サイトアクセス数

2019年2月26日火曜日

人間関係で苦手は、仕事や恋人作りに効果的なアドバイス

人間関係/苦手(主.キーワード)

 人間関係で苦手は、仕事や恋人作りに効果的なアドバイス 

人間関係で苦手は、仕事や恋人作りに効果的なアドバイス

人間関係で苦手は、現代人の若者に強く増えている傾向があるが、社会全体的に、様々な理由から人間関係で苦手な人々が増えている傾向にある。社会の健全なネットワークは、頭の脳細胞で例えられる場合もあり、一つ一つの脳にある神経細胞が、他の神経細胞と繋がるのが苦手と言っていれば、脳の働きも悪くなってしまうであろう。


人間関係で苦手な人々が増える傾向は、社会全体に、悪影響を与えかねない。この悪影響は、一人一人の細胞にも悪影響を与え、細胞の活力をも失ってしまうでもあろう。

人間関係で苦手な人々が増えている原因の中には、意外にも、文明の発達が、その背景に隠されている場合もある。

文明の発達は、文明の恩恵を受ける傾向も高まり、能動的な行動よりも、受身的な享受する傾向なども高まりやすくなる。能動的な働きが弱まりやすく、人間関係で必要なコミュニケーションの実際に相手に話しかける、能動的な力が弱まりやすくもなるのだ。

全ての人とは言い切れないが、若者の中には、自ら考え話しかけようとせず、与えられた内容しか答えられない若者も割合として増えているのではないであろうか。会社の上司の中には、若者の反応の薄さから、コミュニケーションの仕方に対して悩まれてる人もいるであろう。

特に現代は、人材不足も増えている業者もあり、大切な人材を失いたくない気持ちも高まりやすく、若者に不満を与えたくない中で、反応が薄い若者に対して、極力コミュニケーションを避けようと思われる上司の方もいるはずだ。

 天才ゲーム開発者から見る、人間関係で苦手な若者や現代人が増えている原因 

天才ゲーム開発者から見る、人間関係で苦手な若者や現代人が増えている原因

人間関係で苦手な若者や現代人が増えてる原因を知るために、この様な話がある。小学生時代から、大人が驚く様なゲーム開発が行える天才の子供がいた。


その子供は、学校での生活が馴染めず、ひきこもりを起こしていたのだ。親は、子供が天才であるため、将来的な内容に不安を抱いておらず、また、両親は、音楽家でもあり、子供のその様な心を広く受け止めてもいた。

その子供が中学生くらいになった時、自ら1人で初めて、買い物やファーストフードに足を運ばれた。

その子供は初めて知ったのである。買い物の仕方や、ファーストフードでどのように注文すればよいのか分からず、全く自分で何もできない内容に不安と恐怖を感じたそうだ。そして、自分の名前を漢字で書けない事実に気づき、将来に対して、強く不安を感じた。

その子供は高校に行く事を決断し、通信教育ではあるが、高校へ通われた。

高校卒業後は、思い切って、アメリカで一人暮らしをする決断をしたそうだ。アメリカにおいては、インディアンであった原住民の人々と交流をし、初めて人と触れ合う心の温かさや、コミュニケーションの価値ある大切さに気づき、現在は、日本に戻り、人々との交流を積極的に行い、そこそこ有名なフリーのゲーム開発者として仕事を行っている。


つまり、人間関係で苦手な若者や現代人が増えている原因の中には、この、天才だった子供の様に、自ら考え発する能動的な行動が、実際の経験が少ない中で、どの様な方法で、コミュニケーションを行えば良いのか分からない、若者や現代人が増えている傾向にもあるのだ。

 人間関係で苦手は、頭で理解できる内容が、必ず行動を起こせる訳でも無い 


人間関係で苦手は、この天才の子供の話について、1人で買い物ができない話や、ファーストフードでの注文の仕方など、頭で考えれば分るであろう。なぜ頭で、理解できる内容が行動を起こせないのであろうかと疑問に思われる人もいるかもしれない。


沖縄には、この様な話がある。お年寄りと子供の中間にいる世代の人の中には、お年寄りの方言を聞いて話が理解できるが、全く、方言が話せない人々が多いのだ。一般的に考えれば、理解できるのであれば、その理解できる言葉をそのまま話せば良いと考えてしまいがちであるが、理解はできても話せない人々が、普通の状況として多く存在する。

