サイトアクセス数

2018年9月1日土曜日

中国人と日本人の霊格の違い!高いのか?低いのか?

中国人/日本人/霊格(主.キーワード)

 中国人と日本人の霊格の違い!高いのか?低いのか? 


「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」高いのか?低いのか?中国人と日本人の霊格の違いは、ステレオタイプのイメージとしての違いから考えさせていただきたいと思う。ステレオタイプとは、実際に確認をしていないにも関わらず、勝手にイメージ付けしてしまう心理を現した言葉だ。


「中国人」と「日本人」の「霊格」の違いにおいては、特有の人物では無く、国民としてのイメージから考えさせていただこう。ちなみに、私は、左翼でもなければ右翼でも無い。冷たいような言葉かもしれないが、命をかけて弱き者を救う思いも無ければ、国家のために命を投げかける思いも無いと思う。



一般的に中国人は、他者の思いに欠ける傾向が高く、 他国を我が国の物だと主張している場合もあり、チベットの悲劇を見ると、「霊格が低い存在」だと多くの日本人から見られる場合もあるはずだ。

 中国人の霊格として、共産主義は、霊格が低くなりやすい!? 

共産主義

「中国人」は、「霊格が低い」内容について考えてみた場合、これは半分、致し方がない話だと考える。「現在の中国は、共産主義」であり、国家が平等に富を与える傾向が強いはずだ。


中国人と日本人の霊格の違いとして、人に与える思いよりも、平等に与えられる意識が強く、赤ちゃんの様に霊格が低くなってしまう可能性も高まってしまう。「平等の考えは、特徴的な発想に対して、価値が損なってしまう可能性」も高まり、特別な意識の低下を招いてしまうであろう。

特別扱いは、平等の精神に反するため、一人に対して優しく接すると、周りから不満が現れやすくもなる。

過去の中国は、平等の意識が強すぎる中で、人民服と呼ばれる、全てが同じ様な服を着用していた時代もあった。

特徴的な姿は叩かれやすいため、向上心に欠けてしまう可能性も高い。出る釘は叩かれる様なイメージだ。そのため生産性も弱まり、他国と比べると弱体化しやす傾向も高い。

日本人が中国を批判する内容の中に、著作権を守らず他の品々を真似る姿があるのではないであろうか。

「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」について、よくよく考えれば、中国は、平等の意識が高い共産主義である。特徴的なものを否定する中で、他者と同じ姿が正しく望ましいと思われている人が多いはずだ。

「良い内容は、みんなで真似る事に対して、罪悪感は感じず」、逆にそれが正当だと思っている場合もあるであろう。 遊園地での真似るぬいぐるなどは、国民みんなが楽しめるのであれば、著作権などは大した話しではないとも思われやすい。著作権というのは、個人が持つ権利であり、資本主義の様な個人の権利に対する考え方が存在しない。

 霊格が低い真似る中国人!その原因は、先進国にあり! 

真似る中国

「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」は、多少なりとも、先進国にも原因がある。ある中国人は、この様な話しをされている。中国が市場開放した時代、低賃金の人材を求め、真っ先に中国に入ってきたのは日本や欧米などの先進国である。その人々が、中国人に高い価値のある物を教え、その素晴らしさを伝えたと。


その中国人の発言の中には、市場開放する以前は、みんあ味気ない同じ食物を食べていたが、先進国が中国に入ってくる中で、先進国の人々が、美味しい刺身やマグロ、などの味を教えてくれたと。

先進国の狙いは、低賃金の人材のみならず中国の大きな市場において、中国人に購買欲を高めようとする狙いもあったためである。「現在の中国に、力を与えたのは、先進国」であったとも言えるかもしれない。

その結果、先進国が食する食にも目を付け、中国人が好む結果となった。中国でマグロの消費が高まり、日本人が食べるマグロに危機的な状況が現れ始めている。

ちょっと日本人のことも考えてよ!と思われるかもしれない。「共産主義は、平等の意識が強く、中国人として誰もが消費して良い権利」があると思われてる人も多いはずだ。

日本人が、自分自身で招いた因果応報かもしれない。これは私の言葉では無く、その様に考えている学者も存在する。共産主義国家に、資本主義の先進国が、参入するべきではなかったと。

「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」を考える中で、現在の中国に軍事力が高まっているのは、先進国が与えた富による内容であり、資本主義国家から見て、共産国家に対し、自分と同じ考えを持つ人として考えるのもおかしな話しである。

中国から、公害スモッグが日本に流れてくる話もあるであろう。何してるのよ!中国人!と思われる人もいるかもしれない。

今年から中国では禁止されたが、日本のゴミの中には、中国で買い取ってもらっている話があったのはご存知であろうか。日本で処理をするよりも、中国で処理をした方が安く済むためである。

自分でまいた種が、自分自身に返って来る考えは、これもまた、「因果応報」と呼べるであろう。しっかりと処理をしない中国が悪いと思われる人もいるかもしれないが、中国は、日本では無いのだ。日本と同じと考える事自体間違っている。

日本人でさえ、不法投棄する人もいるであろう。その様な人達に対しては、強く批判をする日本人は少ない。

 平等の意識が南シナ海領土問題を生み出している! 

