翻訳

2018年9月19日水曜日

生活保護者 、遊んでいるは、と思われている人への内容

 生活保護者 、遊んでいるは、と思われている人への内容 


生活保護、遊んでいる

生活保護者 、遊んでいるは、と思われている人もいるであろう。生活保護者に対するニュースなどが取り上げられていると、遊んでいる、俺たちの税金で楽をしていると、コメントがいくつも見られる場合がある。

それならば、自ら失業し、財産を売り払い、窮地に追い詰める中で、生活保護者になる方法もあるであろう。ただし多くの人は、そのような事は行いたくないと思われるはずだ。

生活保護者に対する内容について、意識をすると、様々なことが頭に入ってくる場合もある。その事について、話をさせていただこう。

生活保護者の遊んでいる姿と少し話は変わるが、蟻の世界の話に、少し面白い話がある。

蟻の世界では、2割は、努力家であり、6割は、普通の働き手であり、なんと最後の2割は、全く仕事をしないぷー太郎なのだ。

その蟻の、グループの中のぷー太郎を取り除き、普通の働き蟻だけのグループを作ると、そこから2割の努力から生まれる。そしてなんと、そこから2割のぷー太郎が現れる実験結果が、インターネット上のサイトで紹介されていた。

このサイトの書き手の意見には、健全な組織を作るためには、必ず2割のぷー太郎が必要であろうと紹介されていた。

このグループから努力家の蟻を取り除くと、ぷー太郎の蟻が、急に働き出すと言う結果もある。これが人間に当てはめられるかどうかわからないが、このサイトの意見や考えの中には、努力家は、体を無理に動かすため、体を壊してしまうリスクが高まってしまう。

組織が崩壊してしまうかもしれないため、予備軍として、ぷー太郎がいるのであろうと結論付けていた。

私は、少しばかり東洋思想の影響を受けているものであり、東洋思想では、陰が生じれば必ず陽が生じ、陽が生じれば、必ず陰が生じると言う考え方がある。

陰陽とは、男や女、晴れや雨など、相反する内容を一言でまとめた言葉だ。

つまり働き手を陽と考えれば、生活保護によって遊ぶ人たちは、陰として、必然的に現れている考え方もあるであろう。

生活保護者の多くは、生活にゆとりがないため、ほとんどの多くは、生活保護費を、消費に回す。市場にお金が流れる事でもあり、そのお金は働き手の元にも流れることにもなる。
お金は、人にとって欠かせない物でもあり、人にとって欠かせない内容の中には、酸素がある。つまり、お金とは酸素の様な物でもあり、酸素を一人で貯め込んでいる企業や、お金を貯め込んでいるお金持ちの方に問題がある考え方もあるはずだ。

余談であるが、人がお金を欲しがるのは、様々な物が買えるだけでは無い。お金は人が欲しがる物であり、そこには、人の意識が集まる。それを多く持ち合わせているのは、それだけ、お金持ちには、人からの価値があり、自分自身の存在感に優越感を感じれる場合もあるのだ。

よって、価値が高いため、市場にお金を流さない、お金持ちに不満を言う人は少なく、お金の少ない人に、不満を言う人も現れやすい背景も隠されている。貯め込む事で、優越感を感じれるため、お金持ちは、意外にも、ケチな人も多い。

パチンコなどを行っている生活保護者を見ると、許せない思いを持ち合わせている人もいるであろう。私自身は多少、この様な内容も含め仕方がないことだと思ってしまう場合もあるのだ。

人と言うのは、刺激を求める生き物であり、外部から刺激を受けることで、社会の一員としての客観的な、存在感を感じる場合もある。

もしもあなたの親族や友人などが全員、この世からいなくなった場合、自分に意識をしてくれる人が周りからいなくなり、刺激が減ることによって、自分の存在感を失い、寂しく思ってしまう場合もあるであろう。

生活保護者の中の、パチンコ行っている人の中には、遊んでいるのではなく、心が不安定の中において刺激を求めて訪れる場合もあるのだ。お金が増えれば、自分自身でできる範囲が増え、さらに違った刺激を受け入れる場合もあるであろう。

とてつもない苦しみの中からの、強い快感は、麻痺を起こし、再び同じ行動を引き起こしてしまう場合もある。

例えば、恋愛経験の無い人が、好きな相手と付き合えれる様になった場合、デートなどで別れたとしても、再び会いたくなる様な感情に近い。

全てとは言い切れないが、生活保護者の多くは、好きでそのような姿となったのではなく、致しかたが無く、なった人も多いであろう。

そのため、一見遊んでいる様な見える内容の中には、純粋に遊んでいるのではなく、心に満たされていない思いもあるはずだ。

生活保護者の人の多くは、顔がイキキとした表情では無く、暗い顔をしている姿も多いと言えよう。


インターネット上には、沖縄の不良少年が、元暴走族社長によって更正される、人気の動画がある。

現在、約、300万近い視聴回数であり、もう既にご存知かもしれないが、ぜひ参考にしていただきたい。




この動画の中には、毎日遊んでいても、生きている充実感が無いと紹介されている。生活保護者の多くは、生きている充実感が無くなっている場合もあるはずだ。

私がここで話したい内容は、人は、生まれてきた時点で全て同じではなく、家庭環境も違う。また人が輪廻転生を繰り返す中で、それぞれの精神性にも違いが現れる。

同じ現世と言うステージに立っているが、それぞれの人の生きる目的には違いがあるため、生活保護者を自分と同じと思われるのは筋違いである 。
何度も、面接に行き、何度も不採用になれば、社会から不定をされた様な思いを抱き、心が傷つきたく無い中で、面接そのものに、足が重くなってしまう場合もある。

おまえは、生きる価値が無いと言われれば、誰しもが、うつ病の様な思いを抱いてしまうであろう。

この様な考え方がある。人は生きるために仕事を行うのか、仕事を行うために生きるのかと言う考えの違いだ。

生活保護者は、遊んでいると発言している人の多くは、後者ではなく、前者である場合も多く、必死で生きる中でストレスを抱え、その不満をぶつけているのに過ぎない。

AIの発達によって、今後、多くの仕事が失ってしまうと言われている。仮に生活保護者が、働きだすことになれば、少ない職を奪う形となり、自分自身が生活保護者になってしまう可能性もあるはずだ。

もしかすれば刺激を求める中で、自分自身が、生活保護費を使って遊ぶ側に変わってしまっているかもしれないであろう。

人として仕事が減っていく中では私自身は、ベーシックインカムの制度は、望ましい内容だと考える。ベーシックインカム制度とは、全ての国民に、ある一定の生活費を配る制度だ。
ただし、働く気力を失わさせてしまう意見や、財源などの問題もある。

動画でも現れているが、遊んでばかりいれば、自分の存在感を失い、充実感をしなってしまう場合もあるであろう。生きるために仕事を行う考え方ではなく、生命に保証が付いているため、仕事を行うために生きる考え方を持つ人も増えるはずだ。

財源は、日銀が、お金を刷れば良い。お金はその月に必ず使わなければならない制度であれば、市場にお金が流れることになる。これは実際の紙幣では無く、電子マネーであれば管理がしやすい。

貯金をすることができないため、家を買いたい人や、何かしらの高額なお金を必要とする場合は、働かなければならない方法などもある。

実際に働く人は富を得ているため、それを羨ましく思う人は、新しいビジネスを始めたりなど、働く側に身をおくことにもなる。

実際の話、働かなければお金を得ることができない考え方がおかしく、働く仕事の場がなくなれば、経済は悪化してしまう可能性も高まる。お金を使うことを仕事だと考えれば、市場にお金は流れることになり、経済はより豊かになるであろう。

日銀は、刷ったお金を、銀行に買い取ってもらい、銀行から市場へお金が流れていくことで、現在の経済は、このシステムで成り立っている。銀行は日銀にお金を預ける事で、利子をもらっている場合もある。

銀行は、市場にお金を流さなくても、日銀にお金を預けるだけで、お金は増えていくのだ。市場に流せば返ってこないリスクもあるであろう。そのため銀行は、よほど好景気の会社でない限りお金を貸してくれない話もある位だ。

それならば銀行を通さずに、直接人にお金を渡し、それを使ってもらう方が、経済は活性化すると私は考える。

現在においては、人材が不足している中で、働き手が不足していると言われている。景気が上がっているにもかかわらず、給料に反映されていない話もある。

実は人材は不足しているのではなく、ちょうど良い状態であるため、わざわざ給料を高めて人材を集める必要がないと言う話もあるくらいだ。

経済学者は、給料が上がるのは、本当に人材が不足する中で、本当に人材を求め始めなければ、給料は上がってこないであろうと発言されている。

あと半年もすれば、その様な状態が起きる可能性も高いと発言されているが、海外から人材を求めれば、その話も変わってくるかもしれないとの発言もされている。

PPPとは、人材、モノ、資金、情報などの交流を活性化させる目的があり、日本に多くの外国人が働くために訪れてくるかもしれない。

PPPとは、安く輸入ができるメリットもあるかもしれないが、活性化と言うのは競争でもあり、日本人としての日本の経済を悪化させてしまう可能性も高い。

アメリカでは、不法労働者が、低賃金で働くことで、仕事奪われた人も多いのだ。イギリスが、EUを離脱した理由の中にも、同じ様な話がある。

生活保護者の遊ぶ内容とは少し話が脱線したが、人は目に見えるものばかりに意識がとらわれ、目に見えない背後について考え様とはしない。

このブログは霊能力者に関わる話であるため、その目線から考えれば、人は必ず死ぬ。あの世に持って帰れるのは、人生の経験と思い出のみだ。

生活保護で遊んでる人の多くは、強い記憶もなく、自分の人生に良い思い出も現れない可能性も高い。自分の人生を振り返った場合、何のために生まれてきたのか、後悔することにもなるであろう。

来世においては、しっかり学び、しっかりと生きる目的などもあるかもしれない。生活保護者の遊ぶ姿に不満を口に知っている人の中には、もしかすれば自分自身の前世は、全く仕事をしない遊び人だった可能性もあり、もしかするとその不満は、後悔させたくない思いから現れているのかもしれない。


黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。



霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも...