スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

スピリチュアルと宗教の違いを考察

|スピリチュアル|と|宗教|の|違い|を考察 |スピリチュアル|と|宗教|の|違い|を考察 の話について、Yahoo!ニュースのコメントに、|スピリチュアル|や|宗教|について否定的なコメントがあった。 目に見える内容だけを信じる、現実主義者にとって|スピリチュアル|について不信感を抱く人がいるのも致し方がない。 |スピリチュアル|と|宗教|の違いは、大きな違いとして、神々を崇拝するものでは無い。また、特定の儀式や特定のルールに基づくものではない。 |スピリチュアル|の考えは、全員とは言い切れないが魂の成長に価値を置いているものであり、宗教にも道徳な意味でそのような考えがあるかもしれないが、ある特定のものに縛られるものでもない。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ。 |宗教|に対して、|スピリチュアル|の価値観を取り入れると、|スピリチュアル|には気づきによる変化が現れるものであり、その宗教が崩壊してしまいかねない。 仏教など、さまざまな宗派があるのは、もしかすると、この心からの一つ一つの気づきによる気づきに違いがあり、分断されている考え方もあるであろう。 ただ、|スピリチュアル|と|宗教|については、同じような姿も存在する。 そもそも、日本に|スピリチュアル|と言う言葉を広げた霊能力者の江原啓之氏は、仏教に強い女性のもとで修行したものであり、また、自らは、日本神道の神官の資格も持ち合わせている。 |宗教|と|スピリチュアル|、霊的な内容を扱う意味では、同じ価値観でもあり、同じように見られてしまうのも当然なはずだ。 |スピリチュアル|の価値観の中には、霊的な内容を受け入れる中で自分自身の死後、浮遊霊にならないための考え方もある

誹謗中傷がネット上に現れやすい原因

|誹謗中傷|が|ネット|上に現れやすい|原因| |誹謗中傷|が|ネット|上に現れやすい|原因| について|スピリチュアル|から見ると見えてくる姿がある。 仮に、|ネット|などが存在しなければ、ここまで、|誹謗中傷|などがあったであろうか。 |ネット|はない昭和の時代でも、手紙や電話などで|誹謗中傷|する人々がいた事はあったが、少し、人としてどこかおかしいものだと見られていた傾向もあった。 現在のおいては、従来よりも、|誹謗中傷|する人々に対し、おかしくは無い人として思われている傾向もあるであろう。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり、心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 |ネット|が存在しなかった時代と、|ネット|が存在する時代の大きな違いの中に、|ネット|上に自分自身の存在感を求める姿が現れたことでもあるであろう。 その中では、存在感を感じられる状況もあれば、逆に、存在感を失う姿として現れるリスクも増えたことであるはずだ。 この様な考え方もあるかもしれない。 |ネット|の方が、自分自身の存在感を強く感じられる状況がある中で、逆に、リアルな人間関係において自分自身の存在感を感じられない状況が現れやすくなっている可能性も考えられる。 価値観の多様性は、価値観の分散でもあり、リアルの人間においての価値観が合わない状況も現れやすく、そこでストレスを抱え|ネット|上で|誹謗中傷|が現れやすくなる考え方もあるであろうか。 心理学者のフロイトは、人は快感を求める生き物、快感を追いかける生き物としての話をさせていただいた。 |誹謗中傷|による自分自身の存在感による快感が、それが麻痺してしまい、まるで麻薬のように強い存在感としての|誹

恋愛が冷める原因は?その対策について

|恋愛が冷める|原因|は?その対策について |恋愛が冷める|原因|は?その対策について 、|スピリチュアル|から見ると恋愛が冷める原因がいくつか見受けられる。 あくまでも、従来と比べれば、|恋愛が冷める|姿について増えているかもしれない。 まずは、現在の社会は、男女平等に対する意識が強くあることであるであろう。|恋愛|と言うのは、自分にとって足りない要素を相手が持ち合わせている中で異性として惹きつけられるものであり、男女平等に対する意識は、その力を弱める姿として現れやすくなる。 |恋愛が冷める原因|と言うよりも、そもそも、|恋愛|に興味がない人々も増えているかもしれない。 心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるであろう。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し、攻撃、もしくは、逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、|恋愛が冷める原因|は、|恋愛|において自分自身の存在感が感じられず、快感を感じることができず、|恋愛が冷める|姿として現れやすくなる。 このような考え方もあるかもしれない。 |恋愛|を始めた当初は、相手のことを知りたい、相手を感じたい気持ちが強く、より神経が過敏に働くことによって興奮状態も現れやすく、|恋愛|が楽しい気持ちとして現れやすくなる考え方だ。 相手のことを知り尽くした中で、神経が過敏に働く必要性がなくなり、興奮が減ることによって、恋愛が冷める原因について見えてくる話である。 人には、2つの要素がある。1つは、動きの要素を求める感情と、落ち着きを求める感情の2つだ。 デートなどは、これを繰り返すのが望ましくあるが、多くの方が、映画であれば映画のみを選択として選ぶ傾向もある。 |スピリチュアル|から見ると、|恋愛が冷める原因|、この様な考え方もあるかもしれな

離婚の原因は、夫にあり!

離婚の原因は、夫にあり! 離婚の原因は、夫にあり についてスピリチュアルから見る話をさせていただくが、私自身が調べた話ではないが、半分以上の離婚の原因が夫にある姿がスピリチュアル的な話として見えてくる。 もしかすると、従来よりも、離婚の原因は、夫にありの割合が高く現れているかもしれない。 もちろん、離婚の原因が、女性にある場合もある話として話をさせていただく。 まずは、男性心理と女性心理の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に見られている傾向もあり、理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 自宅においては、いつでも女性を意識する担保があるものであり、夫の中には自分の趣味ばかりに意識を向けている夫も割と多くいるであろう。 そして、その多くの夫が、女性心理の意識されたいよりも意識したい傾向が強い心理について、知らないものであり、女性の中には不満が現れやすくなるのだ。 ココリコの直樹さん、前の奥さんと結婚されていた当初、自宅にいるときは、常に自分自身が興味のある昆虫や動物の図鑑などばかりに意識を向けていた姿があった。 奥さんは、興味がなく、理解できず、この映像を拝見した当初、離婚する可能性が高いと伝わってきた中で、実際に離婚されたものである。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされることを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野

子育てに飽きた人の特徴は?

子育てに飽きた人の特徴は? 子育てに飽きた人の特徴は? スピリチュアルから見ると、その特徴の人が存在する。この言葉は、あまり望ましくは無い話ではあるが、子育てに飽きた人、子育てから解放されたい人も同じような心情を抱えていることでもあるであろう。 まずは、自分自身の存在感について、心理学者のフロイトは、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに快感が生じるものであり、人は快感を求める生き物としてそれを快感原則と提言された。 極端な話、存在感=快感と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い存在感と強い快感も同時に感じることができるのではないだろうか。 存在感を感じられないのは、ただ存在感を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり、命の危機としてストレスも生じやすくなる。 ストレス反応は、ストレスを与えている対象に対し攻撃、もしくは逃避の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、子育てに飽きた人の特徴、子育てにおいて自分自身で快感が感じられず存在感が感じられず、ストレスによって子育てに飽きた人として現れやすくなる。 現在は、インターネットの普及に伴い、自分にとって興奮できる存在感を感じられるものも増えており、相対的に、子育てにおける快感が弱まることによって子育てに飽きた症状も現れやすくなるのだ。 従来のお父さん方は、全員とは言い切れないが、外で子供とキャッチボールする姿があり、大人自身も快感を感じられることによって子育てに対しやりがいが現れていたものでもある。 魂の成長、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である霊格の成長も同じく心からの一つ一つの気づきである。 霊格が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で大人になる話だ。 霊格が低いとは、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先になりがちであり、心の気づきが少ない分だけ物事を見る視野も狭くなりがちになる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で子供だ