スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

男性と女性の寿命の違い!スピリチュアル

男性と女性の寿命の違い!スピリチュアル 男性と女性の寿命の違い!スピリチュアル から見る話として、その違いに違いが現れる傾向がある。 女性の方が長生きする話があり、決して、気のせいの話ではない。 まずは、男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなる。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に見られている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 絶対的な話ではないが、女性は、自分自身の価値を高めたい気持ちと心に対して意識が高まりやすく、人を求める気持ちが男性以上に強く現れやすい。 その結果、歳をとっても、人間関係を求める中で充実した人間関係が現れやすく、これが、女性の方が長生きする秘訣として現れやすい。 そもそも、女性が価値を高めたい気持ちは、結婚する相手を求めるための気持ちであり、歳をとった後はその気持ちの対象が異性に限らず同性に対しても人を求める気持ちが現れやすくなる場合もある。 男性は過去に生きる、女性は未来に生きると言う言葉がある。 男性は、理性に傾きやすく、この理性、過去の情報を取り出し現在と照り合わせ最も良い答えを導こうとする働きが現れやすくなるのだ。 一見、良い働きだと思われがちであるが、悪く働くと、過去の出来事に意識が奪われやすくなり、現実と未来が見えなくなる姿が現れやすくなる場合もある。 現在に対する適応力が弱まることによって、男性の方が寿命縮まる姿として現れやすい。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神

スピリチュアル!病気の意味は?

スピリチュアル!病気の意味は? スピリチュアル、病気の意味は? ついて、一概には言い切れず、絶対的な話ではないが、病気の意味が存在する。 スピリチュアルにも影響与えている、シルバーバーチの霊訓には、ほとんどの病気は、自分自身の原因で病気になっているものであり、ほとんどの病気が治ることができる話がされている。 ただし、例外として、前世でのカルマを清算するために、あえてその病気になることが運命によって決まっている話もあるそうだ。 人の肉体は、小宇宙と呼ばれていることもあり、実は、自分自身が体に対しての神の様なものであり、とても恵まれている肉体を持ち合わせているのである。 世の中は、バランスで成り立っているものであり、バランスが崩れると崩壊しやすくなるものであり、スピリチュアルから見る病気の意味は、バランスが崩れる生活を行っているのが最大の原因である。 行き過ぎる思いが、バランスを崩す原因であり、特に、よくある話としてはストレスから現れる病気であるであろう。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し、攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 ただし、もちろん世の中には、攻撃もできなければ逃避の選択が取れない状態も現れるものであり、対応できないストレスが間近にいる働きが働き、最大の防衛本能が働きやすくなる。 体を動かせば、もちろん、ストレスに見つかってしまうかもしれない。体の動きを止める本能として、精神的に体が重たい、精神的に体がだるい姿が現れやすくなる。 声を出せば、もちろん、ストレスに見つかってしまう可能性もあり、声が出ない、声の覇気がなくなる姿が現れやすくなる。 外部の刺激は、心に動揺を与え、体を動かしてしまう可能性もあるであろ

お酒は霊格に悪い?若者傾向

お酒は霊格に悪い?若者傾向 お酒は霊格に悪い?若者傾向 について、スピリチュアルから見ると、お酒と霊格の関係と若者の関係について少し見えてくる。 お酒が霊格に対して悪く思われる傾向は、日本人特有として、お酒を飲めば人格が変わるイメージがあり、霊格について悪く思われてしまう原因もあるであろう。 ただし、霊格が高く見える仙人のイメージにおいては、お酒をこのよく愛するイメージがあるものでは無いであろうか。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 お酒の席においては、会話が活発になることもよくある話であり、心からの一つ一つの気づきによって、霊格が高まるのであれば、お酒は霊格に対して悪くはないものである。 お酒の力には、人の心を柔らかくする働きがあり、決して悪いものではない。ただし、体を維持するには硬い要素も必要であり、あまりにもお酒を飲みすぎると、柔らかい力が高まりやすく、自分自身をコントロールできなくなり、お酒は霊格に悪い姿として現れやすくなる。 スピリチュアルでは、地球の全体的なエネルギーの質が、男性的優位のエネルギーから徐々に女性的優位のエネルギーに変化が始まっている話があるのだ。 これは、白黒のスイッチのように急激に変化する力ではなく、太陽と月の関係のように徐々に変化していく力であり、異性を問わず地球全体的に影響与えてくる力になる。 女性的優位のエネルギーは、まだ始まりの序章にしか過ぎず、幼き女性の心的エネルギーは喜怒哀楽のような相反するエネルギーも現れやすく、これが社会に対し二極化や矛盾、朝令暮改として顕在化されやすくなるのだ。 男性は、心的エネルギーを抑えてコントロールする傾向があり心身ともに硬くなりやすく、女性は、心的

現代人に霊感を鍛えるのが危険

現代人に霊感を鍛えるのが危険 現代人に霊感を鍛えるのが危険 の話について、スピリチュアルから見ると危険な姿が考えられる。 霊感を鍛える方法については、様々な方法があるが、瞑想や滝行などの荒修行など、漫画の影響によってそのようなことが紹介されていることもあるであろう。 まずは、霊感について、霊能力者の江原啓之氏は、誰にでも霊感があり感度の違いにしか過ぎないとおっしゃっている。 確かに、誰にでも霊感があるものであるが、この言葉を聞いたとしても自分自身に霊感がないと思われている方がほとんどでないであろうか。 霊感とは、誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 霊感とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな霊感の働きだ。 瞑想は、心の奥が全て繋がっている、霊的な世界と繋がりを高めてくれる取り組みでもあり、霊感を鍛える方法として瞑想は間違った話ではない。 滝行なども同じく、外部との刺激を遮断する力も現れやすく、神経を過敏に働かせる力として霊感鍛える方法でもある。 ただし、霊感がある人が、全員、このようなことをして身につけたものではなく、心に意識が高い中で自然と身につけた人がほとんどであろう。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 霊格が低い人が、霊感を鍛えると、霊格が低い悪霊を引き寄せることになり、何かしらの弊害が現れやすくなる。 これが、霊感を鍛えると危険な話として挙げられる。 日本の教育は、知識の一つ一つの気づきのみに価

霊感商法に騙される人とは?

霊感商法に騙される人とは? 霊感商法に騙される人とは 、スピリチュアルから見るとその傾向が存在する。 霊感商法については、多くの方々が、自分自身は騙されないと思われているものではないであろうか。 極端な話、亡くなった人に対する葬式、神社やお寺でのお参り、法事でお金を包む内容は、これも、霊感商法と呼べるものではないであろうか。 これも極端な話、クリスマスで祝う話も霊感商法と考えることもできるであろう。 霊感商法については、人を騙すつもりがあるものと純粋に分けて考える必要性もあるはずだ。 霊感商法の話ではないが、過去に、助ざえもんと呼ばれる商人が、海外にあった唾を吐くためのツボを豊臣秀吉に対し珍しいツボだと高額で売りつけた話がある。 豊臣秀吉は、騙された人になるものであるが、この話についてどう思われるであろうか。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 つまり、霊感商法でだます人は、霊格が低い人であり、霊感商法で騙される人も霊格が低い人である。 霊格の特徴として、霊格が低い人から霊格が高い人の価値観が、心の気づきが少ない分気づきが現れにくく、霊格が高い人から霊格が低い人に対しては精神的に幼い姿として現れやすくなる。 この様な考え方もあるかもしれない。 一般的に生活を普通に行っていれば、それなりの霊格が高まりやすくなる場合もある。 霊感商法に対して騙される人を見ると、精神的に幼い人が騙されているように感じる姿も現れやすく、弱者を守りたい気持ちの中で霊感商法に対して批判的な言葉を投げかける人々もいるであろう。 特に、現実主義者として現れやすい、弁護士にその傾向が現れやすくなる。 日本の教育は、知識の一つ一つの気づきのみに価値を置く傾向が高

女性に霊感が強い人が多い理由

女性に霊感が強い人が多い理由 女性に霊感が強い人が多い理由 について、スピリチュアルから見るとその傾向がある。 霊感を必要とする占い師の多くが、女性であり、なんとなく女性に霊感が強い人が多いと思われる傾向にあるであろう。 霊感について、学校で学ぶものでもなく、科学的に解明されているものではなく、ウィキペディアでも特別な能力だと説明されている傾向もあり、なんとなくとして思われてしまうのも致し方がない話である。 霊感とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が全て繋がっている考えがあり、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 霊感とは、例えば他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな霊感の働きである。 つまり、女性に霊感が強い人が多い理由、それは、女性に心を感じる力が強い、心に対して意識が高い理由として挙げられる。 男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 つまり、男性心理と女性心理の違いから、女性は心に対して意識が高まりやすく、心を感じる霊感が働きやすくあるのだ。 左脳と右脳の違いについて、左脳は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、どちらかと言えば目に見える現実世界を認識する力に長けており、理系的男性的な働きをする傾向がある。 右脳は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば目に見えない心を感じる力に長けており、文系的女性的な働きをする傾向がある。 本来、バランスが整っている方が望ましくあるが、人は価値を求める生き物であり偏りも現れやすく、その結果、物事の考えや価値観