翻訳

2018年8月13日月曜日

霊格が高い人の特徴は?!高級霊が憑依をする人格とは?

 霊格が高い人の特徴は?!高級霊が憑依をする人格とは? 

霊格が高い人の特徴
霊格が高い人の特徴は、このブログでは何度も、高級霊という言葉を使わせていただいている。高級霊の意味についてあまり知らない人もいるかもしれない。そのため高級霊という存在と、高級霊が憑依しやすい高い霊格の持ち主、憑依された時の特徴について紹介させていただこう。
高級霊とは、自らが高級霊と名乗っている名前ではない。現世で生きている人が、分りやすい表現として名付けている名前である。高級霊自身は、名前などはどうでもよく、伝えるべき言葉の意味について、よりよく自分で考え、真摯に受け止め、自身の霊格を高めて欲しいと思われているそうだ。


分かりやすく例えれば、私達の精神の成長を手助けする先生の様な存在と言えるであろう。


ここで、高級霊は、精神性が高いのかと思われる人もいるかもしれない。精神性が高いとは、どの様な霊格の持ち主なのか疑問に思われる人もいるであろう。


精神性を考える上では、人の生き方、人の成長を見ればわかる内容である。人は赤ちゃんから生まれてくるが、赤ちゃんは1人で生きれない。


赤ちゃんは周りの人達の手助けが必要になる。赤ちゃんは、他人に対する意識よりも、自分自身の生きるための欲求を満たす思いが強い特徴がある。


やがて赤ちゃんは、大人へと成長する中で、周りに手助けされなくても、1人で生きていく力を身に付ける。
1人で生きていく力を身につけた物は、自分自身が存在する力に余裕が現れ、その余裕を使い、幼き赤ちゃんを助ける側に身を置くことになる。
つまり、精神性が高いと言うのは、他者を助ける思いの強い精神の持ち主だ。修行に耐えれるような精神力ではない。もちろん、高級霊は精神性が高い。
自分自身が存在する姿に余裕があり、人を助ける思いを持ち合わせている物は、様々な苦しみを経験する中で、苦しむ人を手助ける思いも芽生えやすくなる。
霊能力者の、江原啓之氏は、他者のために働く修道士こそ、現生の中でも精神性の高い人だと紹介されている。ただし、あくまでも他者のために働く修道士だ。修道士の中には、自らの霊格を高めることしか意識が無く、祈りこそ、霊格を高められると思い込んでる人もいる。
なぜ、他者のために、働かなければならないのかと思われる人もいるであろう。その様に感じる人は、精神性も低ければ、霊格も低い。
木は、動物に実を与え、動物は、実の種を落とす事で、木は繁栄する事ができる。世の中のバランスのために、他者がいてこそ、他者が意識してこそ、自分自身が存在する事ができるはずだ。霊格が高いとは、天狗の様に偉くなる目的では無く、存在そのものを成りたてさせるための姿である。
もちろん、動物達も、木が実を付けてくれなければ、死活問題ともなる。当たり前の話しとして、人間も同じく、人に限らず他者がいなければ、誰一人、この世で生きていく事はできないはずだ。
現代人は、与えられる事に不満不平を抱かれる人達も多い。戦後は、物が不足していたため、支え合う精神も強く、人との絆も高かったであろう。与える精神が、人との絆を高め、心を豊かにしていたものでもあった。もしかすれば、与えられる姿の増えた文明が、自然の法則にのっとて、コミュニティーを崩壊させているのかもしれない。
私自身は、信仰している宗教は無いが、イエス・キリストは、物が欲しければ、まずは、人に物を与えよと言う言葉を残されている。世の中の循環を考えれば、与える人が増えれば、結果的に自分自身に返って来るものであり、イエス・キリストは、霊的な意味での高い存在のみならず、様々な事を考える中での哲学者だったのでもあろう。
もちろん、与える人が少なく、与えて欲しい人が増えれば、自ずと、与えられない人が増える。その様な不満は、自然界における健全な組織に害を及ぼしてしまう可能性も高まる。
この様な考え方がある。心の始まりは、一つの心であり、他者がいないため、客観的に自分自身の存在を確認する事ができない。心は、混沌(混乱や不安定)となり、不安定な状態であった。分かりやすく言えば、寂しい状態だ。
心は、他者を求める中で、一つの心は、二つに分裂して、他者が現れる事で、客観的に自分自身の存在を確認する事ができる様になり、心は安定し始めた。男と女の始まり、陰と陽との誕生などとして言われる場合もある。


これは、まるで、人の卵細胞が、胚分裂を起こし始める様な姿と同じだ。人の体は、小宇宙とも言われ、体を知れば、世の中の仕組みや宇宙、自然界の法則などを知る事もできるとも言われているのはご存知であろうか。


全ての存在のために、他人を意識して、人のために支え、働く思いがある人こそ、霊格の高い持ち主だと考えられてる場合もあるのだ。人をイジメている人は、他者の存在を不定しているものでもあり、それは、自らを混沌へと歩んでしまい、孤独を味わう可能性も高い。


霊能力者の能力というのは、高級霊が霊媒師に憑依をする事で、力を顕在化させている。霊能力者の波長と、高級霊の波長が近いほど、高級霊は憑依しやすくなる。
波長と言うと専門用語の様に難しい様な言葉と思われている人もいるが、性格や考えが似ている状態と言えよう。そのため、シンクロしやすくもなる。生きている人も同じく、性格や考えが似ている人ほど、人に教えやすいのと同じ様な内容だ。
高級霊と低級霊の違いがある。高級霊は、目的が達成されれば、霊媒者である霊能力者からすぐに離れるが、低級霊は、霊媒者からすぐに離れようとはしない。
これを分かりやすくイメージするならば、火を扱う場合、大人は必要な時に使い、使い終われば火を消す。子供の中には、その火を持って走り周りながら遊んでいる様な違いである。


霊感が高く、霊格が高く、高級霊から憑依を受けている者は、言葉に落ち着きがあり、言葉がゆっくりとした姿として現れやすい。


それが高級霊の波長であり、しっかりとメッセージを理解してもらいたいという思いもあるためだ。
高級霊からの言葉は、メッセージを受け取る人の知識と、霊媒者が持ち合わせている知識を読み取り、メッセージを理解してもらえる様に、例え話しが現れやすい特徴もある。
一般の人同士の中には、例え話しをしても、理解できない話もあるであろう。高級霊からの例え話しは、一度の例え話しで理解できる場合がほとんどである。
ここで少し勘違いされる人もいるかもしれない。常に、霊媒者としての霊能力者は、高い霊格を持ち合わせておかなければならないとも限らない。


高級霊から憑依を受ける時のみ、高い霊格でなければならないのだ。
私事であるが、過去の私は、生き方も優柔不断で、その優柔不断さが人を苦しめてしまった事がある。ある仕事先のある女性に優しく接する中、既婚者だったため、その職場を辞めたのだ。ある職に就きたい夢があった経緯もある。その女性の方は、私の事を好意に思われていた。
辞めた次の日、その人の生霊に、苦しめられ、それが1年近く続いた。初めての日は、人の手が、心臓までつっこみ、えぐられる様な感覚だ。よつん這いにならなければ、歩けない状態でもあった。数日でそれは収まったが、重たい感覚が周りに漂っている様な状態が日々生活の中で続いた。当時は、生霊とは思わず、自身に何が起きているのか分からない状態でもあったのだ。


このことで霊能力者に相談したわけではないが、ある霊能力者に相談した所、その霊能力者が私に怒りを示すかのように、相談内容を伝える前にその女性の事について突然怒られた。又、お互い霊感の高い持ち主であり、お互い強い影響を与え合うとも言われた。彼女自身の霊的な力について、私であれば理解してくれるだろうと思われていたそうだ。受け取る感覚も強く、与える感覚も強かったため、一般的には現れにくい生霊の姿だったと考える。


霊能力者であろうとも、喜怒哀楽を持ち合わせている人間であり、常に、霊格が高く落ち着いた状況を維持できる訳ではない。
この霊能力者の方に、本当の相談内容を伝えた所、まるでスイッチが入った様に人格が変わり、落ち着いた様子の姿に変わられ話し始められた。
私自身多少霊感が高く、その霊能力者の霊的な雰囲気が、切り替わる感覚も感じた。この霊能力者への相談は、対面では無く、電話占いに所属されている霊能力者だ。顔の表情から読み取ったのでは無く、冷たい霊気が、私の肌に伝わって来る様な感覚でもある。
感覚的に言えば、街の中を行き交う様々な人々が、いきなり全員が同じダンスを踊りだす様な感覚に近い。ダンスと言うよりも、いきなり立ち止まり、全員が瞑想を始める様なイメージの方が分かりやすいかもしれない。
この高級霊の波長は、インターネットの動画などで確認することができる。インターネットの動画の中には、霊能力者の方が実際に相談を受け持っている動画もあり、これは個人というよりも、高級霊が実際に霊媒者に憑依行い、実際にメッセージを伝えている姿でもある。


実際の話しは、体に乗り移るのでは無く、高級霊のオーラ、波動を、霊媒者である霊能力者のオーラーに波動を送り、間接的にメッセージを伝えているとも言われている。太陽が、人々に熱を送り、その熱を感じる中で、海に行ったり、飲物を飲んだりする姿に近いかもしれない。
インターネットの動画の中には、霊能力者の江原啓之氏、木村藤子氏、ちえちゃん、などなどの動画があり、言葉に落ち着きのある姿があるのも確認できよう。
ちなみに過去に、自称霊能力者、織田無道と呼ばれる人がいた。今では自分自身には霊能力がなかったと発言されている。この人の特徴は、言葉が荒く言葉が強い特徴がある。高級霊の波長とは全く違い、高級霊が力を授ける、本物の霊能力者と偽物の霊能力者の違いについての参考に出来るはずだ。


もしかすればこの、織田無道と呼ばれる人は、区別されるために生まれてきた可能性もあり、そのような意味では、少なくても意味があり価値のある人物かもしれない。

黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。


霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも言...