翻訳

2018年9月19日水曜日

霊視は、どこまで見える?わかる範囲とは?

 霊視は、どこまで見える?わかる範囲とは? 


霊視はどこまで見える

霊視は、どこまで見える、どこまでわかるかについての範囲に考えてしまう人もいるであろう。私自身も確かな答えは持ち合わせていないが、私自身が調べた中での持ち合わせている知識と私が感じる私自身の言葉で紹介させていただこう。

どこまで見える、どこまでわかるかについては、2つの考えがある。1つは、実際の現実世界における距離についての内容だ。極端な話、宇宙の果てまで見ることができるのかどうかについても疑問に思われる所であろう。

そしてもう一つは、時間軸において、霊視は、どこまで見える、どこまでわかるかについてだ。極端な話、地球が滅亡し、人類は他の星へ移住するかについての判断も気になる人もいるかもしれない。

この考えを述べる前に、このブログで何度も説明している霊視の仕組みについても説明しておかなければならない。

何度もこのブログで説明しているが、霊視ができる霊能力者は、霊媒師とも言われる場合があり、高級霊が霊媒師に憑依をすることで、目に見える姿として力が現れている。そして、高級霊と同じ、考えや思いに立つほど、波長があいやすく、高級霊は、霊媒師に様々な力を授けやすい。

わかりやすく言えば、シンクロしやすいとも言える。

霊媒師自身に、自分自身の欲などが現れれば、高級霊と波長が変わり、高級霊は霊媒者を扱いにくくなることで力を授けにくくなってしまう。霊能力者の多くは、人格的にも人間性がなければならない。

霊能力者の方の中に、人間性を失った人の中には、霊的な力を失ってしまう場合もよくある話だ。

霊視における力というのは、高級霊の力であり、高級霊にも個性によって多少の違いはあるであろう。

実際の距離における、霊視は、どこまで見える、どこまでわかるかについては、私自身は、人に伝えるべき情報については、地球上の距離の範囲でしか、見ることができず、わからないだろうと考える。

なぜならば、他の星についての情報などは、今の地球人にとって、あまり意味もない内容であり、そのような内容を伝えた所で、どうでも良い内容だからだ。伝えたからと言って、証明する事はできず確認をする事すら、今の人類には不可能な内容だ。

ただし、高級霊の中には、夢物語として、他の星の状況について伝えてくれる高級霊もいるかもしれない。

私自身が考える中では、距離における情報というは、生命体から入ってくる情報によって把握してるのでは無いかと考える。

集合的無意識という言葉をご存知であろうか。あらゆる生命体は、心の奥底では全て繋がってると言われ、全ての生命体の神経を通して受ける情報は、集合的無意識という場所に集められるとも言われている。集合的無意識は、ただ、受け取るのではなく、生きている生命体に能動的に働く場合もあると考えられているのだ。

よくよく考えれば、この様な考えもあるのではないであろうか。生命が進化する場合、なぜ、ぐちゃぐちゃとした姿として進化せず、整った形として進化をするのか。集合的無意識がしっかりと計算した中で、生命体に進化を促してると考えることもできよう。自然の力というのは、集合的無意識によって支えられてるとも言えるかもしれない。

集合的無意識というのは、地球だけの内容でないとするならば、全宇宙の、生命体が受けた情報がそこに集められてる可能性もある。高級霊は、その情報にアクセスすれば、遥か彼方の距離にある宇宙における生命体の星の情報も把握できるかもしれない。

これはあくまでも可能性であり、高級霊は、人間の道具ではないため、人間が抱く興味本位な内容に手を貸すことはないであろう。これは、芸能人が街中で人に出会い、何かやってみせろよと言ってるのと同じ姿だ。

未来においては、このような考えがある。高級霊が見える内容は、山を登って遠くを見ている様な内容であり、高級霊がいる高さによって、その見える範囲に違いがあり、限界があるとされている考えだ。

現世における人に接触をする高級霊の上にも高級霊がいるとされ、その上にも高級霊がいるとされている。現世の人に接触をする高級霊自身も、どこまで上が続いてるのか、その高級霊自身も分からないと言われてるのだ。

上の高級霊になればなるほど、見える範囲、分かる範囲も広がり、視野が広がるとも考えられている。

この姿を現しているシンボルマークがある。それは、フリーメイソンの目がついたピラミッドだ。誰しもが一度は見た事があるであろう。一ドル紙幣にも描かれているマークである。頂上の目は、未来も過去も、あらゆる全てを見通す姿を現しているとも言われているのだ。

実際の話、霊視によって、どこまで見える、どこまでわかるかは、今の人間にとってはどうでも良い話であろう。人間というのは所詮、井の中の蛙である、蛙が、離れた大地(はるか彼方の未来)の様子を知った所でどうでも良い話だ。

ただし、霊視の力というは、現在の人に対して、驚きを与え満足をさせるだけの力はあるはずだ。

過去の霊能力者の方の中に、ルドルフシュタイナーと呼ばれる霊能力者がいた。

ルドルフシュタイナーの話によれば、時間軸を見えるのには、範囲があり、限界があると言葉を残されている。ルドルフシュタイナー自身は、迷信ともされる古代文明である、アトランティス大陸の過去は知ることができたといわれているのだ。

アトランティス大陸では、霊能力者の力が公に認められ、発明などの知識など、あの世からの様々な情報を霊能力者を通して伝えることで、その文明は大いに発展していたと伝えている。

ルドルフシュタイナーの言葉ではないが、アトランティス大陸、その文明は、神の怒りに触れ滅んだという考えもあれば、高度な文明を使い、違う次元へ旅だったともされている。

この文明は、情報だけの世界に生活空間を移し、そして現世に私達が生まれてくるのは、実はその情報の世界から派遣されている魂だと考える人もいるのだ。つまり、現代の私達というのは、アトランティス人である可能性の話だ。

体というのは、ロボットのような役割があり、体を操作することで、体から受ける情報が全て、情報だけで成り立っているあの世のアトランティス大陸に送られていると考えられている話しもある。

これは空想的な話であるが、全く迷信的では無く、可能性は全くゼロでは無い。実はこれに近い物語というのが、アニメや小説などで既にある考え方だ。

ルドルフシュタイナーによれば、未来に対する情報も残されてる。霊能力者が批判される時代が長く続くことになる。その時代の先には、霊的な力を発揮する人々が現在よりも多く現れ、再びあの世と情報を公に交流し合う時代が訪れると残されている。その先の未来については、言葉を濁すかのように、今の人類には知らない方が良いと発言された。

ルドルフシュタイナー自身が、その先の未来を知ることができないか、知る中で知らない方が良いかはわからない。

この様な話しをしてしますと、何を馬鹿げた話だ、まるで非現実的、非科学的、頭がおかしいのではないかと思われる人もいるであろう。

都市伝説、やりすぎコージーという番組でこのような話が紹介されていた。その番組はただ都市伝説を伝えるだけではなく、権威のある科学者等に足を運び、その真実を追究していく一部分がある。

その話の中には、人類の人口が爆発的多くなっていく中では、一部の人間は、意識を情報だけの世界に送られることになるであろう。その研究は、行われており、それほど遠くない未来に現実に現れる可能性も高いと紹介されていた。

これがまるで、アトランティス人が、情報だけの違う次元へ移した考えとよく似ているではないか。仮に、すでにアトランティス人がそのような知識を持ちあわせ、あの世にその実行できる情報があるかもしれない。その情報をあの世から引き出せば、現実世界において、それを実行する事は可能であろう。

もうすでに、現代の科学者の中には、霊能力者を通してあの世からのメッセージをうけ、様々な知識を手に入れている可能性も否定できない。


黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。


霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも...