争いであり、この認識のない男性の中では板挟みに合う姿も現れやすく、嫁の不満から離婚として現れやすくなる場合もある。 ついでに、この話もしていたほうが良いかもしれない。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し、攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 母親と息子の間は、切っても切れない関係であり、不満は嫁の中で現れやすく、嫁は、もともと他人であり、離婚と言うキーワードも頭に現れやすくなるであろう。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の

人間関係リセット症候群の危険性について

人間関係リセット症候群の危険性について 人間関係リセット症候群の危険性について 、スピリチュアルから見る話をさせていただくが、人間関係リセットそのものは、悪い話ではない話であり、あくまでも、人間関係リセット症候群、人間関係リセットを繰り返す中での危険性である。 現在、価値観の多様性が受け入れられている時代であるが、これは、価値観の分散でもあり、人間関係が合わない姿も現れやすくなるはずだ。 まずは、人間関係リセット症候群が現れやすくなる生理的な話から話をさせていただく。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機としてストレスも生じやすくなるのだ。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなる。 つまり、人間関係リセット症候群が現れる生理的な仕組みは、人間関係で自分自身の存在感が感じられず、ストレスが現れ、逃避の選択を選ぶことによって、人間関係リセット症候群が現れやすくなる。 この様な考え方もあるかもしれない。 人間関係において、ストレスが現れた場合、逃げるを選択した場合、それはそれで人間関係が恋しくなるストレスが現れ人を求める気持ちが表れる繰り返される、人間関係リセット症候群として現れる考えについても考えられる話である。 これを繰り返すと、人間そのものがストレスだと判断する姿が現れやすくなる場合もある。 人間社会そのものについては、攻撃もできなければ逃避もできないものであり、次の反応として、最大の防衛本能が働きやすくなるのだ。 これは、近くに巨大な恐竜がいるようなものであり、恐竜に見つからないために声の覇気がなくなる、声がでない状態も現れやすくなる。 動けば恐竜に見つかってしまうかもしれない。体の動きを止める本能として、体が重たいだるい姿が現れやすくなるのだ。 外部の刺

婚活でうまくいかない社会の原因

婚活でうまくいかない社会の原因 婚活でうまくいかない社会の原因 について、スピリチュアルから見ると、社会にその原因が現れている傾向にある。 この話は、絶対的な話では無い話としての話であるが、もしかすると、この傾向が強く現れやすくなっているかもしれない。 婚活でうまくいかない社会の原因、まずは、男女平等に対する意識が強い話である。 男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが、男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に見られている傾向もあり、理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 婚活に対する意識、男性よりも女性に強く現れやすい。なぜならば、男性は、目に見える現実世界に意識が高まりやすく、意識できる対象が数多く存在するためだ。 そのため、婚活する女性は、より、自分自身を磨きあげる気持ちなども高まりやすくなるのであろう。 よくよく考えてみてほしい。女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ち、それは、自分にとって価値の高い男性から意識される話であるはずだ。 男女平等に対する意識が強い社会において、自分よりも価値が高い男性、それほど、多く現れるものでは無いであろう。 これが、婚活でうまくいかない社会の原因の原因である。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も

霊感が科学で証明できない理由とは?

霊感が科学で証明できない理由とは? 霊感が科学で証明できない理由とは? スピリチュアルから見ると、現代の人類が持つ科学では、霊感が証明できないものである。 全員とは言い切れないが、人々の中では、科学的な信仰が強くあり、科学で証明できないものは存在しない、受け入れるべきではないと考えている傾向もある。 この理屈で言えば、予め、科学を持ち合わせれば全てが解明できる前提がなければならない。大様 この話も致し方がない話であり、この話についても触れさせていただこう。 先に、そもそもの話として、多くの方が勘違いされている霊感について押さえておかなければならない。 霊感とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 霊感とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな霊感の働きである。 多くの方が、この認識を持ち合わせていないものであり、また、霊的な内容を扱った情報源でも霊感について特別な能力だと説明されている傾向も高く、自分自身に霊感がないと思われてしまうのも当然である。 左脳と右脳、左脳は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば目に見える現実世界を認識する力に長けており、理系的な働きをする傾向がある。 右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば目に見えない心を感じる力に長けており、文系的な働きをする傾向がある。 つまり、霊感とは、右脳の働きでもあるのだ。 頭の脳は、現実世界に存在しているものであり、霊感が働いているかどうかは、科学的に解明できるかもしれない。 ただし、心そのものは、心の世界にあるものであり、現実世界に存在しない心について、科学的に解明することができないであろう。 そもそも、科学的に解明とは、物質的内容を限定にした解明であり、心が物質でできているものでなければ解明できず、心が物質であることを証明しなければならない。 ただ、霊感について、科学的に解明できるのかどうか、疑問に思うのも分からない話ではない。 人には、自分にとって知らないことを知りたい欲望を持ち合わせているものであり、そ