例えば、当たり前だと思っわれている、コップを手に取る動作なども、その仕組みが、神経細胞によって組み立てられているものであり、神経細胞で組み立てられていない内容は、簡単な内容であろうとも、容易ではない。

これは、一般の人でも、その実感を持つことができる方法がある。利き手では無い手で、文字を書こうとした場合、文字を書けない人も多くいるであろう。

ただし、左利きの人は、世の中には左利きの人が、右手を使わなければならない状況も多くあり、その経験が、右手の働きを働きやすくしている場合もあるため、一概には言い切れないが、実際に行う経験不足が、人間関係を苦手として、増やしている傾向もあるはずだ。

地域におけるコミュニケーション不足によっての、社会的なコミュニティー崩壊の中には、受身的な傾向が高まる中、能動的な働きを起こす内容に対して、経験不足による不安感なども高まりやすくもなっているであろう。

 情報の溢れる時代が、人間関係が苦手な人々を増やしている傾向もある 

情報の溢れる時代が、人間関係が苦手な人々を増やしている傾向もある

人間関係で苦手は、現在において、情報社会とも言われている時代でもあり、各々が、自ら求める情報を得りやすい時代でもある。そのため、各々の持ち合わせている個性的な情報と他者が持ち合わせている情報との差も現れやすくなり、コミュニケーションに必要な共通的な話題も作り出しにくい背景なども広がっている。


人は、客観的に人から認められる中で、自分の存在感や存在価値を強く感じられる場合もあるであろう。自分の持ち合わせている知識が、相手が持ち合わせていない場合、自分の存在感を認められない状況なども現れやすくなるはずだ。

その不安感は、人間関係を苦手にさせ、自分自身を不安に陥れる相手との距離感を離そうとする心理も働きやすくなるであろう。

実は、学校のいじめなども、この心理が深く関わっている場合もある。グループで1人をいじめれば、いじめている共通的な知識や経験が現れやすくなり、お互いの存在感を認め合える中で、自分たちの存在価値を強く感じられやすくもなるためだ。

お互いの仲間同士で、存在感や絆を高める目的として、弱き者をターゲットにいじめに走らさせてしまう場合もある。

特に現代は、従来よりも情報が増えてる中で、個性が強まりやすく、自分自身が周りから理解されない中で、存在感を求める気持ちが、いじめを強めている場合もあるであろう。

従来は、知らない内容があれば、知ってる人から教えてもらう中で、そこから人間関係におけるコミュニケーションが生まれてもいたが、現在は、スマホやパソコンから情報を求める傾向も高まっているため、より人と話をする必要性も弱まり、コミュニケーションが苦手な若者なども増えている可能性も高い。


 では、なぜ、若者の特有な内容として人間関係が苦手な人々が増えている傾向にあるか 

では、なぜ、若者の特有な内容として人間関係が苦手な人々が増えている傾向にあるか

人間関係で苦手は、従来の子供達との違いにおいて、全てとは言い切れないが、年配のお兄さんやお姉さんなどと一緒に遊び、年上の人々から、遊び方も含め、様々な内容を教えてもらっていた時代などもあった。


現在は、遊び方など、テレビゲームなどの普及により、年上の人々から教えてもらう必要性が無くなった。その結果、学校で頻繁に一緒になる同年代での共通的な情報を求める傾向も高まり、縦の繋がりが弱く、横の繋がりが強い子供や若者が増えている傾向も高まっているのだ。

人間関係で苦手は、若い社会人の中に、年上の人々との飲み会などが苦手であり、同年代同士で飲み合う方が気が休まる人も増えているはずでもある。

現在の若い社会人の中には、常識に反するような行動起こし、社会的なニュースなどを引き起こしている話などもあるであろう。

縦における、子供の遊びは、年上の人が年下を見る場合もあり、年下は、年上から見られている客観的な視点に意識が高まりやすくなる。ただし、横のつながりが強い子供達は、周りから見られている客観的な視点が薄まりやすく、道徳的な価値感や、自分たちの行動が見えづらくなってしまうのだ。

私からすれば、反社会的な若者が起こす行動は、客観的な視点を失った社会が作り出した子供達であり、少なからず社会にも原因があると考える。

この様な、人間関係が苦手な人々が増えれば、日本の未来は明るくなく、会社としては、今後の会社を任せられないと思われやすくもなるであろう。

現に、現在の会社が求める人材の中には、コミュニケーション能力が高い人材を優先的に選ばれている傾向もあるのだ。親御さんの中には、子供のテストの点数さえ高ければ、子供の将来は安定されると思い込んでる人もいるかもしれないが、テストの点数が高いからと言って、必ずコミュニケーション能力が高いとも言い切れず、その点について意識を高めておかなければならないであろう。

人間関係で苦手は、少しの出来事が、強いストレスを作りやすく、人間関係で苦手以上に、社会にと溶け込むのが苦手となり、引きこもりやうつ病の原因ともなりかねない。そのため、人間関係で苦手な人は、積極的に、この内容に改善していく取り組みを行って行くのも大切である。

話は少し脱線するが、この傾向は、個人的な問題ではなく、社会的に見られる傾向であるため、企業の中には、その内容に危惧している企業も増えている。

企業の中には、社員研修の一環として、人間関係で苦手にならないためと、コミュニケーション能力の向上を狙って、まるで、年上の人たちと混じり、小さな子供たちが遊ぶ様な取り組みを社員研修として行っている企業もあるのだ。従来の子友達が行っていた様な内容を、現在の若者に行ってもらうような内容である。

従来はの子供達は、初めて年上の人たちと遊びに入る場合、不安を抱えていても、本能的に知識欲や経験したい欲求が勝り、直ぐに溶け込めた子供も多くいたであろう。大人からの始まりは、大人としての理性による抑制力も働きやすく、このような研修にすら避けたい気持ちも高まり、人間関係において苦手な不安を抱えやすい人々も割合として多いかもしれない。

 人間関係で苦手は、どの様にすれば、改善出来る? 

人間関係で苦手は、どの様にすれば、改善出来る?

人間関係で苦手は、身を守りたい気持ちも高まりやすく、自分自身に意識が高まりやすくもなっている。文明の発達により、受身的な要素も強く、それも原因として背景に隠されてもいるであろう。


基本的な姿勢としては、世の中は常に変化している以上、自分自身には知らない、経験と知識があり、生きている存在として、知識欲や経験したい欲求を持ち続けるのが望ましい。

人は、自分とは違う生き方や経験をしているため、まるで図書館のような存在として、情報を求めれれる存在として考えるのもお勧めである。このような気持ちは、相手から情報を求めたいの動機的な気持ちも芽生えやすい。新たに得た情報は、第三者に知識として、伝えれる事が出来るきっかけともなるであろう。

自分自身のボキャブラティーを増やす結果ともなり、コミュニケーションに必要な幅をも広げやすくなっていく。

苦手による守りの気持ちは、自分に意識が高まりやすく、相手の心が見えにくくもなってしまう。すると、心の見えない相手に対して、警戒心も高まりやすく、自ら苦手な気持ちと不安を悪循環として作り出す結果ともなってしまうであろう。

そのため、相手を楽しませたい気持ちに立つのもポイントである。相手を楽しませたい気持ちは、相手の心に意識も高まりやすく、逆に自分自身の警戒心が弱まり、心がオープンにもなりやすくもなるはずだ。

人には、食事にしても睡眠にしても、そこには快感があり、快感を求める生き物でもある。自分自身が楽しいと思う内容を紹介したり、人から楽しいと思う内容を紹介してもらったりすれば、この快感が、人と人との絆は強まりさせ、人間関係で苦手な気持ちをも払拭させてくれるであろう。

快感による楽しませるとは、笑ってもらうだけでは無く、相手から話を伺うのも、相手側に説明をさせる快感が現れる場合もあるはずだ。

快感を求めたい気持ちは、能動的な気持ちも芽生えやすく、人間関係におけるコミュニケーション能力の向上に役立ててくれるはずでもある。

人間関係で苦手は、仕事や恋人作りに悪い影響を与えかねない。人間関係で苦手は、自分を守る防衛的な気持ちも高まりやすく、相手と距離を保ちたい気持ちは、相手にも不信感を与えかねないためだ。自分自身の表現力の低下は、相手にも警戒心を与える原因ともなり、マイナス的なイメージを相手に与えてしまう場合もある。

