スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

好きな人の気持ち!女性が見せる仕草や態度は?

・ 好きな人の気持ち / 女性 / 仕草 / 態度 (主.キーワード) 好きな人の気持ち!女性が見せる仕草や態度は? 好きな人の気持ち!女性が見せる仕草や態度 は、このブログにおいて、霊視を使っての好きな人の気持ち、男性の内容として割と多く話をさせていただいた。このページにおいては、好きな人の気持ち、女性が見せる仕草や態度について話をさせていただこう。 好きな人の気持ち!女性の心理については、基本的に女性は、心が分かりにくく、男性の方が分かりやすい話がある。女性は化粧で、自分自身の姿を隠す行いを行っているため、自分の本心と違った姿を演じやすくもあるためである。 しかしながら、好きな人の気持ち、女性の心理に至っては、男性よりも分かりやすい。 基本的に男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があり、女性は心的エネルギーを解放してコントロールする傾向が高く、好きな人の気持ちに対する強いエネルギーは、外に解放する姿が現れやすくなるのだ。 そのため、鈍感な男性でない限り、女性が抱く、好きな人の気持ちの仕草や態度について、分かりやすく確認できる場合もあるであろう。 好きな人の気持ち!女性が見せる仕草や態度の前の話 好きな人の気持ち!女性が見せる仕草や態度の前の話は、この話を知っていると、より、なぜ?その様な仕草や態度が起こすのか、より理解できるであろう。 この話は何度も、このブログで話をさせていただいているが、男性は意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この異なった異性の心は、磁石の様に引き合いやすくなり、お互いの心が結ばれやすくなるのである。 女性の意識したいよりも意識されたい気持ちは、 男性から意識されるために、何かしらの特徴を作り出さなければならない。 これが、女性が抱く、好きな人の気持ちに見せる仕草や態度であり、この特徴は、分かりやすい内容でもあるのだ。 先にも話をしていただいたが、女性は心的エネルギーを外に開放されやすいと話をさせていただいた。 例えば、好きな人の気持ちに見せる仕草や態度は、化粧が普段よりも濃くなったり、まるで子供の笑顔の様に強い笑顔が現れやすくなる。 心的エネルギーは外に解放されるため、そのエネル

沖縄の本物のユタは、宮古島に多い理由とは

沖縄の本物のユタは、宮古島に多い理由とは    目次 沖縄の本物のユタは、宮古島に多い理由とは 沖縄の本物のユタが、宮古島に存在しやすい話について 沖縄の本物のユタ、宮古島の根間さんの存在 ・ 沖縄 本物のユタ / 宮古島 (主.キーワード) 沖縄の本物のユタは、宮古島に多い理由とは 沖縄の本物のユタ は、沖縄本土に多くいるかと思われるかもしれないが、 宮古島 の方に存在している傾向がある。現在では、多少霊感の高い沖縄の占い師の方が、ユタを名乗っている姿も見受けられるが、沖縄の本物のユタは、占いの道具は一切扱わず、霊能力者の江原啓之氏の様に、直接、霊的な存在とコミニケーションが図れる存在である。 沖縄の本物のユタが、宮古島に残されている背景は、いくつかの理由が存在する。宮古島の方は、沖縄本土でも絆が強く、割と同じ価値観を共有しあっている傾向もあるのだ。 現在、沖縄の本土の中では、ユタに対する地位が高いとは言い切れず、過去には、力の無い自称ユタが、多額のお金を請求し、家庭を崩壊させるなど、社会的な問題を引き起こした歴史があるためだ。 宮古島では、ほとんどの多くの方が、身内みたいな話でもあり、詐欺的な人も現れにくく、沖縄の本土と比べると、ユタに対する信用に違いが現れやすい。 ちなみに、宮古島より少し離れた石垣島出身の、元ボクサーである具志堅用高氏の叔母は、沖縄の本物のユタの様な能力を持つ人でもあったそうだ。 おしかけスピリチュアルと呼ばれる番組において、霊能力者の女の子が指摘して、なぜ知ってるの?と話されていた内容があった。 沖縄の本物のユタが、宮古島に存在しやすい話について 沖縄県民以外の方はあまりご存知ではないかもしれないが、琉球時代沖縄では、 犯罪などを起こしたものに対して、宮古島に島流し されていたのである。 そして頭がキレる頭脳犯は、宮古島よりさらに遠い八重山に島流しにされていたのだ。そのため、沖縄本土では、宮古島出身者は、絆が強く、商売上手であり、八重山出身者は、頭が賢くなりやすい話などもされている。 琉球時代、沖縄の本物のユタが弾圧された歴史があるのだ。その理由については実際に分からないが、それを率先して行ったのが、先祖を中国人として、琉球人に帰化し

