スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

占い師になるには チャネリングの力を身に付ける

・ 占い師になるには / チャネリング (主.キーワード) 占い師になるには チャネリングの力を身に付ける 占い師になるには チャネリングの力を身に付ける方法 について、当たると評判の高い占い師は、チャネリングの力と言っても過言ではない。逆に言えば、チャネリングの力の無い占い師は、当たると評判が高い占い師になれない話であり、占い師として廃業しやすくもあるであろう。 占い師になるには チャネリングの力を身に付ける方法として、物事には順序があり、この順序についても大切な話になる。 ちなみに、霊感と聞くと、どの様に思われるであろうか。一般的に、特殊な能力だと思われがちであるが、誰しもが霊感を持ち合わせているものであり、幽霊にも心があり、高次元の存在にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力でもあるのだ。 通常、人は、特別に心を感じる必要性もない状況で生活を送られているものであり、ほとんどの方が、心を感じる霊感について意識をする機会も少なく、多くの方が、霊感が弱まっている可能性もあるかもしれない。 心を感じる意識は、受信する側の装置に、スイッチを入れる話のようなものであり、チャネリングの基本的な話でもある。 占い師になるには と思われている方、割と不思議な見えない力にも意識が強い傾向にあり、一般の人と比べれば、多少その感覚について掴める話ではないであろうか。 この話をさせていただくためには、この話についても知っておいた方が良いかもしれない。人の心の奥底が全て繋がっている考え方があり、この先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている話でもある。 一般的に人は、人の表情等を見てから、心の様子を伺う気持ちが現れやすくなるが、心を感じる意識を高めるには、心が表情を生み出している気持ちに立った方が、心について意識も高まりやすく、この気持ちに立てば、割と様々な人から心が直接、感じやすくなってくるであろう。 占い師になるには チャネリングの感じ方 占い師になるには チャネリングの感じ方 として、これは人によっても話が変わってくるかもしれないが、私の場合は、頭の上に、とてつもない高い山が存在しているイメージであり、その頂点を集中して意識をしているような状態である。 そうすると、集中した空気が周りに漂う感じが現れ、

占い師になるには 能動的な気持ちで

・ 占い師になるには / 能動的 (主.キーワード) 占い師になるには 能動的な気持ちで 占い師になるには?能動的な気持ちを持つ必要性もある。 この気持ちがあるかないかが、占い師になれるかどうかの、大きな岐路と言っても過言では無い。 占い師になるには?と思われている方の中に、占いの知識を身につければ、どこかで採用してもらい、仕事にありつけるのかと思われてる方もいないであろうか。 正直な話、占い師が働ける場所は、それほど多くはなく、占い館などは常に募集をしているが、世の中には、霊感の強い人も存在し、常に門戸は開けている話である。 電話占いサイトなどを拝見すれば、分かる話かもしれないが、新人の先生であろうとも、今まで、しっかりとどこかで鑑定を行っていた先生でもあり、占いの知識だけを身に付けられた方が、いきなり採用してくれる話ではない。 占いを専門に行っているお店の中でも、日替わりで先生が入れ替わり、占いの相談に応じている店舗などもあるが、まさに椅子取りゲームであり、占い師に至っては、占いは仕事を与えられてくれるものでは無いと思っておいた方が良いであろう。 占い師になるには?ほとんどの占いを勉強されてる方が、この時点で挫折をして、占い師の道を諦める話でもあるのである。 本当であれば、自分の直感に従い、占い師の道を切り開いていくのが望ましくあるが、私から少しアドバイスをさせていただこう。 占い師になるには?能動的に人脈を広げていく力 占い師になるには?能動的に人脈を広げていく力 、この意識を持ち合わせておくのも大切である。この人脈が、口コミで広げてくれる力ともなり、占い師への道も開けやすくなるのだ。 現在は、コロナの影響で、自粛ムードが広がっているが、例えば、喫茶店でアルバイトをしながら、喫茶店で占いの相談に応じる方法などもあるであろう。 マスターと知り合いになり、喫茶店で占いを行う方法もあると思われる。キャバクラなど人が集まるところでアルバイトを行い、そこで、占いを披露する方法もあるかと思われる。 少なからず、占いの知識は、一般の人が持ち合わせていないものであり、その付加価値を、どこかで披露する方法を自分自身で考えるのもお勧めである。 ブログなどを立ち上げて、インターネット上で、占い師を告知す

神の霊格は高いのか!神の霊格について考察

・ 神 / 霊格 (主.キーワード) 神の霊格は高いのか!神の霊格について考察 神の霊格が高いのか!神の霊格について 考えた場合、多くの方が、なんとなく、神の霊格が高いと答えるのが一般的な内容ではないであろうか。ただし、なぜ?神の霊格が高いのかについて、答えられない人がほとんどかと思われる。 霊格の特徴には、2つの要素が存在する。1つは、子供と親を考えた場合、子供の方が存在力が弱く、親の方が存在力が強くあるであろう。 子供は1人で生きていく事は、難しい話であり、親の方が1人で生きていける力を持ち合わせているものであり、霊格が高いとは、 存在力 が高いとも言えるはずだ。 もう1つは、物事を生み出す 創造力 である。存在力が強くても、世の中には他者を省みない人もいるであろう。創造力は、他者のために役立てたい、他者が喜ぶ物を生み出したい気持ちから、創造力が現れやすくなるものであり、霊格にはこの2つの要素の考え方を持ち合わせている。 この2つの要素は、別々に存在しているのではなく、一緒に混じり合って存在しているとも考えられるであろう。存在力が高いだけ、創造力が高いだければ、霊格が高いとも言い切れない。 前者は先に話をさせていただいたが、例えば、現在の文明を、タイムマシンで遡り、原始人に伝えたとしても、原始人にとっては役に立たない話である。原始人であれば、馬車の作り方を教えた方が、原始人にとっては役に立つ話でもあるはずだ。 神の霊格が高いと思わされる話とは 神の霊格が高いと思わされる話とは、この地球上にある産物、人が何もない場所から、創造物について作り出すことができない。 そしてこの地球上にある自然の産物は、人々が生かしてくれるための、自然で育んでいる。よって、少なからず、 神の存在は、人間よりも霊格が高い と考えられるであろう。 ちなみに、神と言う漢字は、しめすへんに、申すの漢字であり、しめすへんは、示すからきている漢字である。物申す存在が、神であり、崇める存在が神では無い。 少し矛盾する様であるが、神の言葉を聞き入れず、自分の願いを聞いて欲しい話は、矛盾する様な話であり、霊格が高い神が作り出した自然を、守っていくのが、人としてあるべき姿でもある。 神は、常に人を通して、現世に影響与えている考え

霊格の高い国、霊格の低い国が集まる世界

・ 霊格 (主.キーワード) 霊格の高い国、霊格の低い国が集まる世界 霊格の高い国、霊格の低い国が集まる世界 について、この地球上の現世は、その様な世界だと思われる話がある。ちなみに、霊格の高い国、霊格の低い国については、あくまでも国民性で、個人的な話では無い。 霊格の高い国、霊格の低い国においても、霊格の高い人々、日本にも霊格の低い人々はいるであろう。 日本人の中には、他国の霊格の低さを見て、自分自身の方が霊格が高いと比べている人もいるのではないであろうか。より霊格の高い存在から見れば、似た様な存在であり、同じ穴のムジナと変わらない。 小学1年生と小学2年生が、どちらが霊格が高いのかと言っている様なものであり、大人からすれば似た様な話でもある。 この話での最もキーポイントは、霊的な世界での話が関わっており、この地球上の現世の仕組みとして現れている可能性もある。 この話は、陰陽に関わる話であり、陰陽とは、陰陽と呼ばれるものがあるのではなく、男と女、生と死、晴れや雨など、相反する内容を象徴として表したのが陰陽である。陰陽では、全ての存在は、陰陽の気のみで成り立っていると考えられており、陰が生じれば必ず陽が現れ、陽が現れば必ず陰が現れると考えられている。 霊的な世界、人が亡くなると、一度、様々な欲が叶いやすい幽界に旅立つと考えられており、そして、霊格の違う自分自身の霊格の合った世界の階層である霊界に旅立つと考えられているのだ。 霊界と現世が陰陽の関係だと考えれば、霊界は、霊格が分けられた世界であり、現世は、その逆の霊格が混じり合った世界だと考えられる事もできるであろう。 これを分かりやすくイメージすれば、ビンに入った調味料が霊界の話であり、様々な調味料が混じりあった料理そのものが、現世の世界とも考えられるのではないだろうか。 霊格の高い国、霊格の低い国が交わる世界、天国かもしれない 霊格の高い国、霊格の低い国が交わる世界は、もしかすると天国かもしれない。天国の価値観は、人それぞれであり、絶対的な話ではないが、この様な天国の価値観の話もあるのでは無いであろうか。 霊界では、下の階層から上の階層へ上ることができないが、上の階層から下の階層へ下ることができると考えられている。 下に下るには

コロナで人類の地球が滅亡!霊格が高い価値観

・ コロナ / 人類滅亡 / 霊格 (主.キーワード) コロナで人類の地球が滅亡!霊格が高い価値観 コロナで人類の地球が滅亡は、霊格が高い価値観 に気づかない中で、可能性として0ではない。現在、コロナウイルスの問題が、全世界に広がっているが、多くの方が、ただの偶然に現れたウイルスと人類だけの話だと思い込んでいる方が多い。 霊格が高いとは、他者を支える愛のある姿であり、これは人類のみならず、環境も含めて、支える気持ちを持つ精神的な話である。 現在の、人々の様子を見ると、元の生活に戻りたい、元の生活が最も価値のある内容だと思い込んでいる人もいるであろう。元の生活とは、自分の欲を満たすことに意識を高め、他者を省みず、エネルギーを多く消費し、地球環境が崩壊しても、他人事である生活内容ではないであろうか。 霊格が高い人々の世界は、創造力が高く、繁栄する力を持ち合わせているが、霊格が低い人々の世界は、創造性が弱いのみならず、崩壊しやすい世界でもある。 コロナウイルスをきっかけに、霊格が高い価値観に気づかなければ、コロナウィルスが終息したとしても、次の何かしらの、人類に何かしら影響与える大きな出来事が待ち受けているかもしれない。 私は、他の運営しているブログで、コロナで地球が滅亡する事は無い、霊格が高い高級霊の様な神々は、人類をここまで成長させてきたものであり、人々をコロナウイルスで滅亡させる事は無いだろうと、話をさせていただいたのである。 霊格が高い価値観に気づかない、コロナで人類の地球が滅亡かも コロナで人類の地球が滅亡しない話において、霊格が高い価値観を持てば、乗り切れる話ではないかと、私自身は思っていた。 ただし、世界の様子や、Yahoo!ニュースなどのコメントを見ていると、はたして、霊格が高い価値観について気づかれる人が、現在どれだけいるのであろうかと、思われる話でもある。 私自身も、スピリチュアルに出会えず、霊格について知らなければ、一般的な世界の人々や、Yahoo!ニュースなどのコメントを書き込んでいる人々と同じ価値観にいたと思われるのだ。 霊格の話は、心に対する価値観であり、少し宗教的なニアンスも感じられてしまう場合も、あるのではないだろうか。 スピリチュアルに興味のある人も

韓国人の霊格が高い?低い?低い理由について

・ 霊格 / 韓国人 (主.キーワード) 韓国人の霊格が高い?低い?低い理由について  韓国人の霊格が高い?それとも低い かは、結論から言うと国民性として、霊格が低い傾向がある。これは差別的な話ではなく、ある理由から来る話である。現在、コロナウイルスによって全世界で浸透しており、韓国はいち早く抑えることに成功した国であり、霊格が高い国民性があるかと思われるかもしれない。 韓国人の霊格が高い?この話においては、韓国が北朝鮮と、休戦中であり、戦争状態でもあり、テロに備えて、対策が整っていた話でもあるのだ。 韓国人の霊格が低い、主な原因は、儒教の国である原因が背景に隠されている。儒教の国であるから、霊格が低い話ではなく、儒教について独特な解釈を行い、自分自身に効率よく解釈し来た歴史でもあるのだ。 儒教は、年上の人を親しむ教えでもあり、年配者や故人を大切にし、全体の調和を整える目的がある。 これが極端に働いてしまうと、年上と年下の差が強調される様な形になり、 差を強く意識する姿 が現れやすくなるであろう。 霊格とは、他者を思いやって、他者を支える精神的なあり方である。力のある年上が、力の無い年下を支える、まるで親が子供を支える在り方だ。 韓国では、王朝時代、男性と女性が住む場所が離れてており、これは、王様以外にも、それを支える家臣の中で一般的な話でもある。 上の立場にならなければ、自分自身の存在力が高めることができない国家であり、自分だけの意識も高まりやすく、よって韓国人の国民性は、霊格が低いと呼べる話であるはずだ。 韓国人の霊格が低い!形として現れている内容とは 韓国人の霊格が低い国民性は、表面上に形として顕在化されている 。霊格が高い人々がその世界とは、存在力が高く、他者を喜んで欲しいと思う創造力が高まりやすくなる。 韓国の文化は、 日本の真似事 も割と多くあり、自分達で創造する力も弱く、独特な文化を発展させる力が弱まってしまう。 日本人の方の中に、韓国は、経済力でも、日本よりも低いにも関わらず、上から目線で対応してくる姿がある話もあるであろう。 先にも話をしたが、韓国は儒教の国であり、上の立場に立たなければ、自分達の存在を維持できず、その様なな国民性でもある。 中国との関係も、少なか