スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

子育てをする意味は?スピリチュアル

・ 「 子育て 」/「 スピリチュアル 」 (主.キーワード関連記事) 「子育て」をする意味は?「スピリチュアル」 「子育て」をする意味は?「スピリチュアル」 から見ると、その意味は、一概には言い切れず、様々な考え方が存在する。 一般的に、「 子育て 」をする意味は、子供を授かり、子孫を残す、自分自身のDNAを残すと考えるのが一般的であり、確かに、自然の仕組みからすれば、その「意味」を持ち合わせている場合もあるであろう。 人は、いずれ、亡くなる身でもあり、亡くなってしまえば、この世があったのかどうか、など分からないと思われる人にとって、唯一、生きてきた証を残すのは、「 子育て 」による子孫を残す、跡を残す方法しかないのが確かな話である。 ただし、これが本当の真実があれば、世の中には、子供が欲しくても、子供が授からない人もいる中で、この様な人々は、世の中に、何も残すことができない、残念な人、これも運命との話にもなるはずだ。 もちろん、「 スピリチュアル 」では、人が、亡くなっても、魂が消えてなくなるとは、考えておらず、霊的な世界である、あの世もある話である。 そもそも、人について考えた場合、人が生まれて、亡くなる仕組みは、普通に考えれば効率的では無いはずだ。 なぜならば、「 子育て 」も含め、生命だけ見れば、何度も同じ繰り返しを行うものであり、1つの命を永遠に、成長させていった方が、様々な経験を持つ存在として、自然界に生き残れる可能性も高まるであろう。 人が、亡くなれば、霊的な世界に、もちろん、お金など持っていけないものであり、持って変えられるのは、現世で生きてきた「経験」である。そして、「 子育て 」をする意味も同じく、「 子育て 」においての経験をするために、「 子育て 」をする意味が、「 スピリチュアル 」の中に存在する。 「子育て」をする意味は、「霊格の成長」、「スピリチュアル」 「子育て」をする意味は、「霊格の成長」の話が「スピリチュアル」に存在する。 このブログでは、「魂の成長」について、何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だ

誹謗中傷!ネットで起きやすい原因!スピリチュアル

・ 「 誹謗中傷 」/「 スピリチュアル 」 (主.キーワード関連記事) 「誹謗中傷」!ネットで起きやすい原因!「スピリチュアル」 「誹謗中傷」!ネットで起きやすい原因!「スピリチュアル」 から見る話として、その原因が存在する。 「 誹謗中傷 」について、一般的にネットで理由は、匿名性が高く、自分の行動が、誰にも知られない、閉鎖的な空間である、考え方が一般的であるであろう。 では、なぜ、赤の他人に対して、「 誹謗中傷 」を行う気持ちが現れるのか、このことについて、考える必要性もあるはずだ。 「 スピリチュアル 」から見ると、その原因については、いくつかの原因が考えられる。 まずは、「魂の成長」、このブログで何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく、心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく、精神的な意味で「大人」になる話だ。 「霊格が低い」とは、逆に、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たすよりも、自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の「気づき」が少ない分、物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく、精神的な意味で「子供」である。 「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱いため、何かと「ストレス」も現れやすく、自分の「存在感」を求めて、「承認の欲求」からして、「 誹謗中傷 」の行為も現れやすくなるのだ。 ほとんどの多くの方が、反社会性力に対して、「 誹謗中傷 」の言葉を強く、発言することもないであろう。 精神的に気が弱い、自分よりも、立場的に低いと思う相手に対し、反撃がないと思われる中で、「 誹謗中傷 」として現れやすくなる場合もある。 日本の教育は、心に対する教育も弱く、「霊格が低い人」も現れやすく、その結果、「 誹謗中傷 」が、ネットで起きやすくなっている原因として、「 スピリチュアル 」から見えてくる話でもある。 「誹謗中傷」、ネットで起きやすい、「ストレス」について、「スピリチュアル」 「誹謗中傷」、ネットで起きやすい、「ストレス」についての考え方が、「スピリチュアル」

霊感が強い!特別ではない!スピリチュアル

・ 「 霊感が強い 」/「 スピリチュアル 」 (主.キーワード関連記事) 「霊感が強い」!特別ではない!「スピリチュアル」 「霊感が強い」!特別ではない!「スピリチュアル」 から見る話は、多くの方が、「 霊感 」について、特別な人にしかない特別な力だと思われているかもしれない。 確かに、「 霊感が強い 」、そのことによって、何かしらが顕在化され、その意味では、特別な内容だと考えることもできるであろう。 ただし、何も、生まれつき天性によって、「 霊感が強い 」力が、あるない、話ではなく、特別な話でもない話である。 実際に、「 霊感 」と言うものが、しっかりと内容として、定義されていないため、照り合わせる内容がなく、多くの方が、曖昧な雰囲気の中で、「 霊感 」について、思われているものでもあるであろう。 「 霊感 」とは、誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、「心を感じる力」である。 「 霊感 」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が感じられると思われるが、それが、心を感じる小さな「 霊感 」の働きである。 霊能力者の「江原啓之」氏は、「 霊感 」について、誰にでもあるとおっしゃっており、感度の違いにしか過ぎないと話をされている。 そもそも、「 霊感 」とは何か、について、理解されていない方がほとんどであり、感度の違いと言われても、何の違いなのか、分からない話でもあるであろう。 「 霊感が強い 」とは、心を感じる力の、感度の違いであり、「 霊感が強い 」ほど、心の底でつながっている霊的な世界から影響を受けやすくなる。これが、何かしらの力として顕在化され、特別な人として見られる姿も現れやすくなるのだ。 「霊感が強い」、誰でも経験、「スピリチュアル」 「霊感が強い」、その経験は、誰でも経験をしている話が、「スピリチュアル」に存在する。 小さい頃を思い出してほしい。大人を見たときに、ただ体が大きいだけではなく、何かしら、威厳のような大きな雰囲気を感じていたものではないであろうか。 多くの方が、「 霊感が強い 」経験をしていた時代もあり、大人になるにつれて、理性の力、抑制力の力が、心を感じる「 霊感 」を弱めてきたことでもある。 人は、深夜、夢を見ている時、理性の力が弱まり、抑えていた内容が、夢の中で現れて

霊感が強い!特徴!確認は?スピリチュアル

・ 「 霊感が強い 」/「 スピリチュアル 」 (主.キーワード関連記事) 「霊感が強い」!特徴!確認は?「スピリチュアル」 「霊感が強い」!特徴!確認は?「スピリチュアル」 から見ると、いくつかの見え方が存在する。 ちなみに、「 霊感が強い 」と聞けば、どの様に思われるであろうか。最も、多くの方が、答える内容として、「 霊感が強い 」と、幽霊が見えるなどの答えを答えるであろう。 確かに、「 霊感が強い人 」の中には、幽霊を見ることができる人もいるが、必ず、「 霊感が強い 」からと言って、幽霊が見える訳でも無い。 そもそもの話、「 霊感 」とは何かについて、知らなければ、その特徴や確認について理解することもできないであろう。 「 霊感 」とは、実際の話、誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり、心を感じる力である。 そして、人々の心の奥底が、全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「 霊感 」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思われるが、それが、心を感じる小さな「 霊感 」の働きである。 一般の多くの人が、そこに価値を見出していない中で、意識が薄く、心を感じる力が弱いため、「 霊感 」に対する自覚が持てないだけであるのだ。 この話を聞けば、多少なりとも、自分自身に対し、心を感じる「霊 感 」があると思われる方もいらっしゃるであろう。 「霊感が強い」、特徴、確認、左脳と右脳について、「スピリチュアル」 「霊感が強い」、特徴、確認、「左脳」と「右脳」の仕組みから、「スピリチュアル」の目線で、その内容がある程度確認できる。 「左脳」は、言葉の組み立て、論理的な認識、計算や比較など、「目で見える現実世界を認識」するのに長けており、どちらかと言えば、「理系」的な働きをする傾向がある。 「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、目で見えない心を感じる力に長けており、どちらかと言えば、「文系」的な働きをする傾向があるのだ。 「 霊感 」とは、心を感じる力だと話をさせていただいた。 「 霊感が強い人 」は、絶対的な話では無いが、「文系」の才能に秀でた力が現れやすくなる。 絶対的な話ではない理由として、絵が上手い人の中でも、歌