翻訳

2018年9月19日水曜日

霊視と病気の統合失調症は、何の違い!?

 霊視と病気の統合失調症は、何の違い!? 


霊視と病気

霊視と病気の統合失調は、霊視と一緒に語られる場合がある。全く素人の第三者の私が、病気についてどうのこうの語る身分ではないが、私が持ち合わせている知識と私の考えを組み合わせながら少しばかり話をさせていただこう。

統合失調症などの病気は、曖昧な内容としてニュースなでも良く使われる場合がある。犯罪者が、精神疾患として、統合失調症の可能性について使われる場合もあるであろう。

定義自体も曖昧であり、神経症などと言われる場合もある。

私達の神経は、無意識に、必要な情報と不必要な情報を瞬時に処理をし、必要な情報だけが意識に入る様な仕組みによって成り立っている。

例えば、目の前にあるコップを取ろうとした場合、コップを取るための情報だけ意識に届け、 他の情報は必要が無いため、 意識に上らない様に蓋をする働きがある。

統合失調症を抱えている人は、不必要な情報も、意識に入ってくるため、社会に適応できなくなり、心の病を抱えやすくなるのだ。

これはよく言われるのは、ネジで表される場合もあり、 ネジがしっかり閉まっているか、ネジが緩んでいると、 無意識の記憶から様々な情報が意識に入ってくると言われている。

これが妄想、思い込み、第三者が理解できない内容として見られてしまうのだ。
霊能力者の方は、しっかりと受け止め理解をし、意味のあるメッセージとして伝える力がある人でもある。

これは特別な内容では無く、誰しもが、潜在的に統合失調症を抱えてしまう可能性もある。

例えば、犯罪者に跡を付けられている場合、実際に、背後にいなくても、 周りを気になり、あらゆる事が 自分自身にとって必要な情報 だと思い込んでしまうであろう。

戦場に行った人は、統合失調症を患いやすく、 ベトナム戦争で帰還した兵の中には、街中の中の刺激が気になり、一般的な生活に苦しむ人もいる。

芸術家や創作活動をされている人も、一般的に不必要な内容だと思う内容も、新たな発想のために、必要な刺激だと無意識に感じてしまう場合もある。そのため、目の付け所が違うと言われる評価を受ける一方、混乱しやすく統合失調症を抱えやすい場合もあるのだ。

夏目漱石や、芸術家のピカソなどは、統合失調症を患っていたとも言われる。

霊視も自分の意思とは違った様々な映像が意識に現れるため、症状としては、病気の統合失調症と似た姿があるであろう。

沖縄の霊能力者は、神ダーリーと呼ばれる、様々な幻覚に遭わされる中、 その状態を克服した中で、霊能力者のユタとしての力が授かるとも言われている。

沖縄の病院では、診断書に、神ダーリーと書く場合もあるらしく、統合失調症の患者と区別が付きにくいとも言われている。専門家も違いについて見抜けない場合もあり、一般の人では尚更、違いについて分からないでもあろう。

私自身は、霊視と統合失調症の違いについて、この様な違いがあるのでは無いかと思っている内容がある。

私達は、まるでパソコンやスマートフォンの様な端末であり、あの世はサーバーの様な世界だと考えれば、霊視と病気の統合失調症の違いについて、ある程度、理解ができるのでは無いであろうか。

霊視で見える内容の多くは、あの世からのメッセージであり、その映像は、価値のある内容、第三者が意味があり理解できる内容である場合がほとんどのはずだ。

人の相談に応じれるまで、様々な幻覚が見せられる場合もあるが、誰かに襲われそうになる妄想ではなく、 力強い何かがイメージとして現れる話しもよくある話しである。

例えば、龍が、口の中に入ってくる幻覚や、天使や仏、神などが目の前に現れる幻覚などである。沖縄であれば、 先祖が理解できない方言を耳元で話す幻聴などもある。

一般的な統合失調症は、パソコンやスマートフォンなどに入っている個人的な記憶が影響している場合もあり、自分自身に関わる様な記憶が画面(意識)に現れている特徴があるかと思う。

霊格の違いなどもはるかもしれない。個人的な統合失調症は、自分自身は皇族の血を引いてるなど、意識が自分の存在価値に現れている霊格の低い内容である。

高級霊などが見せる幻覚は、霊格が高いため、 自分の存在価値で無く、メッセージ性が高い幻覚を見せられる可能性もある。

DNAの螺旋を発見した科学者は、夢の中で、蛇が螺旋を描く姿を見たらしく、それがヒントになったと言う話しもあるのはご存知であろうか。霊能力者としての幻覚は、意味のある映像として見える場合があるのではないであろうか。


統合失調症のレッテルは、正常だと思われてる立場の人が診断するものであり、社会に適応出来るか、出来ないかの判断による所が大きいとも思われる。

病気では無くても、診断内容によれば、病気だと判断される場合もあるであろう。その指標は、社会に適応できるか、適応できないかの違いである。

霊能力者の方も、社会的に評価がなければ、統合失調症の診断を下されていた可能性だってある。

まとめると。

霊視と病気の統合失調の違いは、 見えてる映像が第三者へ価値のある映像か、それとも、ただの個人的な記憶による錯誤、映像かの違いである。

個人的な、統合失調症の病気は、誰しもが患ってしまう可能性がある。特にストレス状態が強い場合は、自分自身の身に危険が生じていると本能的に感じ、必要では無い情報も意識にとって必要な情報だと判断する中で、神経質を患う中、病気になってしまうリスクも高まる。

孤独を感じている場合は、心のバランスを取り戻すため、自分自身に価値のある妄想が現れてしまう可能性もあるであろう。例えば、私は天皇の血を引いている、有名人などの子供などの妄想だ。年寄りの方が、過去の栄光ばかり語る内容も、頭の調整するネジが弱まっている可能性も高く、 統合失調症と似た様な症状を引き起こしているかもしれない。




黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。



霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも...