スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ストレス解消について考察!スピリチュアル

「ストレス解消」について考察!「スピリチュアル」 「ストレス解消」について考察!「スピリチュアル」から見る話として、お勧めの「ストレス解消」による話がある。 インターネット上で、「 ストレス解消 」方法について調べてみると、こまめにストレッチをする、甘いものを食べる、とにかくぐっすり寝る、太陽の下で体動かす、趣味に没頭して日常を忘れるなどの話がされている。 確かに、これらの内容について、「 ストレス解消 」として多少なりとは、力として貢献してくれるかもしれない。 心理学的な話になれば、「 ストレス 」によるものはため込むことによって悪く働くものであり、抱えている悩みを吐き出すことを推奨されている場合もある。 現在の特有のコロナの影響による話かもしれないが、どんな時に「 ストレス 」を感じるランキングがネット上に見受けられる。 最も高いのが、友達と会えない、遊べない、そして自由に外出できない、外出が制限される、学校行事が中止延期、カラオケができないなどの話が挙げられる。 「コロナの影響」による「 ストレス 」についても見えてくる話があり、「 スピリチュアル 」的な指標を扱えば、「 ストレス 」を抱えている人々が多く現れている可能性も見えてくる。 「ストレス解消」についての考察、「ストレス」とは、「スピリチュアル」 「ストレス解消」についての考察、「ストレス」とは、「スピリチュアル」から見ると呼べるかどうか分からないが、その理由が存在する。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「 ストレス 」も現れやすくなる。 「 ストレス反応 」は、「 ストレス 」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 「 ストレス解消 」とは、このエネルギーに

人口増加の未来の日本!スピリチュアル

人口増加の未来の日本!「スピリチュアル」 人口増加の未来の日本!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、この人口増加とは、日本の人口増加ではなく、世界においての人口増加の話である。 現在、世界の人口は、75億人と言われており、2050年には100億人超える話がある。 その状況において、日本がどの様な状態になっているのか、「 スピリチュアル 」から見ると悪い意味での日本の姿と良い意味での日本の姿が見えてくる。 まずは、悪い意味での、日本の未来について、中国がここまで経済発展したのは、先進国が、莫大な人口を抱える中国に対して経済的に入って行ったものであり、人口が多い理由が挙げられるであろう。 日本の国内においても、地方の中には、人口が少なく、経済活動が弱く、関東などの人口が多い場所に住まいを構える人々も増えている傾向にある。 つまり、世界的に見れば、少子高齢化が進む日本において、人口が少なく魅力的な力が弱まっている傾向にある。 現在においても、すでに起きていることであるが、円安とは、国の価値観と言っても過言ではなく、観光業以外は、厳しい姿として現れるかもしれない。 人口増加の未来の日本、「霊格」についての考察、「スピリチュアル」 人口増加の未来の日本、「霊格」についての考察、「スピリチュアル」から見ると考えさせられる話としてあげられる。 このブログでは、「魂の成長」について、何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。 「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、「ストレス」も現れやすく、存在感を求めるエネルギーが誹謗中傷、子供の虐待、いじめ、モラハラ、モンスター○○○、毒親、ストーカー、凶悪犯罪など社会に弊害を与える人々も現れやすくなるのだ。 「霊格が低

価値観の多様性の矛盾!スピリチュアル

「価値観の多様性」の矛盾!「スピリチュアル」 「価値観の多様性」の矛盾!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、現在、何かと「 価値観の多様性 」を受け入れられている時代でもある。 しかしながら、「 価値観の多様性 」を受け入れられている時代にも関わらず、自分自身の価値観を他人に押し付ける人々の姿もある。 Yahoo!ニュースにおいて、ワクチン反対派がワクチン接種会場に訪れ、ワクチン接種をするなと脅すような出来事の話があった。 Yahoo!ニュースのコメントを見ると、もちろん、批判的なコメントばかりであったが、この話について、この話に限らず、何かと社会に対しその傾向が現れている。 例えば、ジェンダー問題、男性は男性らしく、女性は女性らしい価値観を求める人々もいる中で、それは間違っていると矛盾する様な姿もある。 「 スピリチュアル 」から見れば、「 スピリチュアル 」的な話として必然的な出来事であり、今後、何かとこの様な傾向が現れやすくなってくるかもしれない。 「価値観の多様性」の矛盾、「霊格が低い」、「スピリチュアル」 「価値観の多様性」の矛盾、「霊格が低い」、「スピリチュアル」から見ると、その姿が現れている傾向にある。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心を満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」だ。 「霊格が低い」と、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」にする気持ちが現れやすく、自分自身の価値観が正しいと与えてほしい、承認の欲求のような気持ちも現れやすくなる。 これが、自分自身の価値観を、正しいものだと認めさせるために他人の価値観にも批判的な言葉として現れやすくなる。 「 スピリチュアル

依存症の心理について!スピリチュアル

「依存症」の心理について!スピリチュアル 「依存症」の心理について!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、依存症にも様々な依存症があり、ここでの話は、心理的な話としての依存症である。 私自身は、喫煙家でもあり、タバコは、タバコが持つ物質的なニコチンが、脳に作用を起こすものであり「 依存症 」として現れやすくなる。 心理的な、「 依存症 」も脳に物質的な作用を引き起こすものであるが、心理的な話としての話である。 私自身、過去に、少しばかりの期間、競馬にハマっていた時があった。 それは地方競馬であり、常に他の馬を引き離す馬があり、それを熱中として応援していたものであった。 その馬が、中央競馬に進出することになり、実際に走ったところ、だいぶ他の馬から引き離され最後となったのである。 この時、これが現実だと目が覚め、それ以降、競馬をする事は辞めた。 私自身、このような経験があったため、競馬に夢中になる人や「 依存症 」になる人の気持ちも分からない話でもない。 「依存症」の心理について、「快感原則」、「スピリチュアル」 「依存症」の心理について、「快感原則」、「スピリチュアル」から見ると誰にでも何かしらの依存症があるのかもしれない。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機として「ストレス」も生じやすくなる。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し、「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、「 依存症 」の心理は、「快感」を求める心理であり、自分自身の「存在感」を求めて「 依存症 」が現れやすくなる。 また、趣味や興味が少ない人に対して、自分自身の「存在感」が感じられず、存在感を求めて「 依存症 」として現れやすくなるであろう。

人間関係でうまくいかない!増えている!スピリチュアル

「人間関係でうまくいかない」!増えている!「スピリチュアル」 「人間関係でうまくいかない」!増えている!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、現在、「 人間関係でうまくいかない 」状況が増えているかもしれない。 あくまでも、従来よりもの傾向であり、絶対的な話ではない話としての話である。 まずは、現在、「価値観の多様性」を受け入れている時代であり、価値観の分散も現れやすく、自分自身の価値観が相手に受け入れてもらえるかどうかの姿も現れやすくあるであろう。 過去にこの様な、話があった。九州で学級崩壊を立て直すのに当たって、ある先生が、そのクラスに派遣された。 その先生は、子供達に対し、一人一人、自己紹介をさせようとしたところ、周りの目線が気になり誰1人、自分自身で自己紹介ができなかった。 そこで、この先生は発想を変え、子供に対し1人教壇に立たせて、その子供の良い部分を一人一人が発言する取り組みに変えた。 褒められる内容でもあり、嬉しくなるものであり、このクラスでは積極性が生まれ、学級崩壊が立て直され、クラスの中で絆が高まった姿が現れた。 このクラスの話は、特別な内容であり、多くの教室では、この様なクラスの傾向のまま大人になった人も増えているかもしれない。 この様な話もあるであろうか。現在は、情報を求めるとするならば、インターネットから情報をすぐに求める傾向も高い。 そのため、直接、人から情報を求める必要性もなく、会話によるコミニケーション能力も弱くなりがちであり、「 人間関係でうまくいかない 」姿が「 スピリチュアル 」的に考えられるかもしれない。 「人間関係でうまくいかない」、「霊格」について、「スピリチュアル」 「人間関係でうまくいかない」、「霊格」について、「スピリチュアル」から見るとこの話についても大きく挙げられるかもしれない。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在