全ての人とは言い切れないが、人間関係で苦手な人は、自分に対して意識も高まりやすいため、独断偏見な考えに陥り、周りとの価値観のズレから、社会適応障害の原因にもなりかねない。恋愛においては、人間関係の苦手な内容から、ストーカーへと変貌してしまう人もいる。

私のアドバイスは、一般論としての話である。各々にあった、アドバイスは、霊視相談による相談が望ましく、悩みを抱え環境に変化を求める場合は、一度相談されるのもお勧めである。新たな自分に合った情報は、能動的な気持ちも芽生えやすく、新たな人生のきっかけともなってくれるであろう。

客観的な視点に立つ場合、この様な考え方がある。人生は、誰でも死ぬ運命にある。そして、人生とは、それは、まるで物語を自分自身で描くような内容だ。そこに出てくる人物において、人間関係で苦手な配役、暗いイメージとして描かれてしまう場合もあるであろう。

スピリチャル的な話になれば、人は死んでから自分の人生を見させられるとも言われ、話の中には、幸せな自分の人生を、何度もその映像を見て、楽しんでる魂(人)もいるそうだ。

人間関係で苦手は、人生とは与えられるのではなく、自ら能動的に、描いて行く物であり、自分自身を小説家として考え、どの様な配役として描いていくのか、自分自身で自分自身を創造し、考えてみるのもお勧めである。

Wikipedia(参考辞書): 人間関係 苦手 仕事 




*サイドバーのお知らせでも伝えさせていただいているが、スマホからでは、気づかない方もいるかもしれないため、現在、こちらbloggerブログの更新を停止中、メインをアメブロに変えているため、最新記事は、アメブロで確認をしていただきたい。(アメブロは、です。ます調)

現在、私が運営するアメブロにおいて、おしかけスピリチュアルのテレビ番組で出演されていた、霊能力者のchieちゃんから、記事に、いいね!を押していただいた様である。私自身、有名な霊能力者の女性からの内容に驚いている。

霊視相談を求められる方は、chieちゃんから、いいね!を押していただいた、アメブロ記事の以下の記事もご参考にしていただくのもお勧めである。



<記事>霊視 悩み相談は、そのポイント (霊感霊視占い スピリチュアル系ブログ)から



霊視相談・霊視鑑定をご利用されたい方の中で


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、全国で悩みがある方への相談として、対面と併用ができる、夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向が高いためである。

所属するために、力の有無について、しっかりと能力について確認されているため、その点については心配する必要性は無いであろう。自称も世の中には存在し、その点について安心の中で相談ができる。

私自身は、一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、お勧めとして紹介させていただいている。

電話占いサイトには、霊視能力の持つ先生が、割と多く集まりやすいため、対面よりも探しやすいメリットもあるであろう。霊視能力を持つ先生方の多くは、電話占いサイトに所属されている傾向も高い。


◎特にお勧め、人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、そのため、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージである。既に、ご存知の方も多いであろう。

(お勧めする、霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つ業界でも有名なオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど



→ 人の絆を大切にする 霊感霊視占いの絆は、こちらから



◎当たると口コミで評判のディスティー

ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(お勧めする霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど


→ 当たると口コミで評判のディスティーは、こちらから


どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------


先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談


私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール



黄金の蝶


--------------------
関連姉妹サイト

霊感霊視占い スピリチュアルブログから

◯ 霊感 強い

◯ 復縁に強い占い

◯ スピリチュアル 経営

◯ 新宿 当たる 占い

◯ 霊視 悩み相談

◯ 意識したい男性、意識されたい女性

恋愛心理学 恋愛力プラスから

◯ 浮気 本能

◯ 婚活 高望み

◯ 浮気 相手

◯ 嫁姑 うつ

◯ 婚活 結婚できない



新アメブロ ピックアップ記事

子育て 教育 やってはいけない

霊視 妊娠

パワースポット 山王日枝神社

注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違...