翻訳

2018年9月19日水曜日

占い師になるには!素質!?向いている人とは?

 占い師になるには!素質!?向いている人とは? 


占い師になるには、素質?


占い師になるには、どの様な素質が必要であろうか。この話は、絶対的な答えではなく、相対的な答えであるため、一般論として話を紹介させていただこう。相対的な答えと言う意味は、例えば相談者が東大生みたいなエリートばかりが相談に訪れるのであれば、難しい言葉を使い納得してもらえる様な知識を必要とするであろう。

女子中学生や女子高生ばかりが相談に訪れるのであれば、それほど多くの知識を必要とせず、簡素な言葉としても納得してくれる場合もある。占い師になるには、この素質について、バランス感覚を持ち合わせている人が向いている人とも呼べるかもしれない。

基本的に占い師になるための素質を挙げるとするならば、霊的な感性、納得してもらうための説明力、相談者に対する気配り、他者に対する気配りが出来る思いがあるかどうかだ。

霊的な感性が高いからといって必ず、説明力が長けているわけでもなく、頑固な霊感の高い芸術家は、他者に対する気配りに欠けている場合もあるであろう。

この3つで最も大切なものは、霊的な感性だと思われてしまう人もいるが、霊的な感性と言うのは後からついてくる場合もあり、この3つの中で最も大切なものは他者に対する気配りである。

他者に対する気配りは、純粋に相手の心を感じようとする思いが働き、その感じようとする心が結果的に霊的な力を高める働きを起こすためだ。他者に対する思いは、より理解して欲しい思いが芽生えやすく、これも結果的に説明力が高まる場合もある。

一般的に、占い師になるにはの素質として、占いが当たるか当たらないかなどの指標がある。このブログでは何度も紹介しているが、占い師が当てる力と言うのは個人の力のみではなく、高級霊が憑依をすることで、当たる力が顕在化されている。

詳しく言えば、占い師に乗り移るのでは無く、占い師のオーラに影響与え、感覚を通して占い師にメッセージを伝えているとも言われている。占い師側とすれば、その感覚に誘われるかの様に、タロットカードを切ったり、言葉が自然と口から現れる場合もある。

高級霊からすれば何も、占い師に対して、特別な思いを抱いて欲しく力を授けているのではない。占い師はあくまでも、相談者に伝えるための中継地点となる道具であり、占い師自身が他者の思いに意識を向けているほど、高級霊にとっては、相談者にメッセージを伝えやすくもなる。

占いに限ったことでは無いが、何かしらの資格を取れば、そのことについては勉強する必要はなく満足をしてしまい、その資格さえあれば半永久的に、効力を発揮し続けると思われる人もいるであろう。

その資格と言うのは、ほとんどは、最低必要なスタートラインだ。そこから様々なことを学んでいく思いも大切なのである。占い師として向いている人とは、知識欲のある人でなけてばならない。

江原啓之氏は、音楽家の小室哲哉氏との対面の中で、小室哲哉氏が幽霊を見たり、幽体離脱をするような話の中で、江原啓之氏と同じような特殊な人間だと紹介されていた。霊的な意味で、感覚の中で探求していくと、江原啓之氏と同じ様な力を手に入れることも可能であると話されていた。

相談者に対して質問攻めで様々なことを聞くのではなく、感性の中で相談者の個人的な情報を感じる、探求していこうとする思いも大切であろう。

実際に小室哲哉や、江原啓之氏のような強い霊的な感性を必要とすることもなく、そのような思いを持ち合わせることがポイントであり、そのような思いを持つことで様々な情報が感覚的に頭に入って来る場合もある。

江原啓之氏の言葉によれば、人にはオーラと言うものがあり、そのオーラには様々な人の個人情報が詰まっていると紹介されている。実際には見えなくても、実際に存在するとするならば、人のオーラを感じることで、直感的に様々な個人情報が伝わってくる可能性も高い。

現在は、何かしら未来に対する不安を抱かれている人も多い。何かしらの資格や特技を身に付けておこうとする中で、占いの勉強される人も多く、占い師になるには、どの様にすれば良いのか行き詰まっている人も多いであろう。

このような保身的な考えを持ち合わせている場合は、まずは、その考えを捨て去らなければならない。

保身的な考えは自分自身に意識が集まりやすく、高級霊から力を授かるための霊的な力に悪い影響を与えてしまう場合もあるためだ。

保身的な思いは、まさに凹凸の凹であり、穴が埋まれば安心感を覚え、更なる自分自身の成長に蓋をしてしまいかねない。

サラリーマンの仕事は、社会が仕事与えてくれるものであるが、占い師は個人営業主であるため、自ら行動力を持って自分自身を開拓していかなければならない。

占い師になるために勉強されている人の多くは、ここで挫折をしてしまう。占いを勉強すれば知識を身に付けるだけで、その知識と技術を求めて人が自然と集まるだろうと思われてしまう場合がほとんどだ。

特に保身的な思いを抱いている人は、行動力に欠ける場合もあり、ストレスに弱く、安定を求める強いが思いため、今の現状に変化を起こす勇気が湧いて来なくなってしまう場合もある。

占いなどを派遣してくれるイベント会社などもあるが、その様な会社は、もうすでに占い師を押さえている場合もあり、占い師自身もその様な会社の人達と、率先して人脈を作り上げている場合もある。

現在、人気の占い師であろうとも、始まりはあるはずだ。その様な占い師の中には、喫茶店の人と知り合いになる中で、その中で占いを行ったり、喫茶店でアルバイトしながら、占いを行い始めている人もいる。

喫茶店としては人を集めやすくなり、お互いwin winの関係でもあるため、入り口としては参考に出来るであろう。ただし、喫茶店としても多少は当てる力を求められる。ただ占いの知識を知っているのみならず、高級霊に認められるような人格と、心意気を先に持ち合わせておかなければならない。

よくある話としては、占い師としてではなく他の仕事に就く中で、占いの勉強を行い、人々の相談に応じていく中で、霊感が高まりだし、占い師として開花していく話しもある。

逆の話としては、先に占い師としての知識を学ぶ中で、一般的な仕事につき、その中で霊感が徐々に高まっていく話もある。

細木数子氏は、占い師として活動する前に、赤坂のホステスとして働いていたそうだ。そこで話術なども学んだのかもしれない。

私が言える事は、占い師の仕事は求人媒体にも掲載していなければ、ハローワークに行っても仕事は無い。自分自身の直感力を感じ取り、自分自身の霊的な力によって道を広げていかなければならない。自分自身を創造させる創造力も大切であろう。

私自身は、霊視ができる霊能力者の方に相談する中で、霊的な感性を使って人々に相談に応じるように言われた次第だ。それを拒否し続ける中で、様々な不幸に会う中、決心させられる中で相談に応じていた経緯もある。

占い師になるにはに限らず、今の現状や未来が不安に感じる場合は、霊視ができる霊能力者に相談をしてみるの一つの方法だ。私がお勧めする能力者は、霊視が出来るのみならず、守護霊対話が出来る能力者である。あえて欲を言えば、前世も見れる能力者であれば、現世での生きる目的も見出しやすくなり、その目的が現世の人生における生きがいになる可能性も高い。

職業を導く指導霊が、占い師への道を歩まさせる傾向にあったり、霊的な感性が高いのであれば、さらなる占い師へのヒントも得れる可能性も高いであろう。

私が経験した個人からのアドバイスとしては、相談者が話す言葉よりも言葉数が少なくなってはならない。言葉数が少ないと、物足りなさを相談者に与えてしまう。小説や、辞書などに目を通す癖を付け、自分自身のボキャブラリーを増やして行くのも大切だ。

占い師に成り立ての頃は、数が少ないのも致し方が無いが、自分自身を成長させて行く思いは、結果的に相談者にも良いアドバイスができる様にもなり、劣等感を感じる中で立ち止まってはならない。



黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。



霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも...