翻訳

2018年9月7日金曜日

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか! 

霊視の見え方

霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも言われている。

私自身は、自分自身で霊視を見る力は無いが、プロフィールにも記載していただいている様に、過去には、意味のある映像を幻覚として何度か見たことがある。その内容を含め、 私が知り得る中での霊視で見える映像について紹介させていただこう。

私自身の場合は、まず最初に、耳元の奥からノイズが聞こえだす。すると、まるで耳に音量を調整する丸いつまみがついてるかのように、徐々に外の音が小さくなる。

感覚的に言えば、 YouTube などの音量を調整するバーを移動させる様な物であり、特徴としては徐々に周りの音が小さくなっていくのだ。

すると、ノイズが消えた次の瞬間に黒い空間に覆われ、目の前に意味のある映像が現れる。 暗闇な空間の前に、 映像が見えるのだ。私の場合は、動画では無く、静止画の様な内容でもある。

私には、画像編集ソフトを持ち合わせているため、その様子を 紹介させて頂いておこう。

見え方

私が霊視?で見える映像は、映像の境界線が、上の図の様にぼやけている様なイメージである。黒い部分は、この様なベタの黒では無く、奥行きの感じられる様な空間でもある。すぐ目の前に大きく見えるのでは無く、5メータぐらい離れた場所に見える。

この画像は、 二次元の平面の画像であるが、感覚的に言えば、360度、暗い空間の清寂の中にいる様なイメージだ。大きな広々とした真っ暗な洞窟にいる様な感覚だ。

この画像を見終われば、まるでこの画像がメッセージを含まれているかの様に、このイメージのの意味を悟った中で、 再びノイズが聞こえだし、それと同時に、周りの音が徐々に聞こえだす中、次の瞬間、黒い空間が、霧が晴れるかのように、普段の正常な景色が蘇り、通常状態の元の状態に戻るのだ。

この内容は、私自身の意思で見ることはできない。何かしら疑問に思う中、何かしら知りたい欲求が強まる中、今死んでも良いからその内容を知りたい強い欲求が現れた時に、この様な幻覚を過去に何度か見たことはある。

自分の意思で、霊視が出来る能力者は、この様な強い欲求を作り出す事が出来る人なのかもしれない。

インターネット上でも、よく見られる霊視で見える映像は、 映画館のスクリーンをイメージする話もよく聞く話しでもある。

私が知ってる内容としては、映画館のスクリーンを頭に浮かべると、そこに対象者となる人のイメージが物語の様に現れる話しである。 初めは、見ることしかできないが、意識を少し早送りや巻き戻しなどに向けてトレーニングを行うと、映像をコントロールすることができるようになり、対象者の過去や未来を知る事が出来る話なども聞いたことがある。

その映像の内容については、自分で解釈しなければならず、外してしまう場合もあるそうだ。江原啓之氏の言葉の中には、見える映像に対して、解釈する力量こそが本当の力であり、見える、見えないで判断するのは、本当の判断では無いともおしゃっている。

霊視の力とは、本来、ありえないと思われている場合が一般的であり、見える、見えないで力の判断をしてしまう人が多いのも致し方が無い話しでもあるが・・・

全く楽器を弾く事ができない人からすれば、多少、音を鳴れせる人は、すごいと見られる場合もあり、プロからすれば、音を鳴らすのは、それほど大した話しでは無いと似ているかもしれない。

霊能力者の木村藤子氏は、 OL 時代、突如、同僚の頭の上に、家で夫婦喧嘩をしている映像が映し出されたと紹介されていた。

江原啓之氏の話によれば、頭の後ろで見ている様な感覚だと紹介されている。 私自身、その感覚がどのような感覚なのか、上手く感覚をつかめることができないが。

江原啓之氏が、霊視をしている中には、白目になる姿もあり、もしかすれば、目を反対にさせる感覚なのかもしれない。

白目になる話は、外国の動物と話ができる少女も、同じ白目になる映像を過去に見たこともあり、 霊的な何かと関わりがある可能性なども考えられる。

白目による話に至っては、 その様な能力、人間では無い、怖いと思われる人もいるかもしれない。

 人は寝ている間に、霊視能力者になっているかも 

睡眠時

一般の人でも、夜、夢を見ている時は、同じ様な動きをしている場合もあるのだ。人は夢を見ている時、目は、高速で異常な動きをしている場合もあるとも言われている。

あまり、お勧めしないが、寝ている人の目を見て、 まぶたを観察する中で動きがある場合、夢を見ている可能性も高く、まぶたをそっと開き目を見てみると、 人とは思えない様な目の動きをしている場合もあるのだ。

夢を見ている時と、霊視で見える映像には違いがあるが、夢を見る場所を扱って、高級霊がメッセージを伝えている可能性も考えられるであろう。

知りたい欲求を強く持ち合わせていれば、夢で出会う人から霊視の様なメッセージを受けれる可能性もある。

違うページでも紹介しているが、ある民族は、常に明晰夢(夢で夢だと判断できる夢)を見れる民族がいる。その民族は、明晰夢で出会う人から、生きる上での糧となる話しを得るそうだ。

その民族は、夢を価値の無い内容とは切り捨てず、朝起きれば、夢で見た内容を語り合い、大人は子供に対して、この様な夢を見れば、この様な対応をしなさいとアドバイスをするらしい。

その民族は、夢に対する意識が強く、夢に高い価値を置いている。この様な話しを聞けば、文明人よりも人生を無駄なく歩んでいるものであり、文明人ほど、人生を無駄に歩んでいるのかもしれない。

夢日記を付けると、明晰夢とはいかなくても、鮮明で覚えている夢を頻繁に見る確率が高まる情報もある。自分自身の感性が高まる可能性もあるのではないであろうか。

 幽霊を見る霊視は、どの様な見え方? 

幽霊の見え方


霊視で見える映像の中には、 合成と言う考え方も存在しているかもしれない。 私達の世界は、様々な世界が重なり合ってると言われている。

グラフィックソフトをお持ちの方は、イメージしやすいかもしれないが、様々な層レイヤーが重なっている様なイメージだ。

普段、私達は、物理世界の最も下の層に位置する姿しか見ることはできないが、霊視ができる能力者は、もう一つ上の重なった層を重ねて見ることはできる考え方である。

そのため、一番、下の階層と一緒に、重なっている、上の層を見ることができるため、物理的な現実世界と一緒に、その上の階層にある(いる)幽霊の姿も見ることができる内容だ。

江原啓之氏の話によれば、幽霊を見ている時は、まるで、映像を見ているかの様な見え方だとおっしゃっていた。

生きている人と同じ様な姿としてではなく、少し実体感が薄れている様なイメージでもある。分かりやすくイメージすれば、3D映像を見ている様なイメージでもあろう。

現実に生きている人は、物理的な世界に生きているため、物理的な見え方について意識が高まってしまう場合もある。映像を伝えてくる高級霊からすれば、映像の見え方というのは、それほど重要ではなく、伝える映像の内容、意味のある映像としての価値に意味があるのではないであろうか。

霊視ができる能力者は、霊媒師と言われる場合もあり、その霊媒師には個性もあれば、人個人として、他人とは違う様々な経験をされている。

その人にとって、最も効率的で、理解しやすく、伝えるために最も望ましい見え方として様々な見え方があとも思われる。

情報を伝えてくる高級霊にも個性があり、高級霊の違いも見え方の違いが現れている話もある。一人の方が、複数の見え方を持ち合わせている可能性なども考えられる。

 実は、霊視能力は、それほど価値は高く無い!? 

霊視

一般的に、霊視能力は、高い霊能力を必要とし、高い価値のある高級霊からメッセージを受け取る、一番、価値の高い能力だと思われる場合があるであろう。

その話、そのものは、多少間違ってはいないが、一番、価値の高い能力とも言い切れない場合もある。

高級霊がいる世界は、高級霊同士が思念によって、コミュニケーションを行っていると言われている。思った内容が、直ぐに相手に伝わる世界だ。嘘をつく事もできなければ、恥ずかしい行動も取りにくい。裸同然の世界でもある。

高級霊にとっては、思念を感じもらい、思念で理解をし、思念で判断して行動してもらう方が、より効率的なのである。わざわざ、理解してもらうために、映像化させるには、それなりの作業が必要とされ、映像がうまく伝われない場合もあるらしい。

イメージで言えば、携帯の方が便利であるが、絵本を作って、見てもらう様な内容だ。実際似の話は、映像そのものは、人から伝わってくる映像を元に作り上げられるであるが、どの様な映像を霊媒者に伝えればよいのか、あの世で考え、編集しなければならない作業もあるであろう。

すべての映像を見せるとは、一生分の映像を見せる内容でもあり、効率的ではないはずだ。

霊視は、映像であるため、時間軸における点の情報を得るのに最適である。線の情報を読取る場合は、占いの方が力を発揮される場合もあるのだ。

霊視が出来る占い師の中には、霊視では判断しにくい内容について、占いの道具で補正的に利用する先生もいるが、世間は、道具を扱う占いは、力が弱いと思い込んでいる人も多く、力がある事を示すためにあえて、道具を使わない先生もいる。

目的にあって、相談者が選ぶのが大切であるが、そこまで知識を持ち合わせていない人も多い。

霊視で見える映像とは、少し話は脱線したが、五感は、目だけで無い様に、霊視がすべてを網羅しているのでは無く、補えない力も存在する事について知っていただければと思う。

当たり前の話として、霊視だけでは、霊的な力を使って体を癒やす力は無い。たくさんの能力がある中で、どの様に多くても、一般的に、二、三種類の能力しか保持できないとも言われている。

さらに余談であるが、生まれてくる以前は、この世界(現世)を視た中で、私達は生まれて来たものであり、潜在的な心の中には、あの世において霊能力者の様な力を発揮していた時期があるはずだ。能力が無いのでは無く、その力を忘れているに過ぎず、死後、人は、再びその能力が目覚める可能性も持ち合わせている。


黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。


霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも言...