投稿

注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違うページでも紹介させていただいている。このページにおいては、それらの霊視体験の内容も含め、さらに違う角度から、霊能力者の見える話しについて、私が持ち合わせている知識と、経験、感じる内容にて紹介させていただこう。 この「 霊視の体験 」を原因に、私は、過去には霊感占い師として相談に応じていた。そのため、この 霊視体験 の話しは、自動書記の様に、伝わってくる感覚と過去の 霊視体験 を混ぜた様な話方で話しをさせていただきたいと思う。 「 霊視の体験 」の経緯として、私自身人が過去に相談に応じる以前は、一般の人と変わらない生活を送っていた。そのような中で、何人かの霊能力者の方に足を運んだ。 相談目的は、あまりにも偶然に起きる出来事や、幻覚や金縛り、などが起き、生活に支障をきたす場合もあったためである。 この「 霊視の体験 」と言うのは、一般の人とは少し違った内容かもしれない。私自身多少一般の人よりも霊感が強くあり、そのことについて、霊能力者の方々も、知っているためである。 ちなみに、霊感とは、本来、誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先が、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 霊感とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特な雰囲気が伝わって来るかと思われるが、それが、心を感じる小さな霊感の働きだ。 江原啓之さんは、この話について、人には個人的なオーラがあり、オーラの上は棒状に伸びて、それが電線の様に繋がっていて、その先が霊的な世界とも繋がっていると説明されている。私の説明は、それと同じである。 霊能力者の方曰く、霊能力者の方がおしゃるんには、先祖に、力のある霊能力者がいるらしい。親戚にも神事を行っている人もいるのは事実であり、親が神輿や、だんじり、欄間などを彫刻する彫刻家であるため、霊感の高い家系だとは自覚をしている。 私自身の経歴などは、より

パートナーがいない!に関わる話とは

イメージ
パートナーがいない!に関わる話とは パートナーがいない !に関わる話とはを考察は、パートナーがいない、という状況は、近年では決して珍しいものではない。晩婚化や未婚化が進む中、パートナーを見つけられない人が増えている。 パートナーがいないことに伴う悩みは、大きく分けて2つある。1つは、孤独感や寂しさを感じること。もう1つは、社会的なプレッシャーや不安を感じることである。 孤独感や寂しさは、パートナーがいないことで、誰かに心を許したり、支えてもらったりすることが難しくなることで生じる。また、社会的なプレッシャーや不安は、パートナーがいることが「普通」とされている世の中において、パートナーがいないことへの違和感や、将来への不安から生じる。 パートナーがいないことに悩んでいる人は、どのような話に関心を持つのだろうか。 まず、孤独感や寂しさを解消したいという人は、パートナーのいる人の話を興味深く聞くだろう。パートナーのいる人の日常生活や、パートナーとの関係性などを聞くことで、自分もパートナーを持つことができれば、このように幸せな生活を送ることができるかもしれない、という希望を見出すことができる。 また、社会的なプレッシャーや不安を解消したいという人は、パートナーのいない人の話を興味深く聞くだろう。パートナーのいない人の生き方や、パートナーがいないことへの考え方などを聞くことで、パートナーがなくても幸せに生きることができるかもしれない、という勇気や、自分なりの生き方を見つけるヒントを見つけることができる。 具体的な話としては、以下のような話が考えられるだろう。 パートナーのいる人の日常生活や、パートナーとの関係性について パートナーのいない人の生き方や、パートナーがいないことへの考え方について パートナーのいない人同士の交流や、パートナー探しの体験談について これらの話を読んだり聞いたりして、パートナーがいない自分と重ね合わせることで、孤独感や寂しさ、社会的なプレッシャーや不安を解消するヒントを見つけることができるかもしれない。 また、パートナーがいないことをネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉えるきっかけにもなるかもしれない。パートナーがいなくても、自分らしく幸せに生きることができるのだ、ということを再認識することで、生きる意欲や前向きな気持ちを取り戻すことができる。

