サイトアクセス数

2018年9月19日水曜日

異常干支と霊感は?霊感の高い干支をも紹介

異常干支 霊感/異常干支/霊感(主.キーワード)

 異常干支と霊感は?霊感の高い干支をも紹介 


「異常干支と霊感」は、私自身、異常干支における霊感について、異常干支とは初めて聞く言葉であった。ネットで調べものをしている時に目にしたのであるが、私自身、東洋思想の陰陽における信憑性について高く思っている所もあり、直ぐに理解できた内容でもあったため、異常干支と霊感について紹介させていただこう。

「異常干支と霊感」の話は、その前に、干支と聞くと、多くの人が干支の動物をイメージされるのではないであろうか。干支の干は、一と十が組み合わさった漢字で出来ている字であり、本来は干潟でも扱われている様に曖昧と言う意味(十でも無ければ一でも無い)であるが、干支では、少ないを現す陰と、多いを現す陽を現している言葉である。


異常干支と霊感

支は、支店と言う言葉にも使われている様に、分ける、区分する意味があり、干支とは、陰と陽に分けた陰陽と現している言葉なのだ。

陰陽とは、陰陽と言う物があるのではなく、晴れ雨、興奮や抑制、 誕生や死、男性や女性など、相反する内容を一言でまとめた言葉が陰陽である。

最も分かりやすいのは、ねずみ年と、うま年であろう。物事の始まりが小さく、小さを表したのがねずみである。最も エネルギーが高いのがうまだ。

龍や虎の方が力が強そうではあるが、干支は、昔の人が発見した内容であり、無学の人も多く、多くの人に伝えるために分かりやすくイメージとして選ばれたのが干支の動物達である。

子は、本来であればねずみとは、発音しないが、ねずみ年のことを子年と呼ぶであろう。この子の字は、赤ちゃんを現している字であり、赤ちゃん頭が大きく体が小さいため、象形文字から進化をし子と呼ばれるようになった。

子供、原子、分子、種子など、小さなものにつけられる特徴がある。

午は、様々な説があるが、餅を付く、杵から来ている説もあり、杵は、高く掲げ上げ、下に下ろす動作があり、頂上まで上がったものはやがて力が落ちてくるイメージを現しているとも言われている。

陰陽で言えば、干の干の字に、傾きのある/(斜線)が付いている字でもあり、やがて最上まで上がった物は、陰に傾き始める様子を現しているとも言われている。

私達の精神は、自我と自己によって成り立っているが、自己の精神的なエネルギーは、陰陽の組み合わせから作られ、生涯に渡って、影響を与える基本的な精神的なエネルギーとも言われている。これが干支の性格判断などで現される内容でもある。

自我とは、自分を分析しているなど意識している自分であり、自己とは、自分の内から発している自分を現す内容とも言われている。自我と自己は、定義も曖昧であり、干支の性格は、自我に伝わってくる心情的な衝動と思っていただくのが無難かもしれない。

干支の性格は、12の干支が有名であるが、実際は、火、水、木、金、土の属性である五行を加えた、 60の性格である。

還暦という言葉があるが、還暦は、この60から来ている言葉だ。

五行も、干支も、 陰と陽だけで成り立っているが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい特徴があり、五行の土のみ、陰と陽が、半分づつの特徴がある。

同じねずみ年でも、火生まれのねずみ年、水生まれのねずみ年などの違いがある。それぞれの干支に、属性が付いているような内容だ。

ややこしいことに、五行も、陰に傾いている五行と、陽に傾いている五行に分けられる場合もあり、 十干とも言われ、水の兄(水の陽に傾いている)水の弟(水の陰に傾いている)と呼び名がある。干支をえとと呼ぶのは、兄(え)弟(と)から来ていると言われる場合もあるのはご存知であろうか。

性格判断における、陰と陽は、抑える力(陰)と興奮させる力(陽)と考えるのが分かりやすく、その組み合わせによって基本的な精神エネルギーが作られていると考えるのが分かりやすいと思われる。

十二支における干支には、特徴があり、始まりのねずみ年は、陽に傾きやすく、次の干支である、うし年は、陰に傾きやすく、これが交互に入れ替わっていく特徴がある。

そのため、うし年は、陰の影響で頑固になりやすい性格であり、うま年は、陽の力が強いため、行動的で外向的な性格になりやすいとも言われているのだ。

一般的には、あくまでも傾向として傾きやすいだけであり、陰と陽の組み合わせのバランスが良い場合がほとんどである。

話しは、異常干支と霊感に関わらない話しとして、だらだら説明させていただいたが

ただし、五行も含めた内容として、60年に一回は、陽が最も強すぎる干支」や、「陰が最も強すぎる干支」が現れる。これが、「異常干支」と呼ばれる干支である。

例えば、うま年は、干支の中でも最も陽が強く、その中でも、五行の火は、陽が最も強く、陽が強すぎる干支となるのだ。

男と女の違いでも、陰と陽に分けられる場合もあり、体は、男性が陽、女性が陰として現されるが、心と体は、陰陽の関係であり、心は逆転をし、男性は理性的に陰に傾きやすく、女性は感情的な陽に傾きやすい。

古代においては、うま年の火生まれの女性は、男を5人殺すと言われるほど恐れられていた話しもある。

昔は、女性は家庭に入る場合が一般的であり、エネルギーを発散できず、不満を多く抱えていたであろう。現在は、エネルギーを発散できる内容も多く、行動的な女性として、それほど心配する話しでは無いはずだ。

五行の影響によっても変わってくるが、十二支の干支は、外向的(陽)内向的(陰)と交互に変わっていきやすい特徴がある。

エネルギーだけで見れば、うま年が最もエネルギーが高い様に思われるが、うま年は陽に傾きやすく、エネルギーが外に発散される傾向も高い。

「異常干支と霊感」の代表として、霊感が最も高まりやすい干支は、内向的に働きやすいへび年である。動物の蛇には最高の毒がある様に、へび年の人は、自分自身にとって最高の感覚を感じるのに長けている。

蛇には、手が無い様に、自分の考えを第一優先に考える傾向もある。他人の考えよりも、伝わってくる感覚に対して自信と信頼を置いている傾向も高く、個性の強い性格にもなりやすい。

感覚も高いため、新陳代謝も高まりやすく、年齢よりも若く見える場合もよくある。

芸能人で言えば、へび年の火生まれは、 安室奈美恵、 劇団ひとり、山里亮太、ほしのあきなど、大学生と言われても違和感を感じない若さがあるであろう。

十二支全体の中で言えば陰に傾きやすい干支は、内面に意識が向きやすく、霊感が高まりやすい可能性もある。うさぎ年や、ひつじ年の干支である。ただし、陰に傾きやすすい、うし年は、 確実性を求める傾向が高く、霊的な感性は、意外性の要素が強いため、例外もある。

陽に傾きやすい、始まりのねずみ年は、 生命力が弱いと感じやすく、神経質にもなりやすく、感覚が鋭くなりやすいため霊感が高まりやすい傾向にもある。

ちなみに、ねずみ年の方が、お金が大好きと言われる理由は、命を守るためにお金は必要であり、 お金を使うのが好きな傾向では無く、お金を貯める傾向が好きである話しなのだ。

干支の詳しい性格は、異常干支と霊感とは?霊感の高い干支をも紹介とかけ離れてしまうため、詳しく話はしないが、異常干支とは、偏りやすい陰陽の持ち主である。

体も同じく、高い興奮状態や、高い抑制状態などは、体を壊す場合もあり、それと同じ様な意味も隠されている。

ご自分の、干支はご存知だと思われるが、五行について知りたい方は、こちらの早見表をご覧になられるとよいであろう。


少し読みづらいが、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の意味は以下の意味である。

乙(木の弟(陰))
丙(火の兄(陽))
丁(火の弟(陰))
戊(土の兄(陽))
己(土の弟(陰))
庚(金の兄(陽))
辛(金の弟(陰))
壬(水の兄(陽))
癸(水の弟(陰))