霊視で子育ての悩み相談!その前に、スピリチュアル

・ 霊視 / 子育ての悩み相談 (主.キーワード) 霊視で子育ての悩み相談!その前に、スピリチュアル 霊視で子育ての悩み相談 を行う前に、 スピリチュアル に関わる話について話を知っておけば、霊視で子育ての悩み相談の内容について深く考えることもできるであろう。 霊視で子育ての悩み相談は、大前提として、子供と自分とでは違った存在であり、考え方や価値観にも違いが当たり前の話として存在する。子供が反発する姿などに対して、悩み相談を求められている人もいるのではないであろうか。 一般的な話として、子供が授かる話の中に、自分自身には足りない要素、違った要素を持ち合わせて生まれてくる場合もよくある話である。 例えば、暗い両親の元には明るい子供が授かりやすく、活発な両親には、落ち着きのある子供が授かる話である。足りない要素をお互い求め合う中で生まれてくる話もよくあるのだ。 男性と女性とが結ばれる話の中に、お互い、足りない要素を補う意味で結ばれる話もあるであろう。家族の形成も、足りない要素を埋め合う中で、子供が生まれてくる場合もある。 そして、間逆の話として、似たような要素を、多少持ち合わせている傾向も小さい働きとして存在する。例えば家族全員が、自己主張の強い家族であったり、家族全員が、愛情深い家族である。あの親があって、あの子供と言う言葉もあるであろう。 男性と女性とが結ばれる話であっても、体は異なった異性でありながら、共通する価値観を持ち合わせている場合もあるはずだ。 つまり霊視で子育ての悩み相談を行う場合は、 子供の性格を知った場合、自分とは価値観が違っても、子供の価値観を認めるのも大切である。 霊視で子育ての悩み相談、霊能力者の江原啓之氏、スピリチュアルに関わる話 霊視で子育ての悩み相談は、霊能力者の江原啓之氏の番組内で、扱われた話があり、スピリチュアルに通じる話でもある。 あるシングルマザーの母親による子育ての悩み相談であり、1人娘が、話しかけても話をしてこない悩み相談であった。 娘はだいたい小学4年生から5年生ぐらいの女の子でもある。霊能力者の江原啓之氏は、霊視を見て確認する中で、しっかりした女の子であり、自分のことは自分で行いたいため、あまり関わって欲しくはない話でもあったのである。 母

沖縄のユタは、沖縄で嫌われている原因とは

・ 沖縄のユタ (主.キーワード) 沖縄のユタは、沖縄で嫌われている原因とは 沖縄のユタ は、肯定的に受けている人が、沖縄の中でもわずか限られた話である。本土の方の中でも、肯定的に受け入れているのは、スピリチュアルに関心の高い人や、霊的な内容に興味がある人でもあるであろう。 そのような人々が沖縄のユタについて情報を求めれば、肯定的な内容ばかりに目が奪われ、沖縄県民の中でも、肯定的に受け入れられている内容だと思われる人もいるのではないだろうか。 沖縄の中でも、嫌われているとは言い切れないが、耳にしたことがあるが実際に会ったことがない、見たことがない人も割と増えている。 沖縄の若い人々が、沖縄のユタに相談することもそれほど多くはなく、沖縄の中での先祖に対する価値観がやや低下している傾向もあるのだ。 若者の中には、集団自決をして亡くなった人々の場所を荒らし、問題を引き起こすニュースなども存在した。 従来の沖縄では、正月の際に、親戚同士が集まり、全員で仏壇を拝む習慣が割と強くあったのだ。ただし、近年はその傾向が弱まっており、親戚同士の中でも、各々だけで正月を送られる家庭も増えている。 また、沖縄では、方言が話せない若者も増えており、年配と若者たちの中で、強い境界線が現れている傾向も増えているのである。 私自身は、育ちは、本土であり、現在沖縄在住であるが、年配同士の言葉の中で、合っている話かどうかわからないが、ユタを方言でウサギと呼ばれている話があり、何度かその言葉を耳にする程度であるのだ。 若者の中には、ユタと言う言葉を耳にする機会も少なく、ユタについて知らない人も増えているであろう。 沖縄のユタ、沖縄で嫌われている話とは 沖縄のユタは、その昔の多くが、専業主婦として働いている女性であった。力の無い自称ユタも存在し、 悩み事の多くが、拝みが足りない決まり文句 で、まるで新興宗教のような内容でもあったのである。 従来において、多額のお金を請求し、家庭を壊す社会問題もあったのだ。本土でも、霊感商法による被害に合う話などもあり、それと似たような内容でもあったのである。 男性は、女郎を買い、女性はユタを買う話が昔よくあったそうである。悪い意味での言葉であり、受け入れられない人も多く存在した。 沖縄の

霊視を利用すれば、好きな人の気持を知る事ができるが

・ 霊視 好きな人の気持ち (主.キーワード) 霊視を利用すれば、好きな人の気持を知る事ができるが 霊視を利用すれば、好きな人の気持ちを知る事ができる。 ただし、好きな人の気持ちを知る事ができる話だけであり、それ以上、進展しなく終わってしまう場合もあるであろう。 霊視を利用すれば、好きな人の気持ちを知る事ができるが、先に霊視の話について知ってからの方が望ましくある。 霊視と聞くと、どのように思われるであろうか。人が実際に、目で確認したとしても、人の心の中身まで確認できない場合がほとんどのはずでもある。 霊感とは、誰しもが持ち合わせているものであり、心を感じる力でもあるのだ。つまり 霊視の力とは、人の心の様子が大きく関わっている ものであり、心を感じる中で見ているのである。 好きな人の気持ちでは無いが、例えば映画やドラマなどを見ている時、割と出演されている人の心の様子まで伝わってくる場合もあるのではないだろうか。 霊視とはそれをより強めた内容であり、多くの方が感覚的につかめる話でもある。 また人々の心の奥底は、電線の様に全て繋がっている考え方もあり、離れた場所でも、まるでインターネットを利用するように、好きな人の気持ちまでアクセスすることも可能である。 あくまでも可能な話であり、絶対に可能と言う話ではない。 霊的な世界とは、心の世界であり、アクセスしにくい心も存在する。例えば、先生方自身よりも強い心の存在においては、強すぎる内容しか感じられず、具体的に判断できない場合もあるのだ。 ただし、相談者の好きな人の気持ちの多くは、一般の人とあまり変わらない心の心情でもあり、それほど心配する話では無いであろう。 また、霊視に限らず、好きな人の気持ちについては、割と相談事でも多くあり、先生方自身その確認に長けている話でもあるはずだ。 霊視を利用すれば、好きな人の気持ちを知る事ができるが、その内容も様々 霊視を利用すれば、好きな人の気持ちを知る事ができるが、その内容も様々である。 ほとんどの先生方は、基本的な心情としての、好きな気持ちや、友達としての気持ち、などについて簡単に確認できる場合もあるであろう。 ただし、その力量も様々であり、確認できる感じ方に違いが現れる場合もある。 これは、俳優

沖縄の本物のユタが辞めた理由は?

・ 沖縄 本物のユタ (主.キーワード) 沖縄の本物のユタが辞めた理由は? 沖縄の本物のユタが、ユタを辞めた話 がネット上に存在する。ネット上にある話の中には、キリスト教に目覚め、その心の方が純粋である感覚を感じたそうである。 ここで私が話をする沖縄の本物のユタが、辞めた話としては、この方の話として、違った内容があるのではないかと思われる中で話をさせていただきたいと思う。 その最も影響が強いのは、沖縄県民の中での生活環境の変化が背景に隠されてると思われる。従来の沖縄は、現在でも名残があるが、門中制度と呼ばれる制度があり、親族のみならず、昔の仲間で絆を作り、一つの墓に入る制度が、戦後まで強く残されていたのである。 祭事ことをまとめていたのが、沖縄のユタと呼ばれる人々や、拝み屋と呼ばれる人々でもあった。 一つ墓に入る考え方は、昔は貧乏の人も多く存在し、土地の制限などもあり、門中制度が整っていたのだ。 現在は、各々が裕福にもなり、門中から出て、日本の本土と同じ様に各々のお墓を持つ世帯が増えている。そして大きな影響は、沖縄が日本に復帰した際に、様々な宗教が沖縄に入ってきたのである。 そして葬儀は、お寺のしきたりで行う姿を見せており、沖縄のユタに対する需要がとてつもなく減っているのである。沖縄では、過去に力の無い自称ユタが、多額のお金を請求する社会的な問題を引き起こしており、沖縄の中でもユタに対して、不信感を抱いてる人が割と多い。そのため、沖縄の人の中でも、あまり、ユタについて言葉を出す姿がそれほど多くも無いのだ。 ただし、力のある沖縄の本物のユタは、自らの使命の中で、そうそう簡単に辞めることもできず、限られた人の中での相談に応じていた姿もある。 沖縄の本物のユタの役割とは 沖縄の本物のユタの役割 は、先祖からの言葉を伺い、それは生きている現世の人々に伝え、先祖の魂を供養する一面が強くある。 私が相談に応じてもらった過去の、沖縄の本物のユタも、その傾向があり、当たっている話なども多くあって、先祖が見ている内容について確信した次第でもあった。 ただしその方は、その後、仏壇を高額に売りつけるなどの、話なども現れ、力を失った様子でもあったのである。 全てとは言い切れないが、現在の現代人は、先祖に対する

霊視の影響を与えた!シルバーバーチとは?それって嘘?

・ 霊視 / シルバーバーチ (主.キーワード) 霊視の影響を与えた!シルバーバーチとは?それって嘘? 霊視の言葉は、嘘だと思われる様なシルバーバーチの霊訓 と呼ばれる話が、世の中に広がりを与えている。私が子供時代は、霊視の言葉はそれほど社会に浸透しておらず、故人の宜保愛子氏や霊能力者の江原啓之が現れるまで、それほど社会に認められている内容ではなかった。 宜保愛子氏の霊視は、亡くなった方との言葉を伝える傾向も強く、生きている人への霊格の成長とは違った内容でもある。宜保愛子氏が、シルバーバーチの霊訓についてご存知だったかどうかわからないが、霊能力者の江原啓之は、シルバーバーチの霊訓の影響受けた中で、その価値観を日本に広げようとされたのである。 シルバーバーチとは、1902年生まれの霊媒師の方に憑依をして、現世の人とコミュニケーションを図った霊的な存在である。モーリスバーバネルと呼ばれる霊媒師であり、1981年に亡くなっなっているため、割と長生きされた方でもある。 シルバーバーチによれば、 現世と高級霊がいる次元には、波長が大きく違い 、直接、現生の人にメッセージを伝えることができないため、一度、その中間にある幽界に存在する霊媒師に憑依し、波長を落としてメッセージを伝えてくると言われている。 そして、このシルバーバーチの名前とは、その幽界にいた霊が、現世にいたときの名前であり、何千年も昔に現世にいたインディアンの名前でもあるそうだ。 シルバーバーチによれば名前などはどうでもよく、伝えてくるメッセージに意味があるものであり、このシルバーバーチの名前は、便宜上の名前でもあると言われている。 スピリチュアルに割と興味があり詳しい人の中には、シルバーバーチの名前をご存知の方も多いであろう。 霊視とシルバーバーチの関係とは 霊視とシルバーバーチの関係は、よくよく考えれば、 なぜ?霊視が付随してくる話 になるのか疑問に思わないであろうか。 メッセージを伝えるのであれば、霊視の力は必要ではなく、全くと言ってかけ離れた話でもあるであろう。 霊視の力は、言葉に価値を置いてもらう目的であり、当たる内容でなければ、誰も興味を持たず、関心を持たれることもないはずだ。 例えば、霊能力者の江原啓之氏が、霊視の能力を持たな