顕在意識と潜在意識の関係について

イメージ
顕在意識と潜在意識の関係について 顕在意識 と 潜在意識 の関係についての考察は、私たちの意識について、大きく分けて顕在意識と潜在意識の2つに分けることができます。顕在意識は、私たちが日頃意識している部分で、思考や感情、感覚、記憶などを司ります。一方、潜在意識は、私たちが意識していない部分で、本能や習慣、感情の奥底にある欲求などを司ります。 顕在意識と潜在意識は、氷山に例えられることがあります。氷山の海上に出ている部分が顕在意識で、海面下に隠れている部分が潜在意識です。氷山の海上に出ている部分は、私たちが意識的にコントロールできる部分ですが、海面下に隠れている部分は、私たちの意識から完全にはコントロールできない部分です。 顕在意識と潜在意識は、相互に影響を与え合っています。顕在意識で強く意識していることは、潜在意識にも影響を与え、潜在意識で強く意識していることは、顕在意識にも影響を与えます。 例えば、ダイエットをしたいと強く意識している場合、潜在意識にもダイエットをしたいという意識が働き、食欲を抑えるように働きかけます。また、潜在意識で「私は成功する」という意識が強く働いている場合、顕在意識でも成功するイメージを持ちやすくなり、成功に向けて努力しやすくなります。 このように、顕在意識と潜在意識をうまく活用することで、私たちの人生をより良い方向に導くことができると考えられます。 顕在意識 と 潜在意識 の関係を活用する方法 顕在意識と潜在意識の関係を活用する方法には、いくつかあります。 ポジティブな言葉を意識的に使う 潜在意識は、私たちが繰り返し使っている言葉やイメージに影響を受けやすいと言われています。そのため、ポジティブな言葉を意識的に使うことで、潜在意識にポジティブな意識を植え付けることができます。例えば、「私は健康だ」「私は幸せだ」など、自分がなりたいと思っている姿を言葉にして、繰り返し口に出すようにしましょう。 瞑想やイメージトレーニングを行う 瞑想やイメージトレーニングは、潜在意識とつながる効果があるとされています。瞑想では、心を落ち着かせて、自分の内面に意識を向けます。イメージトレーニングでは、自分がなりたい姿をイメージして、その姿を実現するための行動をイメージします。 NLP(神経言語プログラミング)を活用する NLPは、人間のコミュニケーションや行

何もかもうまくいかない!疲れた、その原因は!?

イメージ
何もかもうまくいかない!疲れた、その原因は!? 何もかもうまくいかない ! 疲れた 、その原因は!?仕事やプライベート、何をやってもうまくいかない。そんな状況に陥ったことはありませんか?仕事でミスばかりして上司に怒られる、プライベートでは人間関係に悩み、いつも疲れてばかりいる。そんな状態に陥ってしまうと、原因がわからず、さらに疲れが溜まっていきます。 では、なぜ何もかもうまくいかなくなってしまうのでしょうか?その原因は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。 過剰なストレス ストレスは、さまざまな原因によって引き起こされます。仕事のプレッシャー、人間関係の悩み、経済的な不安など、ストレスの原因は人それぞれです。ストレスが溜まると、心身ともに疲れてしまい、集中力が低下してミスが増えたり、イライラして人間関係が悪化したりしてしまいます。 目標や目的の不明確さ 目標や目的が不明確だと、何を頑張ればいいのかわからず、モチベーションが維持できません。そのため、仕事や勉強に集中できず、成果を出すことができなくなってしまうのです。 自己肯定感の低下 自己肯定感が低いと、自分の能力に自信が持てず、失敗を恐れるようになります。そのため、チャレンジする気持ちがなくなり、何もかもうまくいかなくなってしまうのです。 これらの原因を踏まえると、何もかもうまくいかなくなったときの対処法は、以下のようになります。 ストレスを解消する ストレスを解消するためには、運動や趣味など、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。また、信頼できる人に相談することで、心の負担を軽くすることができます。 目標や目的を明確にする 目標や目的を明確にするには、まずは自分の価値観や大切にしていることを書き出してみることが有効です。そこから、実現したい目標や目的を具体的に設定してみましょう。 自己肯定感を高める 自己肯定感を高めるためには、自分の良いところや長所を意識するようにしましょう。また、成功体験を積むことも大切です。 何もかもうまくいかない ときは、まずは原因を突き止めることが大切です。原因がわかれば、適切な対処法で改善することができます。ぜひ、上記の原因と対処法を参考にしてみてください。 うまくいかないことばかりで、人生に絶望している。どうすればいい? うまくいかないことばかり で、人生に絶望している

