サイトアクセス数

2018年9月19日水曜日

霊視相談、霊視占いは、対面では無く、電話占いが多い理由について

霊視相談 霊視占い 対面 電話占い/霊視相談/霊視占い/対面/電話占い(主.キーワード)

 霊視相談、霊視占いは、対面では無く、電話占いが多い理由について 



「対面による霊視鑑定」、霊視相談よりも、「電話相談」による「霊視相談の方が多い」。その理由について、少しばかり話をさせていただこう。


霊視による力を初めて見た方の中には、テレビやインターネットなどの動画などをご覧になり、その姿がイメージで焼き付いている方もいるかもしれない。「霊視相談とは、対面でなければ相談に応じられない内容では無い。」

電話

江原啓之氏は、テレビ番組などでも、電話を通して相談者の相談に応じられていたものでもあり、スマホなどから離れていても相談に応じれる内容でもある。

力のある先生ほど、全国で悩まれている方に対して相談に応じられたい思いも強く、厳しい審査を通して電話で相談ができるサイトに所属され、そこで相談に応じられているのだ。

そもそも、霊能力者の霊視能力というのは、公に認められている内容ではない。更に言えば、その力の存在すら知らない人も多いであろう。

スピリチュアルに関心の高い人や、霊能力者に興味がある人、一部の人しか知らないマイナーであり、専門的な知識のように見られてしまう場合もある。占いそのものも理解できない人も多く、霊視という言葉は、占い以上に意味の分からない言葉のように思われているはずだ。

店舗を構え、霊視鑑定、霊視相談という看板を掲げても、多くの通行人は、その言葉の意味がわからず、足を運ぶことはほとんど無いであろう。

特に霊という言葉は、幽霊をイメージする人も多く、死をイメージする姿から、距離を置く人も多く現れやすくなる。避けられてるような姿は、霊能力者自身も、もちろん、人であり喜怒哀楽の感情はある。そのため、避けられる思いは、あまり嬉しいものではないはずだ。又、周りの店舗からは、幽霊が集まると言う様なイメージから、クレームが寄せられる可能性も高い。

霊能力者の中には、好きで霊能力者になった訳では無い人も多いであろう。宿命を決意する中で、自分自身の中で妥協をしプライベートと、仕事を区別されたい人も多いのだ。

テレビでも活躍されていた木村藤子氏は、当初、批判する人も多いため、テレビ出演を拒否されていた次第でもある。美輪明宏氏の説得と励ましにおいて、出演をされた話しもある。

霊能力者の方は感覚が鋭く、神経質でもあるため、人からの批判は、一般の人よりも強く受けてしまう場合もあるのだ。霊感が強いとは、人の心を強く感じる思いも長けているため、苦しみも強く味わってしまう場合もよくある話しでもある。

自宅などでの対面であれば、ご近所の周りから、霊能力者としての視線が集まってしまう。常に、自分自身が霊能力者として自覚をさせられる事になる。

そもそも現在のマンションなどは、営利目的としての利用ができない場合も多い。不特定多数の方の人の出入りする姿に対し、禁止され規制がかかっている場合もある。スマホやインターネットが普及する以前は、過去の話しとして、力のある人の場合は、予約されず、突然、深夜に訪れる人もいる話しも聞く。

霊能力者という言葉を使わずに、スピリチャルカウンセラーなど、外来語のような言葉を使って、活動する方法もあるが。ただしこのような言葉はさらに、認知されている言葉ではなく、更に相談者は訪れにくくなる可能性も高い。

霊能力者が授かる力というのは、一般の人と同じ様に仕事として与えられた力ではない。人の相談に応じるために与えられた力だ。

人が集まらない様な場所で相談に応じても、その力を全うすることは出来ないであろう。

霊視能力を身につけた人の多くは、占いサイト運営会社に所属し、電話占いにおいて相談に応じる人がほとんどなのだ。なぜならば、既に、そこには、悩みを抱えている相談者がいるためだ。相談を受ける側も、相談に応じる側も、都合が良い場合もある。

ただし、全ての能力者が、占いサイト運営会社に所属できるわけではない。当たり前の話とし、運営会社は、力のある人を求め、しっかりと相談に応じることができる人を求める。

当たり前の話しとして、運営会社も自らの足で能力者を探し、力のある先生をスカウトされ、所属してもらおうと努力されている。

力のない人を所属させてしまうと、それが悪い評判となり、サイト運営会社の存続危機を招いてしまうためだ。これは、プロ野球と似たような内容ではないであろうか。球団は、力のある選手を求めているのは当たり前であり、力の無い選手であれば、ファンが集まらず、球団は存続危機に陥ってしまう。

ただし、野球の場合は、選手は高額の給料を貰える。しかし、先生にもよるが電話での相談は、対面と相談料とはほとんど変わらない。一般的に「対面」は、一時間二万円から三万円あたりが相場であり、中にはそれ以下で相談に応じられている人もいる。

相談料での話しとなれば、「電話での相談のメリット」としては、分単位での相談料であり、力のある多くの先生が所属されているため、先生同士の競争意識も高く、他の先生を意識する事で自らの霊的な力を高める努力はもちろんの事、言葉としては適切では無いが、価格競争が起きる中で相談料も一般的な相談料よりも低く設定されている場合もある。

対面の中には、閉鎖的な環境で独断的な意識が芽生えやすく、天狗になった様な錯覚から「高級霊から見捨てられ、力を失ってしまう」話しもある。よくある話しとしては、あの先生、昔はよく当たったけども、最近当たらなくなったね。と言う様な話しもあるのだ。

利益追求ための競争意識では無いが、同じサイトに所属される他の先生を意識する事で、気が引き締まり、集中力が高まる場合もある。

そもそも、霊能力者は、経営者でもなく、一般の人と変わらない地位にある場合がほとんどだ。また、お金持ちの子供として生まれるのではなく、どちらかといえば、貧乏を経験される場合も多い。苦しむ思いがなければ、相手の思いを思いやる思いも共感できなくなってしまうためだ。

つまり、霊視能力を持ち合わせてる人は、資金が無く、店舗を構えて、対面の相談に応じることができない。力を身につけられた方は、どの様に、自分の知名度を広げていけば良いのかも分からない場合もああるであろう。テレビでも話題になっていた、霊能力者の女子大生ちえちゃんは、運営サイトに所属され、アルバイト目的で相談に応じられていたそうだ。

個人で対応する対面の中でも、知人同士の中で口コミによって広がり、それが多くの人に広がっていく姿もある。そのような人は、プライベートにおいても霊能力者としての自覚を持ち、周りから様々な目で見られる姿に、それを受け入れている人である。これらの人の多くは、本名で活動する人も傾向としては高い。

ただし、この様な方の多くは、口コミでの力によって多くの人に力が認められ、地域限定では無く、全国規模で多くの人が相談に足を運ばれる現象が起きやすく、予約が半年待ちやそれ以上かかる場合もある。特徴としては、雑誌やテレビなどで紹介されやすくもなるはずだ。

逆に言えば、対面によって直ぐに相談に応じられる様な霊視相談は、疑わしいと疑っても良いであろう。

霊能力者も人であるため、多くの霊能力者は、友人や家族のことや親族のこともあり、プライベートと力を発揮される場所を分けたいと思われる人もいるのだ。

これは、自分自身が霊能力者となり逆の立場で考えれば、プライベートと力を発揮させる場所を分けたい人の思いも理解は出来るのではないであろうか。

子供がいれば、子供がいじめられてしまう可能性もある。最も大きな理由は、スマホの普及と、専門的に電話で応じられる運営サイトの誕生によって、対面での需要が多いに減っているため、力のあった先生方もそれに合わせて電話に応じる様にシフトに変える傾向が高まっているのだ。

これは、よく似た内容として、ショッピングモールと似ているかもしれない。ショッピングモールが近所に出来たため、地域の商店街(対面)には人が集まらなくなっている様な状態でもある。

力を発揮するのは、何も対面で無ければ力を発揮できない訳では無い。
特に力のある霊視が出来る霊能力者ほど、自分の力に自信があるため、相談者が多く集まる「電話占いサイトに応募を行い、審査してもらおうと試みる。」

これも、逆の立場になって考えれば、霊視が出き、人の相談に応じる力があれば、既に相談者が多く集まる電話占いサイトの審査にチャレンジしてみようと思うのは必然的な話しではないであろうか。

「電話占い」サイトの多くは、霊能力者自信、時間の都合を利かす事も可能であり、又、独自による対面との併用も可能であるため、「力のある人ほど、電話占いサイトにも所属されている傾向が高い。」

力のある先生の中には、インターネットに詳しくない年配の先生方が対面によって相談に応じられている場合もあるが、対面には審査に不合格された方や、自称霊視相談、が存在する事を知っていただければと思う。

併用ができるため、一般的に考えれば、電話で相談にできるサイトにも席を置いておこうと思われるのが、一般的な考え方でもあるであろう。

相談者も対面では無く、力のある霊能力者が集まる電話占いへの相談にシフトを変えているため、「対面による相談が減っているのも背景には隠されている。」

仕事を行っている相談者からすれば、平日には対面によって相談に応じにくく、休日などは、対面において予約が一般になりやすいため、仕事が終わってからも相談に応じやすい電話での相談利用が増えているのも理由としては挙げられる。

先生方が、平日において、最も忙しくなる時間帯は、午後6時から、深夜の2時ぐらいであり、先生方も自宅で対応できるため、この傾向が今後加速して行くであろう。

時代は変化している物であり、「力のある霊能力者への相談者が増え、霊的な存在の真実を知る人が増えるだけでは無く、詐欺目的とした、物を売りつける霊感商法、自称対面による霊視相談は、今後、淘汰されていくと思われる。」

google検索 ◯「電話占い 霊視相談」 ◯「電話占い 霊視占い


黄金の蝶

恋愛なども含め、悩み事を抱えている方へ


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、全国で悩みがある方への相談として、対面と併用ができる、夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向が高いためである。

所属するために、力の有無について、しっかりと能力について確認されているため、その点については心配する必要性は無いであろう。自称も世の中には存在し、その点について安心の中で相談ができる。

最もお勧めは、江原啓之氏やちえちゃんも持つ、守護霊対話能力のある先生である。占いの道具を扱わず、生年月日も必要とせず、悩み事を知り未来を見通す守護霊対話は、対面や電話占いなどでも保持者が少なく、守護霊を見れるほどの力は、心を感じる霊感が強い証ともなるであろう。

守護霊を見れるほどの力は、未来も含め、様々な出来事を視れる可能性も高い。注意をしなければならないのは、全ての先生とは言い切れないが、チャネリングで伝わってくる感覚に対して、霊視と言葉を置き換えている姿も増えている。

過去における霊感占いを霊視占いとして言葉を置き換えているのだ。近年、霊感占いの言葉の数も少なくなっているのではないであろうか。もちろん、実際に視る力があり、補助的に占いの道具を扱う先生も存在する。コメントなどで、視えている、などの言葉を参考にされると良いであろう。


電話による相談においては、一度、利用されて見ると、力の真実の確認と、割と直ぐに相談に応じてもらいやすい便利さに気づきと驚かれる姿もあるであろう。

私自身は、一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、お勧めとして紹介させていただいている。






◎特にお勧め、人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれない。絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、そのため、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージである。既に、ご存知の方も多いであろう。

(お勧めする、霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つ業界でも有名なオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど







◎当たると口コミで評判のディスティー


ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(お勧めする霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど





どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------


先生探しの参考になる!お勧め記事

霊視による電話占いは、対面より口コミでお勧め

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談


私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール




注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違...