スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

恋愛に興味がない原因!スピリチュアル

「恋愛」に興味がない原因!「スピリチュアル」 「恋愛」に興味がない原因!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、従来と比べると「 恋愛 」に興味がない若者が増えている話がある。 ただでさえ少子化が加速していると言われているにも関わらず、このままでは人々が思っている以上に「 恋愛 」に興味がない原因によって加速する可能性があるであろう。 「 恋愛 」に興味がない原因を「 スピリチュアル 」から見た話として話をさせていただくために、まずは、「 恋愛 」に関わらず、人が興味を持つ話について知っていただく必要性がある。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても、少なからずそこに「快感」が生じるものであり人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても過言ではなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるはずだ。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も生じやすくなる。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、「 恋愛 」に興味がない話については、「 恋愛 」から「快感」としての「存在感」が感じられない、簡単に言えばつまらない状況が社会に現れやすくなっている。 この原因は、「 恋愛 」以外に、自分にとって「快感」を感じられるものがあるものであり、文明の発達と、膨大な情報量、これが原因で「 恋愛 」に興味がない話もあるであろう。 「恋愛」に興味がない原因、「男女平等」に対する意識、「スピリチュアル」 「恋愛」に興味がない原因、「男女平等」に対する意識、「スピリチュアル」から見ると日本の教育のこの価値観が原因として考えられる。 「 恋愛 」として異性を好むのは、自分自身にはない要素を異性が持ち合わせているものであり、そこに魂が惹きつけられやすくなり恋愛感情が現れやすくなる。 このような考え方もあるかもしれない。 「男性心理」と「女性心理」の違いについて、男性は、意識されたいよ

人の行動が試される時代!スピリチュアル

人の行動が試される時代!「スピリチュアル」 人の行動が試される時代!!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、人類の生産として人の行動が試される時代に来ているのかもしれない。 ある都市伝説の動画の中に、古代の人が未来に対しての予言として残されている石板があるそうだ。 その内容の最後には、2つの岐路があり、1つは崩壊する道でもう一つは華やかに繁栄する姿が描かれている。 NHKのサイトの永久凍土の融解の最後に、人の行動変容が大切な話をされており、何かと人の行動が試される時代について感じさせられる。 多分、古代の人が残した予言、今の状態であれば崩壊の道を歩んでいくことになるであろう。 現在、コロナの影響によって、ワクチン接種等が行われている状態であるが、多くの方が、過去の価値観の生活に戻る、戻りたい気持ちがあるはずだ。 その生活の中には、「地球温暖化」についてあまり気にしない、消費についてあまり気にしない、災害が起きても他人事として考えている人が割と多い。 人の行動が試される時代において、他人から強要されたとしても他人事、自分の幸せは自分のもの、自己中心的に世界が回っている、自由意志が最も価値が高いと思い込んでいる人も多くいるはずだ。 人の行動が試される時代、「魂の成長」、「スピリチュアル」 人の行動が試される時代、魂の成長、「スピリチュアル」から見ると、ここが、大きな話として挙げられる。 「魂の成長」、このブログでは何度も話をさせていただいているが、知識の成長が知識の一つ一つの「気づき」であり、心の成長である「霊格の成長」も同じく心からの一つ一つの「気づき」である。 「霊格」が高まれば、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心満たす創造力も高まり、心の「気づき」が多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなる。この話は、難しい話ではなく精神的な意味で「大人」である。 「霊格が低い」とは、精神的な意味で存在力が弱く、「他者の心満たすよりも自分の心が満たされたい気持ちを優先」になりがちであり、心の「気づき」が少ない分だけ物事を見る視野も狭くなる。この話も、難しい話ではなく精神的な意味で「子供」だ。 「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、「ストレス」も現れやすく、存在感を求める気持ちの中で自己中心的な考えが現れやすくなる。また精神的に子供であるため致し方が

スピリチュアル好きな女性を考察

「スピリチュアル」好きな女性を考察 「スピリチュアル」好きな女性を考察 の話をさせていただくが、「 スピリチュアル 」に興味がない人にとって、「 スピリチュアル 」好きな女性に対し異様な姿として思われるかもしれない。 「 スピリチュアル 」好きな女性については、いくつかの角度から見る考え方があり、一概には言い切れない前提として話をさせていただく。 まずは、「 スピリチュアル 」と言う言葉がを広げたのが、霊能力者の「江原啓之」氏であり、従来までは霊的な内容に対し暗い演出がよく行われていた。そのイメージを払拭する目的として、「江原啓之」氏が華やかな演出を心がけるようになったのである。 「男性心理」と「女性心理」の違い、男性は、意識されるよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなるのだ。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなる。 女性が着飾る姿、それは意識されるための目的であり、意識して満足しているものではない。 もうこの時点で、気づかれたと思うが、「 スピリチュアル 」好きな女性の中には目に見える話として、自分自身の輝きをより輝かせる目的として「 スピリチュアル 」好きな人がいる。 「スピリチュアル」好きな女性、「文系」に意識が高い 「スピリチュアル」好きな女性、「文系」に意識が高い話が傾向として見受けられる。 「左脳」と「右脳」の違い、「左脳」は、言葉の組み立て計算、論理的な認識、比較など、どちらかと言えば「目に見える現実世界を認識する力」に長けており、「理系」的、「男性」的な働きをする傾向がある。 「右脳」は、音楽のリズム、イメージによる認識、直感や全体的な雰囲気など、どちらかと言えば「目に見えない心を感じる力」に長けており、「文系」的、「女性」的な働きをする傾向がある。 絶対とは言い切れないが、「文系」とは心に携わる傾向があり、心に携わる「 スピリチュアル 」と共感的なものも現れやすく、「 スピリチュアル 」好きな女性が現れやすくなる場合もあるのだ。

霊感があると占いが当たる理由!スピリチュアル

「霊感」があると占いが当たる理由!「スピリチュアル」 「霊感」があると占いが当たる理由!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、多くの方が、「 霊感 」があると占いが当たる理由について理解していないものでは無いであろうか。 「 霊感 」があるから占いが当たる話は、抽象的であり、魔法があるから占いが当たると言ってるのと変わらない。 多くの方が、「 霊感 」について特別な能力だと思われている傾向もあり、誰にでも「 霊感 」があり、肉体的に言えば筋肉のようなものである。 「 霊感 」とは、本来誰にでもあり、幽霊にも心があり、「高次元の存在」にも心があり、人々にも心があり「心を感じる力」である。 そして、心の奥底が全て繋がっている考え方があり、その先は、心の世界である霊的な世界とも繋がっている。 「 霊感 」とは、例えば、他人と握手をした際、個人的な独特の雰囲気が伝わってくると思うが、それが心を感じる小さな「 霊感 」である。 ただ、多くの方が「 霊感 」について、ないと思ってしまうのも分からない話ではない。 日本の教育は、頭で理解をする傾向があり、心を感じる意識の価値が弱く、頭で理解をしようとする中で「 霊感 」がないと思われてしまうのも当然だ。 「霊感」がある女性に占い師が多い理由、「スピリチュアル」 「霊感」がある女性に占い師が多い理由、「スピリチュアル」から見ると、女性の方が「 霊感が強い 」。 「男性心理」と「女性心理」の基本的な違い、男性は、意識されたいよりも意識したい傾向が強く、女性は、意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であればこの相反する心情が磁石のように引き合うやすくなり異なった異性が結ばれやすくなる。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、「目に見える現実世界」に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の「心」にも意識が高まりやすくなる。 「心」に携わる恋愛向けの話、女性に見られている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでは無いであろうか。 つまり、女性の方が心を感じる意識が高く、心を感じる中で男性以上に「 霊感が強い 」状況も現れやすくなる。 ただし、「 霊感が強い 」からと言って、必ず、占いで当たる力が顕在化されるわけでもない

恋愛がうまくいかない!考察!スピリチュアル

「恋愛がうまくいかない」!考察!「スピリチュアル」 「恋愛がうまくいかない」!考察!「スピリチュアル」 から見る話をさせていただくが、割と、現在は従来よりも「 恋愛がうまくいかない 」人々が増えているかもしれない。 従来と比べると、「 恋愛 」に対して興味がない若者が増えている話もあり、「 恋愛 」に対して魅力が落ちている原因もある。 その原因は、男女平等に対する意識が強い社会的な話でもあり、自分自身には持ち合わせていない異なった異性の価値観が弱まる中で、異性に対して魅力を感じない姿が現れやすくなっている。 まずは、存在感についての話について押さえておかなければならない。 心理学者の「フロイト」は、人が食事をするにしても睡眠をとるにしても用を足すにしても少なからずそこに快感が生じるものであり、人は「快感」を求める生き物としてそれを「快感原則」と提言された。 極端な話、「存在感」=「快感」と言っても籠にでもなく、幸せを感じれば強い「存在感」と強い「快感」も同時に感じることができるであろう。 「存在感」を感じられないのは、ただ「存在感」を感じられないだけではなく、人の肉体と精神はお互い影響与え合っているものであり命の危機として「ストレス」も現れやすくなる。 「ストレス反応」は、「ストレス」を与えている対象に対し「攻撃」、もしくは「逃避」の選択状態に置かれ、どちらにしてもエネルギーを必要とするものであり心身にエネルギーも生み出しやすくなるのだ。 つまり、「 恋愛がうまくいかない 」話の中には、「存在感」を感じられない中でうまくいかない、心の底から「快感」を感じられない話である。 「恋愛がうまくいかない」、「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」 「恋愛がうまくいかない」、「男性心理」と「女性心理」の違い、「スピリチュアル」から見るとこの認識の違いが原因としてある。 男性は、基本的に自分の趣味や仕事と女性も意識したい、目に見える現実世界に意識が高まりやすくなる。 女性は、意識されるために自分自身の価値を高めたい気持ちが男性以上に現れやすく、意識される自分自身の心にも意識が高まりやすくなる。 心に携わる恋愛向けの話、女性に向けられている傾向もあり理解と納得がしていただけるものでもないであろうか。 「 恋愛がうまくいかない 」、その話の中には、お互い、「男性心