南シナ海領土問題

「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」から、影響が現れている中国には、現在、南シナ海領土問題が存在する。これも、平等を意識した共産主義的な考え方が影響を与えている可能性もある。 中国は、市場開放した中で、貧富の差が現れている。ただし、国家は、あくまでも共産主義であり、共産的な政策を行っていなければならない。


そのためには、食料問題などを解決させるためにも、海上進出を行い、「資源や食料確保に領土を広げて行かなければならない」であろう。 尖閣問題でも同じである。

中国が、軍事的に強くなろうとしている背景には、外に対して強さをアピールしているだけでは無く、国内の内部に示す事で、「不満に対しての反乱を抑える目的」などもあるかもしれない。

多少不満があっても、強いジャイアンに反抗しようとは思わないであろう。ただし、軍部も人民であり、軍部に不満があれば、反乱が起きる可能性はある。

この様な考え方もあるかもしれない。外の世界に植民地を広げ、不満を抱く中国人を送り込み、その下に現地の人々を働かせる政策だ。

中国国内において、富裕層にこき使われている国民は、平等を意識した共産主義に疑いを持ち合わせやすくもなる。

そこで考えたのが、「こき使われている国民の下に、こき使われる植民地人を作り出す」考えだ。これが、現在行われている、中国の一帯一路構想における思惑の一つだと考える。

この構想には、日本は危機感を持った方が良い。日本人の中には、お金に目が奪われ、自社を中国人に売る人もいるであろう。その結果、「日本人が中国人にこき使われる可能性」もあるためだ。

 霊格が低いと戦争が起きる可能性が高まる! 

戦争


「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」おいての、共産的な思想が原因によって、もしかすれば、いずれ、中国は、内か、外へ戦争が起きる可能性もある。


他の国も馬鹿では無いため、中国の構想を防ぐであろう。

全ての人に対して、平等的に富を与え続けるのは、それほど簡単な内容ではない。資本主義であれば、生まれた時から、多少なりとも貧富の差があり、それが当たり前の内容として、 少しは我慢する事が出来るはずだ。

「共産主義ほど不満が現れやすく」、反乱が起きやすくなる可能性が高まる。中国内で起きる可能性については、国内の不満からイメージすることが出来る。

外に向けての戦争は、多くの国民の思考を、一つの内容に向けさせる事で、同じ戦争を行っている人達として、「平等的な思いも高まりやすくなる」のだ。特に共産主義者の心は、団結力も高く、不満を外に向けやすい。なぜならば、平等に価値を置いているため、同じ考えに快感を強く感じれる場合もあるためである。

日本においても、世界的なスポーツの大会があれば、同じ応援している仲間として、意識が一体化する場合もあるはずだ。意識が一体化している仲間同士で、殴り合いなどの喧嘩をしたい思いなども現れにくくなるであろう。

ちなみに、 北朝鮮の内部で不満によるクーデターが起きにくいのは、多くの国民が貧困であり、金持ちが集まる平壌とは、かけ離れさせているためである。地方における貧困が当たり前の様に見る中で、不満が現れにくくしている姿もある。

日本人であるならば、今の生活が当たり前だと思われている場合も多く、多少生活が苦しくても、クーデターを起こそうとは思わないはずだ。

このまま話を続けると、中国の話でいっぱいになってしまう。

 日本人の霊格は?高い?低い?どうなの! 

