翻訳

2018年9月19日水曜日

霊視で見る亡くなった人は、どの様な世界にいるの?

 霊視で見る亡くなった人は、どの様な世界にいるの? 


亡くなった人がいる世界

霊視で見る亡くなった人は、一般的には、幽界と呼ばれる世界にいる。あくまでも一般的であり、死を自覚できない霊や、 死を受け入れれない霊などは、現世に漂う浮遊霊、もしくは地縛霊と呼ばれ、現世と近い世界にいる場合もある。

これもまた稀ではあるが、あの世に対する知識を持ち合わせている人、現世での欲を捨て去った人、現世で生きる目的を達成させた人、 後悔なく生きた人の中には、幽界で少し滞在した中で、次の世界である、霊界に旅立つと言われている。

現世に近い世界ほど、 現世と強いつながりを持ち合わせやすいとも言われているため、霊視で見る亡くなった人の多くは、浮遊霊か幽界にいる人々でもある。中には、現世で欲を満たしたい悪霊などもいるかもしれない。

幽界と呼ばれる世界は、私達の世界とあまり変わらないと言われている。この世にあるものを、あの世で作り出すことが出来るのだ。

私自身は、幽界とは、ソフトウェアのような世界であり、人などの目から入ってくる情報をもとにして作られている世界ではないかと考える。それはまるで、ストリートビューの様な世界だ。

幽界では、欲しいものは直ぐに目の前に現れ、行きたい場所には瞬時に行く事が出き、テレパシーを使ってコミュニケーションを行うため、外人であろうとも、誰が何を思って何を考えてるのか知ることができると言われているのだ。

ちなみに、体が無いため、食べなくても良いが、食べ物も食べる事が出来る。ただし、体を通しての満足感は無く、心だけの満足感であるため、物足りなさを感じる中で、ほとんどの人(魂)が無駄だと気づき、食べる事を辞めるらしい。

もちろん、空腹が無いため、空腹から生き返った様な美味しさを味わう事は出来ないではあろう。

現世から見る人にとっては、なんと素晴らしい世界だと思われるかもしれない。数年ぐらいは、その世界で楽しめるかもしれないが、 すぐに物事が叶う世界は、いずれ、物事の価値を見失い、達成感も無く、その世界がつまらないものだと考え出すそうだ。

精神的な満足感を求める中で、次の世界である霊界に旅立つ事になる。スピリチュアルでは、第二の死と言われ、次の世界は、 自分の波長と合った人達だけが集まる階層の世界であり、霊格が高いほど、上の世界、霊格が低いほど、下層の世界に旅立ちと言われているのだ。

霊的な話をまとめた、シルバーバーチの霊訓によれば、幽界に13年もいた女の子の話もある。

階層の世界は、上の階層は、下の階層へ行く事が出来るが、下の階層は、上の階層へ行く事は出来ない。上の階層の霊が下の階層へ行く目的の中には、下の階層の霊に指導するため、メッセージなどを伝えるために降り立つと紹介されている。

これが事実だとするならば、上の階層に行くためには、再び現世に転生を行い、霊格を高めてからでなければ、上の階層に上がることができないのかもしれない。

現世での会社の組織は、ピラミッド式になっている場合がほとんどであり、人も自然界の生き物だと考えれば、自然界と同じく霊界が階層になっている考え方もある可能性もあるであろう。

霊視で見る亡くなった人は、霊界とは簡単にコミュニケーションが取れない可能性なども考えられる。高級霊からメッセージを伝える場合は、霊界や幽界にいる霊を媒介して情報を伝えて来る話しもある。

この霊的な世界の仕組みが事実であれば、霊視で見る亡くなった人からのメッセージは、 亡くなった人の心の思いを満たす目的などもあるのではないであろうか。

亡くなった人が安心をすれば、 現世に対しての執着心が薄れる中、次の世界である霊界に旅立ちやすくもなるであろう。

生きている人が悩みを抱え、心が苦しんでいれば、亡くなった人も、心配されるかもしれない。その心配は、幽界から魂が現世に惹きつけられてしまう可能性もある。 霊能力者の使命は、現世で悩みを抱えている人の想いを解き放ち、亡くなった人の心を安心させる一石二鳥の働きも考えられる。

ある芸能人のお兄さんは、亡くなってしまったが、夢の中で、あの世で好きな野球をプロの人達と一緒に楽しんでいる。お前は、生きている間に、自分が行いたいことを行いなさいと言われたとおっしゃっていた。

この様な話しを聞くと、幽界に無く、現世にある内容とは、何かと考えてしまう。現世にしか無い何か、魅力的なものがあるため、あの世からも現世に対して執着してしまう何かがあるはずだ。

精神的な成長の変化、自分自身で考える力、達成できないものを達成させる満足感などが挙げられるであろうか。

幽界は、多くの事が叶うため、失敗をしてしまう事もほとんどないであろう。失敗からは、自分自身で考える力も身に付けれるはずだ。

私自身は、霊的な世界について考えると、この世が天国ではないかと考えてしまう場合もある。この世には苦しみがあるが、 限られた命の中で、自分の存在感を強く感じれる世界であり、 精神的な成長も努力次第で叶うものでもある。

あの世は集の世界であり、この世は個の世界だと言われる場合もある。霊界の階層は、グループソウルとも言われ、似たような波長が集まっている魂の集団だ。

その様な世界から見れば、体を使っての他者との強い境界線があり、個の表現が出来る現世は、まさに天国の様な世界でもあろう。

グループソウルからの言葉かどうか分からないが、過去の霊能力者が亡くなった人からのメッセージとしてこの様な言葉がある。

ここは素晴らしい、生きている人、亡くなった人、誰が何を見て、誰が何を考えているのが良く分かる。ただし、どこからどこまでが自分で、どこからどこまでか他人だか分からない。生きていた時の方が良かったと言う話しだ。

霊視で見る亡くなった人は、様々な世界にいるものであり、その多くは、現世での経験や体験が、大きな影響を与える。

現世で生まれてくる目的の中には、他人との境界線が強く持てる体を使って、しっかりと精神性を高め、あの世で自分自身を見失わない精神性を持つ目的などもあるのかもしれない。



黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。



霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも...