スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2022の投稿を表示しています

チャネリングが簡単な方法!スピリチュアル

「チャネリング」が簡単な方法!「スピリチュアル」 「チャネリング」が簡単な方法!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、もしかすると、「 チャネリング 」が簡単に誰にでもできるのかもしれない。 ただ、現代人においては、そうそう「 チャネリング 」が簡単にできるものでもなく、その話についても触れさせていただきたい。 「 チャネリング 」と聞くと、どのように思われるであろうか。神々に近い、「高次元の存在」と繋がることによって、何かしらのメッセージを受け取るものだと思われやすくあるであろう。 それ自体は、間違った話ではないが、手の届かないかけ離れた頭を下げるような存在ではない。 子供にとって、大人のような存在であり、私たちが子供だとすると、先生や大人のような存在に近い。 「 チャネリング 」を行うには、この考え方も大切であり、遠くかけ離れた存在だと思う気持ちは、逆に、「 チャネリング 」の力を遠ざける力として働きやすくなる。 この話についても知っておかなければならない。 「霊感」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり「心を感じる力」である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「霊感」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな「霊感」の働きである。 「チャネリング」が簡単な方法、「左脳」と「右脳」、「スピリチュアル」 「チャネリング」が簡単な方法、「左脳」と「右脳」、「スピリチュアル」から見るとこの価値観の違いが大きな違いとして現れる。 「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており「理系」的な働きをする傾向があるのだ。 「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており「文系」的な働きをする傾向がある。 本来バランスが整っている方が望ましくあるが、人は価値を求める生き物であり、偏りも現れやすくその結果物事の考えや価値観に違いが現れやすくなる。 日本人は、教育の影響によって、多くの方が「左脳」に傾きやすい。 人には、2つのタイプに分か

二極化が戦争を引き起こす!スピリチュアル

「二極化」が戦争を引き起こす!「スピリチュアル」 「二極化」が「戦争」を引き起こす!「スピリチュアル」 から見ると、「 二極化 」の力が「 戦争 」を引き起こす力として現れやすくなる。 当たり前の話であるが、このあたりまえの話について話をさせていただこう。 「 二極化 」とは、当たり前の話であるが、価値観の違いによる「 二極化 」でもあるはずだ。 ただし、普通に考えれば、そっちはそっち、こっちはこっちでお互い関わらなくて良いものでは無いであろうか。 絶対的な話ではないが、現在、現れやすい「 二極化 」は、「ロシア」と「ウクライナ」の状況にも現れているように相手を罵り合う「 二極化 」として現れやすくなっている。 「ワクチン」についても、「ワクチン推奨派」に対して「ワクチン否定派」が罵る、「ワクチン否定派」に対し「ワクチン推奨派」が罵る姿として現れやすくなっている。 インターネットの世界は、不特定多数の方々が入り混じるものであり、情報に対してすぐにアクセスできるものでもあり、反対の意見を持つ人々の情報を見やすくなってる状況もあるであろう。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに「快感」が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるはずだ。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も現れやすくなるのである。 つまり、自分自身が否定される内容は、自分自身の「存在感」に傷がつくものであり、「ストレス」が現れやすく「ストレス反応」によって「 二極化 」の「 戦争 」のような状態も現れやすくなる。 ただし、もちろん、全員がこのような生理反応を持つわけでもない。 「二極化」が「戦争」を引き起こす、「霊格」について、「スピリチュアル」 「二極化」が「戦争」を引き起こす、「霊格」について、「スピリチュアル」から見ると人の働きとしてこの働きが大きな原因だ。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」

自己肯定感を求める人々!スピリチュアル

「自己肯定感」を求める人々!「スピリチュアル」 「自己肯定感」を求める人々!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、「アメーバニュース」で、「 自己肯定感 」を求める人々が増えている話があった。 「アメーバニュース」においては、「 自己肯定感 」に対する書籍も多く市販されている話がされており、そもそもの話として「 自己肯定感 」に対して意識すること自体が「 自己肯定感 」がないと結論付けていた。 確かに、「アメーバニュース」の話はもっともであるが、「 スピリチュアル 」から見ると「 自己肯定感 」を求める人々が現れやすくなるのも必然的である。 先に、人が持つ欲求を段階的に提言された「マズローの5段階説欲求」の話からさせていただく。 人には段階的な欲求があると考えられており、始めは「生理的欲求」、次に安全を守りたい「安全の欲求」、そして、社会の一員になりたい「社会的欲求」である。 次の欲求が、現代人に多いと言われている人から価値のある人だと思われたい「承認の欲求」であり最後に「自己実現」の欲求である。 「自己実現」の欲求は、一概には言い切れず例えば社会に貢献したい、生まれた目的を成し遂げたいなど、能動的に欲求を満たすような内容だ。 このような考え方もあるかもしれない。現代人に「承認の欲求」が現れやすい理由について、従来と比べれば社会のコミュニティーが弱まっているものであり、他人から認められる姿が減っている考えである。 「自己肯定感」を求める人々、「存在感」について、「スピリチュアル」 「自己肯定感」を求める人々、「存在感」について、「スピリチュアル」から見るとこの話も必要かもしれない。 心理学者の「フロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなるのだ。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状

