翻訳

2018年8月27日月曜日

福島で当たる霊視は?霊能力者、霊視鑑定について

 福島で当たる霊視は?霊能力者、霊視鑑定について 

福島

福島で当たる霊視は、当たると評判の高い霊能力者による霊視鑑定がいくつか見受けられる傾向にある。その1人はお坊さんではあり、過去と未来を見通し相談に応じられている。ただし、常に相談をしているのではなく、元は福島県民であるが、奈良に住居を構え、福島に戻っている際に相談に応じられているみたいでもある。


福島は、東北大震災において災害が大きかった都道府県でもあり、地元のために相談に応じようと思われている人が地元で相談に応じられている傾向もあるのであろう。


実際に震災による被害によって、亡くなられた方も多く、魂に対する意識は他の都道府県よりも傾向としては高い。


霊的な内容に意識を高める人々も多く、霊視鑑定を求められる人も、震災前に比べれば増えている可能性も考えられる。


当たると評判の高い霊能力者による霊視鑑定を調べた所、力のある人が何人かに向けられるが、中には予約が2ヶ月ほど先までいっぱいだと言う情報も見受けられる。


実際に亡くなった人との対話を求めるのみならず、何かしら心に悩み事を抱えやすい環境でもあるため、相談をされたい人も多く現れているのだとも考えられるであろう。


霊能力者は一般的に、仏教系と神道系の霊能力者に分かれる傾向がある。福島は、神社も寺院もバランスよく存在し、両方と影響を受けた霊能力者による相談が受けやすい土地柄でもある。


一般的に、仏教系は、あの世に対して論理的な考えを持ち合わせやすく、しっかりと説明を受けやすい傾向が高い。神道系は、自然には心が宿ると考えられているため、心を重点的に話される傾向もある。


仏教系は父親の様な存在でもあり、神道系は母親の様な存在でもある。男性女性との霊能力者によっても、その偏りは見られる傾向にあるが、霊能力者が信仰している内容においても偏りが見える場合もあるため、実際に対面によって相談される場合は参考にしていただければ良いであろう。


福島の会津の話しの中に大和朝廷時代、東北を征伐するため、天皇の息子である王子が遠征に向かったそうだ。


その1人が大彦命であり、日本海側から足を運んだとされる。もう一つの軍隊は、太平洋側から向かい合流したのが相津であり、その後の名前が変わり会津となった場所でもある。


また会津は、有名な合気道の達人の出身地でもあり、気を交わる意味でも交わる土地柄なのかもしれない。ちなみに、大彦命は、あの安倍晴明の始祖でもあり、土地柄として霊的な良い場所である可能性も考えられる。


東北は仙台が最も大きな都市ではあるが、古代の相手は福島が東北の中心地でもあった時代もあった。霊的な霊気が人々を引き寄せていた背景などもあるであろう。


すぐに、当たると評判の高い霊視ができる霊能力者による霊視鑑定を受けられないかもしれないが、時間を気にすることなく対面で相談されたい場合は、他の都道府県に比べると割と出会える可能性が高い特徴が福島にはある。


注目記事

いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?

 いのしし年の性格は、?いのしし年に起きる内容は?  いのしし年の性格は、干支の基本的な内容について押さえておかなければならない。干支の干は、干=一と十で出来ている言葉であり、少ないを表す陰と、多いを表す陽の意味がある。干支のいのししは、陰陽と関係の深い動物であるの...