五行は、全て、陰と陽とで出来ているが、それぞれ、陽に傾きやすい、陰に傾きやすい特徴がある。

火は、外は激しく燃えるが、酸素に触れない中は、冷たく陰の要素が含まれる。

水は、物を柔らかくする陽の要素があるが、冷たいイメージが強く、陰に傾きやすい。

木は、成長する陽の要素があるが、少しばかり枯れる要素である陰もある。

金は、黄金の金では無く、硬い金属であり、陰の要素が最も強い。

土は、植物を繁栄させる陽の要素、堤防など固める要素もあり、陰と陽とが半分づつある。土生まれの人は、バランス感覚に優れている場合もある。

火(陽が最も強い)金(陰が最も強い)水(陰が少し強い)木(陽が少し強い)土(陰と陽が半分づつ)と理解していただければ分かりやすいかもしれない。

異常干支で見られるのは、干支が陽で、五行も陽に傾きやすい場合や、干支が陰で、五行が陰に傾きやすい干支である。」

干支は、分かりやすく伝えるために、干支同士は境界線で区切られているが、本来の意味で言えば、徐々に次の干支へ変化をしていく内容でもある。12月31日の干支が次の日の1月1日に急にエネルギーが変化する内容では無い。

そのため、あくまでも参考程度、境界線に近い生まれは、前後の干支も参考にされるのもお勧めである。

霊感とは、心を感じる力である。

「異常干支と霊感は、異常干支において、心を異常に感じやすい干支である。」心の感じる目的は、それぞれ違い、例えば、相手を支えたい気持ち、相手に支えられたい気持ち、相手の心を分析したい気持ちなど様々であり、異常干支と霊感に関わる干支は、いくつかの干支が存在する。

google検索 ◯異常干支 ◯霊感 ◯異常干支 霊感



黄金の蝶

恋愛なども含め、悩み事を抱えている方へ


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、全国で悩みがある方への相談として、対面と併用ができる、夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向が高いためである。

所属するために、力の有無について、しっかりと能力について確認されているため、その点については心配する必要性は無いであろう。自称も世の中には存在し、その点について安心の中で相談ができる。

最もお勧めは、江原啓之氏やちえちゃんも持つ、守護霊対話能力のある先生である。占いの道具を扱わず、生年月日も必要とせず、悩み事を知り未来を見通す守護霊対話は、対面や電話占いなどでも保持者が少なく、守護霊を見れるほどの力は、心を感じる霊感が強い証ともなるであろう。

守護霊を見れるほどの力は、未来も含め、様々な出来事を視れる可能性も高い。注意をしなければならないのは、全ての先生とは言い切れないが、チャネリングで伝わってくる感覚に対して、霊視と言葉を置き換えている姿も増えている。

過去における霊感占いを霊視占いとして言葉を置き換えているのだ。近年、霊感占いの言葉の数も少なくなっているのではないであろうか。もちろん、実際に視る力があり、補助的に占いの道具を扱う先生も存在する。コメントなどで、視えている、などの言葉を参考にされると良いであろう。


電話による相談においては、一度、利用されて見ると、力の真実の確認と、割と直ぐに相談に応じてもらいやすい便利さに気づきと驚かれる姿もあるであろう。

私自身は、一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、お勧めとして紹介させていただいている。





◎特にお勧め、人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれない。絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、そのため、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージである。既に、ご存知の方も多いであろう。

(お勧めする、霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つ業界でも有名なオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど







◎当たると口コミで評判のディスティー


ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(お勧めする霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど





どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------


先生探しの参考になる!お勧め記事

霊視による電話占いは、対面より口コミでお勧め

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談


私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール




注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違...