夫婦喧嘩のスピリチュアルな意味を考察

イメージ
夫婦喧嘩のスピリチュアルな意味を考察 夫婦喧嘩は、誰もが経験することがある身近な出来事である。しかし、喧嘩には単に感情的な衝突だけでなく、スピリチュアルな意味も込められているのかもしれない。 スピリチュアルな観点から夫婦喧嘩を捉える場合、それは「自己成長の機会」と捉えられる。夫婦喧嘩を通して、自分の内面にある未熟さや課題に気づくことができるのだ。 例えば、夫婦喧嘩で相手の言い分を受け入れられない場合は、自分のエゴやプライドが邪魔しているのかもしれない。また、夫婦喧嘩で相手を責めばかりしてしまう場合は、自分の怒りや嫉妬をコントロールできていないのかもしれない。 このように、夫婦喧嘩は、自分の内面を見つめ直すチャンスとなるのだ。喧嘩の原因を自分自身に問いかけ、自分の内面を磨くことで、より成長した人間になれる。 また、夫婦喧嘩は「関係の修復の機会」とも捉えられる。夫婦喧嘩を通して、お互いの価値観や考え方を理解し、より深い関係を築くことができるのだ。 例えば、夫婦喧嘩で相手の立場に立って考えてみると、相手の言い分にも一理あることに気づくかもしれない。また、夫婦喧嘩を通して、お互いの共通点や絆を再確認することができるのだ。 このように、夫婦喧嘩は、関係をより良くするためのきっかけとなるのだ。喧嘩の後にお互いに歩み寄り、関係を修復することで、より強い絆で結ばれることができる。 もちろん、夫婦喧嘩は決して良いことではない。しかし、喧嘩の意味を理解し、ポジティブに捉えることで、夫婦関係をより良くするための糧とすることができるだろう。 夫婦喧嘩をスピリチュアルな視点から捉える方法 夫婦喧嘩は、誰もが経験することがある、日常的な出来事である。しかし、喧嘩の度に、落ち込んだり、不安になったり、悩んだりする人は少なくないだろう。 スピリチュアルな視点から見ると、夫婦喧嘩は、単に二人の意見が合わなかったり、お互いの感情がぶつかり合ったりするだけではない、もっと深い意味を持つものである。 夫婦喧嘩は、魂の成長の機会 スピリチュアルな世界では、人は、生まれてくる前に、自分の魂の成長のために、様々な課題や試練を課されると言われている。夫婦喧嘩は、その一つの試練であると考えられる。 喧嘩を通して、人は、自分の感情や対人関係を見つめ直す機会を得る。そして、自分の弱さや課題に気づき、それらを克服すること

2024年の予言、予想について

イメージ
2024年の予言、予想について 2024年、世界はどうなるのか。ノストラダムスの予言を読み解くと、いくつかの可能性を探ることができる。 ノストラダムスは、16世紀にフランスで活躍した予言者として知られる。彼の著作である「予言集」には、未来の出来事を予言したとされる詩が数多く収録されている。 その中には、2024年について言及したものもいくつかある。例えば、次の詩である。 東の王は西の王と戦い、 多くの血が流れる。 太陽が沈む国は、 大きな混乱に陥る。 この詩は、東と西の国家間の戦争を予言していると解釈されている。具体的には、中国とアメリカの戦争を暗示しているのではないかと考えられている。 また、次の詩も注目されている。 大地震が起こり、 多くの人が命を落とす。 海は荒れ狂い、 大洪水が起こる。 この詩は、大地震や海嘯などの自然災害を予言していると解釈されている。 もちろん、ノストラダムスの予言は、あくまで詩として解釈できるものである。したがって、必ずしも未来の出来事を正確に予言しているとは限らない。 しかし、ノストラダムスの予言は、過去に何度も的中したことがあり、その的中率には一定の信憑性があるとも考えられている。 2024年、世界でどのような出来事が起こるのか。ノストラダムスの予言を参考にしながら、今後の展開を注視していきたい。 2024年、経済はどうなるのか? 専門家が語る未来予測 023年12月31日、日本経済は2024年にどのような成長を遂げるのか、専門家たちが予測を発表した。 日本の景気は緩やかに回復する 日本の景気は、2023年後半から回復基調にある。しかし、原油や食料品などの価格高騰が続く中、個人消費の伸びは鈍化している。 こうした状況を踏まえて、専門家たちは、2024年の日本の景気は緩やかに回復する見通しを示している。 日本銀行は、2024年の国内総生産(GDP)成長率を1.7%と予測している。民間のエコノミストの間でも、1.5~2.0%程度の成長率を予想する声が多い。 物価高騰は続く 一方、物価高騰は2024年も続くと予想されている。 原油や食料品などの国際価格の高騰に加え、円安が進むことで、輸入物価の上昇がさらに加速すると考えられる。 専門家たちは、2024年の消費者物価指数(CPI)上昇率を2~3%程度と予想している。 金融政策は緩和から正常

居心地が悪い職場の原因は?スピリチュアル

イメージ
居心地が悪い職場の原因は?スピリチュアル 居心地が悪い職場 の原因は? スピリチュアル から見る話についての話がある。 現在、何かと 居心地が悪い職場 が増えているのではないであろうか。 ネット上では、良い職場の特徴としてコミュニケーションがしっかりと取れている。サポート体制がある。教育プログラムがある。きちんと正当に評価してくれるとの話がある。 居心地が悪い職場 の説明としては、モチベーションが下がる、足の引っ張り合いが主体となっている。社内に派閥がある。いじめや嫌がらせがあるとの説明がある。 これらに共通する姿が見えてくる。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに快感が生じるものであり人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言した。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなるのだ。 居心地が悪い職場 とは、つまり、自分自身の存在感を感じられない職場であり、あるサイトに説明されている話に当てはまる話では無いであろうか。 現在は、価値観の多様性によって、価値観が合わない人々も現れやすく、何かと 居心地が悪い職場 などが増えている可能性もあるであろう。 居心地が悪い職場の原因は?社会の原因について、スピリチュアル 居心地が悪い職場 の原因は?社会の原因について、 スピリチュアル から見るとその話が存在する。 ネットが普及する以前、特にスマホが普及する以前は、自分が求める情報を人から求める出来事もあり、これがコミニケーションの力として働きやすくなっていたものである。 現在は、人から情報を求めなくてもネットから情報を求めることができるものであり、これが、コミニケーションの力を弱めている可能性もあるのではないであろうか。 つまり、 居心地が悪い職場 の原因は、まるで、廃墟のように全く音がしない静かすぎる違和感のある職場である。 ただ逆に、静かさを求める人にとっては、動きが激しすぎる職場について仕事のペースについていけないことにより居心地が悪い職場として現れることもあるであろう。 居心地が悪

誹謗中傷がどうしたらなくなる!?スピリチュアル

イメージ
誹謗中傷がどうしたらなくなる!?スピリチュアル   誹謗中傷 がどうしたらなくなる!? スピリチュアル から見る話について、この話は不可能ではありませんが現代人の多くが不可能である。 誹謗中傷がどうしたらなくなる 話について、不可能ではない話とは、原住民の中に 誹謗中傷 と言う概念が存在しない民族もいる。 私事であるが、小学4年生まで大阪市内で暮らしていたものであり、そこの人間関係においてはいじめがなく誹謗中傷など存在しなかった。 クラスの人数も少なく、遊ぶ場合はみんなで1つになって遊ぶ場合がほとんどであったためである。 郊外に引っ越してから、クラスがたくさんありクラスの人数も多く、そこで初めていじめと言うものが存在したことに衝撃を受けた経験がある。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、精神的な意味も含め、自分自身の存在感が削られるとストレスが現れストレス反応によってエネルギーが生み出され、そのエネルギーが誹謗中傷として現れる。 現在は、何かと、ストレスも現れやすく、 誹謗中傷がどうしたらなくなる 話について難しくある。 誹謗中傷がどうしたらなくなる!?霊格について、スピリチュアル 誹謗中傷がどうしたらなくなる !?霊格について、 スピリチュアル から見ると見えてくる話がある。 魂の成長、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ精神的な意味で物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人