翻訳

2018年9月19日水曜日

経営にも繋がる!スピリチュアルとは?精神年齢!あなたの精神年齢は?

経営にも繋がる!スピリチュアルとは?精神年齢!あなたの精神年齢は?

精神年齢

経営とスピリチュアルは、深い関係がある。スピリチュアルの話題につながるかどうか分からないが、私は東洋思想の易学を少し学んでいる身でもあり、スピリチュアルに通じると感じる内容もあるため、その点から精神年齢について考えてみたいと思う。

干支の動物というのはご存知だろう。干支の動物は、ただ迷信を伝えている内容ではなく、陰陽も分かりやすくイメージで伝えるために選ばれた動物達だ。干支の干は、一と十という漢字で成り立っている。本来の意味は、一でも無く十でも無く、曖昧を意味し、干潟という言葉は、固くもなければ、水でもなく、曖昧な土地を現した言葉だ。

易学では、干支の干の一を少ないの陰と現し、十を多いの陽と現している。支は、支店という言葉があるように分ける、区分するという意味がある。つまり干支とは、干と言う字を一と十に分けた陰陽と言っている字なのだ。

易学の易という字も同じく、易は、日と月の字で成り立っており、日は陽を現し、月は陰を現している。トカゲの形だと言われている場合もあるが、陰陽としての意味が隠されている。易学とは、陰陽学と言った方が分りやすいかもしれない。

易学については、詳しくはここでは語ることはしないが、干支の動物を使えば、あらゆることに対して置き換えることができるのだ。

ねずみ年は、生命の誕生である。小さいために、周りからの力を必要とする。

うし年は、少しでも前へ徐々に歩み進もうとする姿だ。

とら年は、少し物事が出来る様になり、周りから褒められ、注目をされる事で自信が付きやすくなる。

うさぎ年は、少し自信がついた中で、冒険をする心と、失敗をしてしまうリスクを考える中で、不安を抱きやすくなる。

たつ年は、不安がやわらげ、目的に向かってまっすぐと歩もうとする姿が現れる姿だ。

へび年は、自分自身に力があることを自覚する中で、他人の意見を聞かずに、自らの考えで判断しようとする思いが強まる。この思いが無ければ、一人で行動を起こせない人になってしまうであろう。買物に行くにも、誰かと一緒でなければ不安を抱きやすくなる可能性も高い。

うま年は、失敗をする恐れもなく、様々なことに対して行動的になり、実際に、チャレンジをしていく姿が現れやすくなる。

ひつじ年は、失敗をすることで、自分にとって不必要な要素を切り捨てる思いが芽生えやすくなる。ひつじ年の人が潔癖症になりやすいのは、自分にとって不必要な物に意識が高まりやすくなるためだ。

さる年は、組織の中での頂点に憧れ、人を指図して、人をコントロールしたがる欲求が高まる。社会的な組織を形成するためには、リーダー的な人も必要であろう。

とり年は、正しく正しくないの評価をする思いが芽生えやすい。組織がしっかりと正しい方向へ向かってるかの評価をする力を養う。

いぬ年は、困ってる人を手助けたい思いが芽生えやすくなる。社会という組織をうまく維持するためには、困った人を支える思いも大切になるはずだ。

余談であるが、アリの社会は、弱まっている蟻がいれば、周りの蟻が手助けをするらしい。組織を維持するためには、必要な精神であろう。

いのしし年は、相手の立場になって考える力だ。相手と同じ思いに立てば、本当に組織がうまく成り立っているのか客観的に確認することが出来る様になる。


本来、子供の成長というのは、干支の性格を1年ごとに徐々に歩んでいく中で、12歳で大人と同じ精神を養うことができると言われている。

大人としての年齢を上げれば上げるほど、その年の精神年齢は低くなってしまう可能性も高まるであろう。

現在において、自分自身の精神的な考えを、干支の動物に当てはめれば、今、自分が抱いている精神は、どの干支にあたるのかについて判断できるのではないであろうか。

スピリチャルが高いというのは、精神性が高いと現す事もできるはずだ。ねずみ年に近いほど、他の人に対する意識が薄く、精神性が低いと判断できる。。いのしし年に近い精神ほど、スピリチュアルが高い可能性もある。

干支の動物というのは、性格で表される場合もある。それは、その年特有のエネルギーを多く浴びる中で、そのような精神を持って性格が形成されやすい姿が現れている。

人の精神というのは、日々変化するため、あくまでも参考程度にさていただきたい。

何かしら行動を移す場合は、様々な干支の動物を参考にしてみるのも良いであろう。

実はこの干支の動物は、経営につながる場合もあるのだ。はじめは、小さな姿から、徐々に会社を大きくしていく。何かしらの原因で衰退が始まり、その要因を切り捨てる決断も必要であろう。

とり年の正しいか正しくないか判断しなければ、正しく無い会社は社会から切り捨てられてしまう可能性も高まる。ブラック企業と呼ばれる企業の様なイメージだ。

上場企業の多くは、市場調査として、様々なリサーチを行う姿もあるはずだ。それはまさに、いのしし年の様な、相手の気持ちはよりよく知る取り組みである。

易学は、帝王学と呼ばれる場合もあり、昔の皇帝が、必ず学ばなければならない学問でもあった。難しいような学問だと思われるかもしれない。

易学には三つの要素がある。一つは、世の中は常に変化しているため、それを表す言葉としての変易がある。

ただし、生まれた者には必ず死が訪れるように、世の中には変わらない法則がある。それが、不易だ。

三つ目の要素は、世の中は、たった陰と陽だけの力で成り立っているため、実は至って簡単である。それを表した言葉が、易簡(いかん)である。易と言う字は、易しいや、容易という言葉にも扱われているであろう。誰でも理解できる内容だ。

人には様々な性格がある。ただしこの12の性格を知っていれば、大概の性格は、この12の性格に当てはめることができるであろう。干支の性格を知っていれば、性格に合わせて次の段階をどのように歩めば良いのか参考資料とも出来る。これは自分自身のみならず、相手に対して悟らす意味でも効果的である。

例えば、人に指図をすることが好きな、さる年の性格であれば、次の干支の動物であるとり年の、正しいか正しくないか判断させるアドバイスだ。

うさぎ年の行動に不安を抱える思いは、次の干支のたつ年である。全力で目標に向かって走り込むアドバイスなどもよいであろう。

これらの内容については、自分自身の人生に、迷いが生じた場合は、次の行動について、参考にしていただければ幸いである。

余談であるが、ある会社の中には、干支の性格を判断し、人事を考えている場合もある。ねずみ年というのは、赤ちゃんのような精神の持ち主であるが、命を守るためのお金を大切にすると言われ、お金を稼ぐ力が長けているとも言われているのだ。

また、ねずみ年は、1人で生きていけない思いを抱きやすいため、組織を大切にする思いも強いと言われている。

干支の動物を、ただ見た目で判断しない様に、注意も必要だ。

更に余談であるが、12の干支にはそれぞれ、火 水 木 金 土の属性があり、本来干支とは、12×5の60の性格である。還暦という言葉は、ここからきている。60分が1時間というのも、易学に通じる姿もあるかもしれない。

易と言う字は、日と月という漢字でできてることは、初めの方に述べたが、火、水、木、金、土と合わせれば、曜日になる姿も分るであろう。

易学というのは、あまり目にする名前ではないため、難しいような学問だと言われてしまうかもしれないが、極端な話、自然学と言っても過言ではない。

スピリチュアルというのは、自然と関わりが深いため、易学にもスピリチュアル的な精神が含まれてると判断する事も出来る。


黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。


霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも言...