翻訳

2018年9月19日水曜日

霊視を扱うテレビは?なぜ?芸能人ばかり相談に応じるのか!

霊視を扱うテレビは?なぜ?芸能人ばかり相談に応じるのか!

霊視を扱うテレビ

霊視を扱うテレビは?なぜ?芸能人ばかり相談に応じるのか!

霊視を扱うテレビは、芸能人ばかりに相談に応じられているイメージが強くないであろうか。江原啓之氏は、多くの人が知る以前、深夜番組に、一般の人を対象にしたテレビ番組に相談に応じられていた。

テレビ番組の中でも、一部、一般の人を対象に相談に応じられている場合もあるが、その多くが、芸能人を対象に扱った内容でもある。

他のブログなどのホームページなどには、ずるい、羨ましいなどの話を載せている人もただただ見受けられる。

霊的な仕組みをまとめた、シルバーバーチの霊訓によれば、過去には、霊的な世界がある真実を知ってもらうために、パフォーマンスとして、能力者を使い霊的な出来事を起こさせる内容を公に見せてきたと言う話が紹介されている。

私自身が思うには、霊能力者の方がテレビに出演されるのも、パフォーマンスとしての意味が込められているのであろうと思っている次第だ。様々な芸能人に対して、霊視における相談を行えば、やらせだと思う人も少なく、霊的な世界がある可能性について考える人も多く現れやすくなるであろう。

芸能人と言うのは、それだけ影響力のある人でもある。

霊視の能力は、個人だけの能力では無く、高級霊の助けを借りて、初めて力を発揮する能力でもある。そのため、この演出には、高級霊の意思も含まれている。

霊的な内容を扱っているため、宗教的なニアンスを感じる人もいるかもしれないが、特定の神を崇拝するのでは無く、霊的な世界がある可能性について知っていただく事が最も重要な内容でもある話しだ。

この様な話しをすると、その様な世界を知らなくても良い、有り難迷惑である。よく分からない内容を押し付けるな。科学的に解明できない内容について人間の社会に干渉しないで欲しいと思われる人もいるかもしれない。

これが全く他人事であれば、高級霊は、現世に対してほっとく手段などもあるであろう。

霊的な世界を知ってもらう最大の目的は、人が亡くなった後、亡くなった事を自覚する中で、 あの世にしっかりと帰ってもらう 目的があるためである。

あの世の世界や、霊的な内容を否定している人に限って、死後、死を受け入れず、現世で地縛霊や浮遊霊になり、魂がそこで滞ってしまうのだ。

中には、仮にあの世があったとして、死後も、魂が現世に漂って何が悪いと思われる人もいるかもしれない。

世の中の仕組みは、循環で成り立っているものであり、血液が止まると体が壊れる様に、精神が滞ると、世の中の仕組みを崩壊へと導いてしまいかねない。

例えば、生きている人に憑依をし、自分の欲を満たすためだけの行動を起こす場合なども考えられるであろう。

人が一つの赤血球だとすれば、そこで多くの赤血球が集まれば、血の流れが悪くなる様なイメージでもある。

あくまでも、従来に比べれば、霊視の信憑性について高いと思われてる人も増えているのではないであろうか。スピリチュアルに関心の高い人であれば、あの世がある可能性について、高く認めてる人も増えているではあろう。

ただし、過去のニュースとして、霊視番組で影響を受けた子供が、自分の人生に不満を抱く中、もっと違った人生を求める中で、自ら死を選んだ事件があった。

江原啓之氏は、再び生まれて来たとしても、同じ環境が持ち受けているだけであり、人は最後までできなければならないともおっしゃっている。

私自身は、この言葉には少し言葉が少ないようにも思われる。人は亡くなれば、浮遊霊などになる可能性などもあるが、その多くは、幽界と呼ばれる場所に行くとも言われている。

その世界からは、 現世においての様々な映像が見れるとも言われている。もちろん、同じ境遇の中で、頑張っている人の存在を知る事にもなるであろう。

自分自身の精神が弱かったと後悔するものであり、すぐに転生はできず、次の転生まで後悔の念に苦しむことになるはずだ。

幽界の次の世界は、霊界とも言われ、同じ波長の物同士が集まる世界だとも言われている。それはまるで鏡を見るかの様に自分を見る様なイメージであり、自分自身の醜さを知る中で、更に後悔する可能性もあるはずだ。