日本人の霊格

「中国人の霊格は低い」、では「日本人の霊格」は、どうであろうか?近所付き合いが減る中で、隣人が誰が住んでいるか分からない話しもよくある話しである。霊格が高い人の特徴とは、他者に対して心を思う思いやりのある思いである。


実際に、確認して統計をした話しでは無いが、今日1日において、どれだけ人の心に意識を向け、その心を支えようかと思ったかを考えれば、「霊格が高いのか、低いのか、判断出来る」のではないであろうか。

ちなみに、心に意識を向けるとは、相手をけなしたり、動画を見て楽しむ様な内容では無い。 この様な行動をすれば、相手は喜び、相手のためになるのかなどの内容である。

全ての日本人では無いが、従来と比べると、歩きスマホ、電車内で化粧をする女性、隣人が誰だか分からない、日本人はすごいとはしゃぎたている番組、その番組を見て、自己満足だけで終わってしまう日本人、子供を自分の欲を満たすための道具だと思い込んでいる親、などなど、「日本人」も「霊格が落ちている」のではないであろうか。

高校などの進路などは、私の時代は、自分自身で考えるのが一般的であった。現在の中には、両親の勧めなどもあり、そこに進学する子供も割合としては増えているであろう。私の時代であれば、自分自身の考えは無いのかと、周りから思われそうだが、現在はあまりその傾向は強くない。

当時は、ずっとあなたが好きだったと呼ばれるドラマ、その出演者の中に冬彦さんと呼ばれる方がいる。冬彦さんは、過保護で育てれ、親の言いなりであり、彼女が男と話しをしているだけで、怒りを示す、お坊ちゃんの様な性格なのだ。その演出は、とても異様でもある。とてつも無く、「霊格の低いキャラクター」でもあった。

この様な存在になりたくない思いが、当時の社会にあり、現在に比べると、霊格は高かったであろう。

現在は、親は子供に過保護であり、非が子供にあった中で、先生が子供を叱っただけで、親が怒鳴りつける場合も増えている。「モンスターペアレント」が増えているはずだ。

この姿は、まさに、冬彦さんを大量に生み出しかねない。


 中国も日本も古代は、霊格が高っかた! 

中国と日本

実は、「中国」も、「日本」も、昔は「霊格が高っかた」のである。 義理人情、礼儀などの考え方は、実は、古代の中国から来ているのだ。


昔の日本の料理は、食べれば、どの様な姿でも良い考え方であり、食材を粗末に扱っていた時代もあった。食材を大切に扱う考えは、中国に渡った僧が中国で学び、中国から持ち帰った作法でもある。

昔の日本人は、物には魂が宿る考え方を持ち合わせていた。そのため、愛情を持って、様々な物を大切に扱うだけではなく、生きている様な存在として意識を高めた中で、「日本の文化を大いに発展させてきた」一面もあるであろう。

私は、週刊誌の黄金時代を築いたジャンプと呼ばれる漫画の世代でもある。その漫画の多くは、子供にとって成長できる要素が数多くあった。憧れの大人、かっこいい大人、他者を思いやる思いやりなど、霊格の高い存在、それを子供が学べる様な内容なども数多くあったのだ。

現在は、子供受けすれば、何でも良い考えが多い様にも思われる。特徴的なのは、子供の時代から力強い能力の持ち主であり、努力や根性によって、成長する要素が減っている様にも思われる。それは、古臭い考えだと思われている場合もある。

幼稚園生が喜ぶ漫画が、そのまま小学、中学生向けの漫画に描かれている内容である。若干であるが、昔の若者と比べると、現在の若者は精神年齢が低くなっている様にも思われる。

子ども自身にとって、自分自身が成長できる要素の強い漫画は、価値のある漫画として記憶に残りやすく、 現在でも通用するアニメや漫画としての価値も高い。

例えば、機動戦士ガンダム、ドラゴンボール、シティーハンター、 などは有名な作品である。機動戦士ガンダム、ドラゴンボールには、主人公が成長していく要素が描かれている。

自然の法則は、至って簡単である。「霊格が高い人々の社会は、創造性が強く大いに発展するが、霊格が低い人々の社会は、破壊などの崩壊へと歩む事」になる。

これは、現世での話しだけでは無い。あの世の世界は、死後の霊格の違いによって、それぞれ歩む道が違う。亡くなった同じ霊格の人達が集まる世界であり、 その姿を見る事で、自身の霊格について知る事になる。

最も低い霊格の世界は、他者に対する意識が無いため、その世界は、まるで廃墟の様な姿であり、廃墟そのものも存在しない世界かもしれない。

霊格の高い世界は、お互い思いやりがあるため、創造性が強く、居心地が良く、まさに「天国」と呼ばれる様な光り輝く温かい世界とも言われている。

上の階のものは、下の階に行く事は出来るが、下の階の者は、上の階に上がることはできない。上の階にいる魂ほど、他者に対する思いやりが強いため、下の階に降りる中で、様々なアドバイスをされる場合もあるらしい。その内容は、来世生まれるための、 アドバイス、その世界での生活を見たりしている中で、先生の役割なども行なっているかもしれない。

その姿を見ることで、憧れを抱き、生まれたい欲求が現れてくる考え方もあるであろう。

現在の中国人は、霊格は低いが、様々な「崩壊の中で、霊格が高まり出す可能性」もある。日本も、公害問題など、様々な経験を重ねる中で、霊格を高めてきた姿もあるはずだ。

 崩壊から生まれる中国の資本主義化は、霊格が高く日本にとって驚異かも 

資本主義


「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」、それに自惚れている日本人は、足元をすくわれる可能性がある。中国共産党が崩壊し、中国に資本主義が生まれたとするならば、日本人にとってそれは脅威になるかもしれない。日本人よりも人口が多いのはもちろんのこと、 新たに生まれる国家は、その時代にあった政治が行いやすい場合もあるためである。


発展途上国が良い例でもある。いずれ、先進国化すれば、日本にとって、同じ立場の競争相手になるであろう。日本の企業であるシャープが台湾の企業に買い取られたのが良い例であり、今後、増える可能性も高い。

過去、中国において、 日本の企業が進出する中、多くの中国人が日本人の下で働いてきた。仮に、日本の経済が悪化をし、中国人に多くの企業が買収された場合、多くの日本人が、中国人の下で働く結果にもなりかねない。

現在はその心配は無いが、今後、何百年先、何千年先かに、その状態が起きている可能性なども0では無い。

日本は、海洋国家であり、実は、海底資源が、豊富に存在する話もある。そのため、国家が崩壊するほどの経済が悪化する事は無いと思われるが、 「日本人」として、社会を繁栄させるために「霊格を高めておくのも大切」であろう。

ちなみに、日本は、あまり、海底資源の開発が積極では無い。企業にとって大事業であり、割が合わない話などもある。現在になって、国家主導で、調査を始めている段階と言われている情報もある。

私自身は、これは、アメリカの圧力があるのではないかと考える。仮に、開発によって、エネルギーの取り出しに成功すれば、アメリカから輸入をする必要性がなくなり、アメリカにとってマイナス的な出来事でもあるためだ。

霊格と聞くと、堅苦しい話しであり、偽善者の姿として映ってしまう場合もあるかもしれない。人生など一度きりしかなく、他者の事はお構いなく、今が良ければ全て良し、と思われてる人もいるであろう。

年金が始まった当初は、すでに、年金は崩壊すると分かった中で始まった制度だ。当時の人は、後のことを考えず、今が良ければ全て良しと思われていたのでもある。

また政治家は、この政策を掲げれば、選挙に有利になるため、積極的にこの制度を選挙の道具として扱った。

なぜ崩壊するのが分かっていたかと言うと、年金は、一人のお年寄りを複数の人で支えるため、無限に人口が増えなければ成り立たない制度である。経済がよければ、無限に増えなくても良いと発言されてる人もいるが、経済は生きた産物であり、絶対に常に経済が良くなる保証は、どこにも無いはずでもあろう。

よく言われるのは、年金は、国家による、ねずみ講だと発言する人もいる。

この対策として、 他の方、元 Livedoor社長の 堀江貴文氏も発言されているが、私自身も同意として、国民にある一定のお金を配るベーシックインカム制度は賛成である。

文明の発達によって、様々な内容が自動化される。その様な時代が訪れば、多くの人々が職を失うことになるはずだ。現在に至っても、コンビニの無人化、スーパーの無人化が検討され、実際に、スーパーのレジでは、購入者がお金を入れるシステムに変わっている場所が増えている。

私が考える、ベーシックインカム制度は少し違う。電子マネーなどで毎月振込で行い、一か月で使い切れないお金は、没収する制度だ。

貯金をしてお金を貯めたければ、実際に働きお金を稼ぐアイデアなどもあるのではないであろうか。ベーシックインカム制度においては、国家がお金をあげる考え方ではなく、「お金を使う仕事」を与える考え方、で行う方法もあるかと思われる。

自然の法則は、繁栄と衰退を交互に繰り返す法則もある。もしかすれば、霊格も同じかもしれない。この自然の法則にのっとれば、日本もやがて、霊格が更に低くなって行く中で、崩壊への道を歩んでいる可能性もある。

私の考えは、別として、ベーシックインカム制度を導入しなければ、多くの国民に、 不安や不満が現れやすくなり、他者への意識する余裕も薄れ、国民一人一人の自分に対する意識が高まる中、「霊格が落ちる可能性」も高く、亡くなって旅立つ世界においても、あまり良くない結果が待ち受けている可能性もあるかもしれない。

「中国人」と「日本人」の「霊格の違い」は、現在においての話しであり、大きな意味での精神の流れを考えてみた場合、現世に対する不安や不満は、浮遊霊を生み出しやすく、スピリチュアル的な目線で言えば、早めの対応策が望ましいとも思われる。

google検索 ◯「中国人 霊格」 ◯「日本人 霊格」 ◯「中国人と日本人の霊格の違い

黄金の蝶

恋愛なども含め、悩み事を抱えている方へ


対面において、納得できない、力のある先生を探しきれない場合は、全国で対応されている全国規模からの力のある先生への相談もお勧めである。

霊視の力を持つ力のある先生方の多くは、全国で悩みがある方への相談として、対面と併用ができる、夕方以降から深夜にも相談に応じやすい電話占いサイトにも所属されている傾向が高いためである。

所属するために、力の有無について、しっかりと能力について確認されているため、その点については心配する必要性は無いであろう。自称も世の中には存在し、その点について安心の中で相談ができる。

最もお勧めは、江原啓之氏やちえちゃんも持つ、守護霊対話能力のある先生である。占いの道具を扱わず、生年月日も必要とせず、悩み事を知り未来を見通す守護霊対話は、対面や電話占いなどでも保持者が少なく、守護霊を見れるほどの力は、心を感じる霊感が強い証ともなるであろう。

守護霊を見れるほどの力は、未来も含め、様々な出来事を視れる可能性も高い。注意をしなければならないのは、全ての先生とは言い切れないが、チャネリングで伝わってくる感覚に対して、霊視と言葉を置き換えている姿も増えている。

過去における霊感占いを霊視占いとして言葉を置き換えているのだ。近年、霊感占いの言葉の数も少なくなっているのではないであろうか。もちろん、実際に視る力があり、補助的に占いの道具を扱う先生も存在する。コメントなどで、視えている、などの言葉を参考にされると良いであろう。


電話による相談においては、一度、利用されて見ると、力の真実の確認と、割と直ぐに相談に応じてもらいやすい便利さに気づきと驚かれる姿もあるであろう。

私自身は、一般的な霊感占いよりも、当たる確率が高く信用度の高い、霊視守護霊対話能力のある先生を、お勧めとして紹介させていただいている。






◎特にお勧め、人の絆を大切にする 霊感霊視占い 絆

スピリチュアルの中で、話題になっているサイトであり、ご存知の方が多いかもしれない。絆は、所属されている先生方が、他の占いサイトよりも少ない傾向にあるが、しっかりと力の有無について、高く審査されているため、信用度の高いサイトである。絆は、テレビでも紹介されている中で、芸能人の相談もされいる先生も所属されており、そのため、有名でありメジャーなサイトの一つでもある。エース級の先生方が所属されている様なイメージである。既に、ご存知の方も多いであろう。

(お勧めする、霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)守護霊対話能力をも持つ業界でも有名なオードリーメーカー先生、大照先生、咲輝先生などなど






◎当たると口コミで評判のディスティー


ディスティーも絆と同じ様な、霊感を主軸にした、占いサイトである。ただし、能力者が少ないとされる守護霊対話能力を持つ先生は、現在の所、誰一人所属はされていない。一般的な霊感占いの先生も割と多く所属されている傾向がある。業界の中では、割と安い相談料でもあり、守護霊対話を必要としない、未来を見通すなどの霊視相談ご希望であれば、ディスティーもお勧めとして紹介させていただこう。

(お勧めする霊視能力の力を持つ先生 ご参考まで)水谷祐美先生、かすみ先生、真野聖子先生などなど





どの先生に相談をすれば良いのか、悩まれる場合は、気になる先生、魂が引きつけられる先生を選ばれるのもお勧めである。自身の守護霊が、メッセージを伝えるために、悩み事に対しての最適な先生へ導いている場合もあるためである。

-----------------


先生探しの参考になる!お勧め記事

霊視による電話占いは、対面より口コミでお勧め

霊感が高い人の特徴とは?一般の人でも見抜けるかも?

私自身が霊視相談を受けた際の体験談


私自身の霊的にまつわる話し、経歴などのプロフィール




注目記事

(霊視 体験)霊能力者への霊視による体験から見えて来る話し

・ 霊視 / 体験 / 体験談 (主.キーワード)   (霊視 体験)霊能力者への霊視よる体験から見えて来る話し  (霊視 体験)霊能力者への 「霊視」 、 霊視相談、霊視鑑定 による 「霊視体験」 、 「体験談」 は、私自身の人生に 大きな影響 を与えた話であり、違...