人類に厳しい試練!スピリチュアル

人類に厳しい試練!「スピリチュアル」 人類に厳しい試練!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、令和に入ってから世界状況の変化が激しいと思われないであろうか。 これは、「 スピリチュアル 」から見るとただの偶然ではなく、必然的に、引き起こされている内容である。 コロナの影響は、世界的に共通的な内容として引き起こされた内容であったであろう。 現在、「ロシア」が「ウクライナ」に侵攻を行っているものであり、これも、世界が注目している内容である。 今後、世界規模の出来事が何かと起こりやすくなり、従来の世界観と違った世界観が人類に厳しい試練として待ち受けている。 都市伝説的な陰謀論の話としては、地球の人口が現在、70億人である中で、2050年には100億人以上増える話もあり、自然的な力による人口削減の話などもあるかもしれない。 人類に厳しい試練と聞くと、恐怖を感じる人もいるかもしれないが、この話は人類絶滅の話ではない。 「 スピリチュアル 」的な内容に意識を持ち合わせていれば、この苦難である人類に厳しい試練に対し乗り切ることができる力も現れやすくなるであろう。 ただ、現代人の多くの方々、特に日本人の中で、この意識について意識が薄い人々も多くいる中で、日本人に対しても厳しい試練が待ち受けているものだと思われる。 人類に厳しい試練、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」 人類に厳しい試練、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」から見るとこのエネルギーが厳しい試練として影響与える力だ。 「 スピリチュアル 」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から、徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話がある。 これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になるのだ。 「女性的優位のエネルギー」は、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような「相反するエネルギー」も現れやすく、これが社会に対し「二極化」や「矛盾」、「朝令暮改」として顕在化されやすくなる。 男性は、心的エネルギーを「抑えてコントロール」する傾向があり、心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的エネルギーを「外に開放してコントロール」する

ウクライナ侵攻の真実が裏にある!スピリチュアル

ウクライナ侵攻の真実が裏にある!スピリチュアル  目次 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある!「スピリチュアル」 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある、その真実とは、「スピリチュアル」 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある!「スピリチュアル」 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、現在、世界は、「ロシア」の「 ウクライナ侵攻 」によって世界中が注目している。 「プーチン大統領」は、「ベラルーシ」との軍事演習が目的とし、「 ウクライナ 」には一切、攻めることがない話を当初していた。 日本の専門家である人々も、コメントとして「プーチン大統領」が「 ウクライナ侵攻 」がありえない、と自信満々にコメントをしていた姿があった。 「プーチン大統領」は、その言葉を反故にし、「 ウクライナ侵攻 」を決断したのである。 割と、「プーチン大統領」の発言は、結果的に反対として現れている傾向があると思われないであろうか。 「 スピリチュアル 」から見ると、「 ウクライナ侵攻 」の真実が裏にある姿もあり、「NATO」が仕掛けてこない限り「ロシア」は攻撃を加えない話があったとしても、裏の力としてあり得るかもしれない。 現在、「ドイツ」は、「ロシア」から天然ガスを6割ほど依存しているものであり、これを止められるのは「ドイツ」として経済的に大ダメージを受けてしまう。 「プーチン大統領」は、したたかで戦略家でもあり、この状況をうまく利用し「NATO」を分裂させる考えも持ち合わせているかもしれない。 既に、「ロシア」に対する経済制裁に対し、諸刃の剣のような制裁に対し、行うべき意見と行わない方が良い意見の対立がEUの中で現れている。 「ウクライナ侵攻」の真実が裏にある、「女性的優位のエネルギー」、「スピリチュアル」 「 ウクライナ侵攻 」の真実が裏にある、「女性的優位のエネルギー」、「 スピリチュアル 」から見るとこの潜在的な力が見えてくる。 「 スピリチュアル 」では、地球の全体的なエネルギーの質が「男性的優位のエネルギー」から徐々に「女性的優位のエネルギー」に変化が始まっている話があるのだ。 これは、白黒のスイッチのように急激に