蜘蛛の糸と言う話しがあるが、自ら蜘蛛の糸を切る中で、再び地獄に落ちる話と酷似している。

もちろん、現世では悲しんでいる人もいる 。親が育てた苦労を知る場合もあり、悪魔がいる地獄では無いが、後悔の苦しみは、まさに地獄の様な内容ではないであろうか。

少し話は、このページの趣旨とかけ離れてしまったが。

霊視を扱うテレビは、 なぜ?芸能人ばかりが多いのかと言うと、霊的な世界を知って欲しいためである。

ただし、人はいずれ亡くなる身であるが、現世における舞台は、与えられた貴重な時間であり、そこでしかできない内容について考え、様々な経験を行っていくのも大切である。

一般的に、霊感の高い人は神経質であり、良くも悪くも、心の感情が強く、様々な感情を強く受けてしまいやすい傾向がある。

霊視を扱うテレビに出演されている能力者の方は、精神的にも強く、自分の使命について無意識にでも自覚する中で、霊視ができる能力者の中でも特に選ばれた人なのであろうと思われる。

私事であるが、過去に、ある場所で霊的な内容としてでは無く、たまたま町中でテレビに出た過去があった。 カメラを向けられ、カメラを見た途端、多くの人がカメラの向こうで見ているかと思った瞬間、まるで多くの意識が津波の様に頭に入ってくる様な感覚に合い、気分を悪くし戻しそうになった過去がある。

私自身が思う中では、テレビに出演される霊能力者の方は、タフな人だと思う。多くの方は、私と同じ様なタイプだと思われる。相談者が一人の相談者であれば、相手の意識を自分に取り入れたとしても、自分自身の意識が保てる様な状態でもあろう。

この様な神経であるため、人の目が集まる様な、警察への捜査協力などの避けたい気持ちなどは理解してもらえるのではないであろうか。 ただし、能力者の中には、相談に訪れた警察官に対して、相談に応じている人も少なからずいる。


黄金の蝶
ワンポイント
地域限定による対面において、納得できない、又は、力の先生が探しきれない場合は、全国規模で相談に応じられているエース級の先生方に相談されるのもお勧めである。

以下のサイト先の絆(きずな)は、所属するために業界の中でも最も審査が厳しいと有名であり、力のある先生方が集まり易いサイトの一つでもある。

そのため、他の占いサイトの様に、ピンからきりまでの先生方が多く所属されている訳でも無い。業界に詳しい方であれば、既にご存知の方も多いであろう。

運営サイトが、力のある先生を探す中、スカウトされている話しもあるそうだ。

特にお勧めなのは、霊視能力のある先生であり、私自身ブログで霊視を扱っているため、霊視が出来る先生を推奨させていただいている。私自身も利用させていただいている中で、初めて霊視相談を受けられたい方に最も一押しのサイトである。

絆(きずな)内において、先生方探しに悩まれる場合は、直ぐに目に留まり、気になる先生に相談されるのも良いであろう。運営サイトが、力のある先生を優先的に目に付きややすい場所、看板の様な目的として優先的に紹介されている場合もあるためだ。

先生方の力に疑いや信憑性について不安を抱えている方もいるかもしれない。糸を使いダウンジグの様な方法によって先生方の力を感じ取る方法などもお勧めである。自身の守護霊が、自身の相談内容に合う先生へ導いている場合もあるためだ。

私自身、全ての先生方に相談をしてもらった訳でも無い。全ての先生方の力の有無については、感じる範囲にしか実際には分からない。

そのため、私自身がお勧めできる先生としては、実際に相談してもらった中で、オードリーメーカー先生、大照先生、逢先生などは、実際に私が感じた力のある先生方としてお勧めである。

オードリーメーカー先生に至っては、道具を扱わず、守護霊対話能力もあるため、ただの占いに比べると初めての方でもその信憑性について高く持つ事も出来るであろう。

力の高い先生方の能力に多少の違いもあるため、先生方のプロフィールやコメントなどの確認し、相談内容の目的に合った先生探しも大切である。詳しい情報は、リンク先のページで確認していただきたい。公式ページであるため、より、詳しい情報が紹介されているためである。


霊視相談ご希望

一度、絆で
霊視相談受けられたい方は以下の


>霊感、霊視相談、鑑定の絆~Kisuna~



先生探しの参考になる!お勧め記事

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?



私自身が霊視相談を受けた際の体験談

力のある先生ほど、運営サイトに所属される傾向が高い理由

私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール


*私は、フリーランサーとしてWebデザイナー、グラフィックデザイナーでもある。ブログの素材パーツの一部は、私自身で制作させていただいている。イラストACにおいても、制作の一部を無料にて提供させていただいているため、少し立体的な素材を求められる方は、こちらからダウンロードされていただきたい。→ イラストAC 無料素材

注目記事

霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!

 霊視で見える映像は、どの様な見え方で見ているのか!  霊視で見える映像は、様々な見え方があると言われ、一概には言い切れない。見る人の持ち合わせている知識(記憶)を組み立て映像化している話もあれば、映像を伝える高級霊にも個性があり、伝えやすさにも違いがあるからだとも言...